まな板の上のコイ☆

原作者 魚花ほっけ
登場キャラ数 男:1女:0無:1
ジャンル ラブコメ
セリフ数 60
目安時間 4分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
(こい)
29(30) 魚の鯉です。
板長
(いたちょう)
29(30) 板長です。

サークル情報

001 ト書き 調理場
002 板長 「明日の仕込みも終わったし、今日はこの位で帰るか・・・」
003 「来い、鯉、恋!!!」
004 板長 「ん?調理場からなんか聞こえるな」
005 「来い、恋、恋!!!!」
006 板長 「ん、なんだ、まな板の上に何かいる?」
007 「恋、恋、恋、キターーーーーーー!!!」
008 板長 「うわあああああああ!!」
009 「恋!鯉!恋?」
010 板長 「何だ、この鯉!!?」
011 「は!?失礼しました。興奮しすぎて我を忘れてしまいました」
012 板長 「鯉が普通にしゃべってるうううう!!」
013 「話しますよ、想いを伝えるには言葉が一番だと思いますので」
014 板長 「そうですよね・・・
って、ちがうわ!!なんで魚がしゃべってんのかって話だよ!!」
015 「そりゃ、今日日、魚だって意思疎通に言語位、使いますよ」
016 板長 「え!!そうなの!?」
017 「ま、嘘ですが」
018 板長 「鯉こくにしてやろうか、鯉野郎」
019 「是非!!」
020 板長 「え?」
021 「不肖、私、名前も持たないただの鯉でございますが、
貴方様に恋をして、貴方に触れられたいと恋い焦がれたのです!!」
022 板長 「えっ・・・とつまり、お前は・・・俺の事が、好きなの?」
023 「はい!!」
024 板長 「好きすぎて、俺に捌かれたいと?」
025 「はい!!」
026 板長 「なんで、俺は女にモテず、魚に好かてるんだ・・・」
027 「あの、私、捌いてもらえるんでしょうか!!キラキラ」
028 板長 「ま、俺だって料理人だ。
お望みとあらば、喋る魚だろうと何だろうと捌くさ!!」
029 「それじゃあ!!」
030 板長 「ああ、おいしく料理してやるよ」
031 「あ、ありがとうございます!!!」
032 板長 「でも、今日はもう終いだから、また明日な」
033 「そ、そんな!!」
034 板長 「ま、いいじゃねえか!!楽しみは後にとっとけば☆」
035 「そ、そうですね」
036 板長 「おう、じゃ今日のところはお家に帰んな・・・
って、そういえば、どっから来たんだ?」
037 「ギクッ」
038 板長 「ん、なんだ、ギクッて?お前、何か隠し事してるのか?」
039 「な、何も隠してないです!!
決して、私がライバル店から送り込まれた
高性能鯉型爆弾という事はありません!!」
040 板長 「高性能鯉型爆弾!!?」
041 「は!!なぜそれを!!?」
042 板長 「思いっきり、自分で言ってんじゃねえか!!」
043 「しまったあああ!!
私が爆弾であることがバレてしまったあああ!!
きっと、私の起爆方法が料理人に捌かれるという事も
バレているんだあああ!!」
044 板長 「捌くと爆発するのか!
危なかった〜。というか、こいつわざと言ってんのか?」
045 「あのーやっぱり私、捌いてもらえないのでしょうか?」
046 板長 「そりゃあな、爆発されても困るからな」
047 「任務失敗だああああ!!!
もう、お払い箱なんだアアアア!!!うわーーーーん!!」
048 板長 「お前、捌かなかったら、ただのしゃべる鯉なのか?」
049 「私は捌かれる事でしか、
花を咲かせることが出来ない、
駄目鯉なんですよ!!
もうほっといてください!!!」
050 板長 「ふーん、じゃお前、ウチの生簀に住めよ」
051 「へ?」
052 板長 「いや、だから、ウチの生簀に」
053 「いやいやいや、私爆弾ですよ?」
054 板長 「でも、捌かなきゃ、ただの魚なんだろ?」
055 「うっ、まぁ、そうですけど・・・」
056 板長 「お前だって、どうせ行くとこないんだろ。
何かの縁だ、ゆっくりしてけや」
057 「い、板ちょおおおおおおおお!!!
本気(マジ)で鯉、恋しちゃいましたあああああ!!」
058 板長 「うっさいうっさい、さっさと生簀入っとけ、馬鹿魚!!」
059 「ハ、ハイ!!」
060 or板長 「この数年後、しゃべる鯉が居るという事で
料理店が有名になるのは、また、別のお話・・・」
▲ Page Top
ツイート
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む