とらいあんぐる☆

原作者 魚花ほっけ
登場キャラ数 男:2女:1無:0
ジャンル ラブコメ
セリフ数 150
目安時間 11分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
一条 直人
(いちじょう なおと)
60 天子とは幼馴染。
天子の事を・・・
角栄の後輩。
思春期、思春期。
二宮 天子
(にのみや てんこ)
53 直人とは幼馴染。
角栄の事を・・・
女の子、女の子。
三谷 角栄
(みたに かくえい)
37 一条・二宮の先輩。
ノリ良し、良し。

サークル情報

001 ト書き 一条の部屋
002 二宮天子 「初めて会った時から好きでした。付き合ってください!!」
003 一条直人 「うん、いんじゃね?」
004 二宮天子 「コラァ、直人!!真面目にヤレェ!!」
005 一条直人 「真面目にって言われても、いきなり部屋に押しかけてきて、
告白の練習させろって言われても・・・ねぇ」
006 二宮天子 「直人!!アンタ、私の幼馴染なんだから、
ちょっとは協力の姿勢をみせなさいよ!!」
007 一条直人 「そんな事言われたって、告白なんてされたことないし・・・」
008 二宮天子 「考えろよ!!!一条直人が17になるまでに育て上げた感性を
フルスロットルにして、考えろよ!!」
009 一条直人 「はぁ・・・」
010 二宮天子 「んじゃ、行くよ!!テイク2、校舎裏ヨーイ、パン!!
・・・三谷先輩、急に呼び出したりしてすいません!!」
011 一条直人 「いや、別に大丈夫だよ」
012 二宮天子 「あの、その、実は、初めて会った時から好きでした。
付き合ってください!!」
013 一条直人 「うん、わかった、付き合おう」
014 二宮天子 「カット!!!なんだ、この茶番!!」
015 一条直人 「こんなもんじゃないの?」
016 二宮天子 「もっと、可愛い後輩からの告白にドギマギするとかあるでしょ!!」
017 一条直人 「自分で可愛いって思ってるんだ・・・」
018 二宮天子 「そこはどっちでもいいでしょ!!
それよりもドギマギよ!!ド・ギ・マ・ギ!!」
019 一条直人 「三谷先輩はドギマギするようなキャラじゃないでしょ」
020 二宮天子 「そこは依頼人のリクエストに答えなさいよ!!」
021 一条直人 「てか、もっと現実見ろよ」
022 二宮天子 「見まくってますけど〜、
この2つの大きな瞳で見まくってますけど、何か〜?」
023 一条直人 「いや、というか、練習してなんか意味あるのか?
三谷先輩の反応なんて実際告白してみないとわかんないじゃん」
024 二宮天子 「そ、それが出来たら苦労しないわよ!!」
025 一条直人 「何で自信家で自分大好きなのに、こういう時だけ奥手なんだよ」
026 二宮天子 「だって、アンタ告白といったら、青春の一大イベントよ!!
女子高生の晴れ舞台よ!!」
027 一条直人 「は、ハァ、それならパパーンと
その一大イベントをこなしちゃえばいいじゃん」
028 二宮天子 「だから、そんなに簡単にできたら苦労しないわよ!!
もし、失敗してしまったらどうするの!!?
私の築いてきたこの自信がドンガラガッシャーンと
崩れていくじゃない!!」
029 一条直人 「・・・メンドクセェ」
030 二宮天子 「なんか言った!!?」
031 一条直人 「別に、んで、俺の意見的にはやってみるしかないと思うんだけど」
032 二宮天子 「・・・まぁ、そうよね。
噛まずには告白できそうだし・・・明日にでも言ってみる!!」
033 一条直人 「おう、頑張れよ」
034 二宮天子 「うん、ありがとね」
035 一条直人 「な、なんだよ、調子狂うな」
036 二宮天子 「練習付き合ってもらったんだから、お礼くらい言うわよ!!」
037 一条直人 「あ、ああ、そうだな」
038 二宮天子 「じゃ、明日の準備あるから、じゃあね」
039 一条直人 「おう、じゃあな」
040 ト書き 二宮、部屋を出る。
041 一条直人 「・・・ったく、可愛いんだから自信持てよな」
042 ト書き 教室
043 一条直人 「で、何だその顔は?」
044 二宮天子 「なんか付いてる?」
045 一条直人 「ああ、付いてるな、目の下にでっかいくまちゃんがな」
046 二宮天子 「くまちゃんとか、全然可愛くない」
047 一条直人 「ハァ〜、どうせ、今日の告白の事を考えて
寝れなかったとかそんなオチだろ」
048 二宮天子 「なんで分かんのよ」
049 一条直人 「伊達に幼馴染やってね〜っての」
050 二宮天子 「・・・ま、そうなんだけど」
051 一条直人 「何悩んでんだよ、今日告白するって決めたんだから、
後はやるだけだろ」
052 二宮天子 「そう、だけど・・・」
053 一条直人 「大丈夫だよ、お前は良い奴だし、可愛いんだから」
054 二宮天子 「うん」
055 三谷角栄 「おーーーーーい、一条、俺に会えなくて寂しくなかったか〜?」
056 一条直人 「急に抱き付かないでください、三谷先輩」
057 三谷角栄 「だって、一条と会うの久々なんだもんよ〜、
体とか壊してないか?夏バテしてないか?
俺と会えなくて、悲しみの泉に溺れてないか!!?」
058 一条直人 「先輩!!!!落ち着いてください!!
俺は大丈夫ですから離れてください」
059 三谷角栄 「おお、すまんな!!
いやー、でも、一条が元気そうでよかった、よかった!!」
060 二宮天子 「あの・・・三谷先輩!!!」
061 三谷角栄 「ん?おおお!!二宮じゃないか!!元気してるか!?」
062 二宮天子 「ハイ!!私は元気です!!!三谷先輩もお元気そうで・・・」
063 三谷角栄 「はっはっはっは!!!
ま、俺は元気くらいしか取り柄がないからな!!」
064 二宮天子 「そんなことないです!!
三谷先輩は後輩の私たちに優しくしてくれますし、
部活や委員会の仕事もしっかりこなしてますし、
それに、それに・・・」
065 三谷角栄 「なんだなんだ?二宮、おだてたって、何も出てこないぞ〜」
066 二宮天子 「おだてるだなんて、そんな!!事実を言ったまでです!!」
067 三谷角栄 「そう言ってもらえると嬉しいね〜♪ありがとう、二宮」
068 二宮天子 「・・・い、いえ//////」
069 一条直人 「で、三谷先輩は何しに来たんですか?」
070 三谷角栄 「ん、後輩の顔を見に来るのに理由が必要か?」
071 一条直人 「へ?本当にそれだけなんですか?」
072 三谷角栄 「おう!!!夏休み後半は部活も無くて、
お前らの顔を見れなかったからな。
夏休みが明けたら、まっ先に可愛い後輩の顔を見に来ようと
決めていたのだ!!」
073 一条直人 「それで、このクラスに来たと。
他のクラスには行かなくていいんですか?」
074 三谷角栄 「ん?なんでだ?」
075 一条直人 「だって、部活の後輩はこのクラスだけじゃないでしょ?先輩」
076 三谷角栄 「お、おう、そ、そうだな!!
他のクラスにもいかなければならんな!!」
077 一条直人 「でも、時間が・・・」
078 ト書き チャイムが鳴る。
079 三谷角栄 「うおおおお!!もうこんな時間か!!!
朝のホームルームが始まってしまう!!!」
080 二宮天子 「あ、あの!!!先輩!!!」
081 三谷角栄 「どうした?二宮」
082 二宮天子 「きょ、今日の放課後、校舎裏に来てもらってもいいですか?」
083 三谷角栄 「ん?お、おう、よく分からんが、分かったぞ!!
放課後に校舎裏だな、覚えておく!!」
084 二宮天子 「は、はい、お願いします」
085 三谷角栄 「って、のんびりしてる場合じゃない!!!
行かねば!!!またな!!一条!!!二宮!!!」
086 一条直人 「は〜い」
087 二宮天子 「・・・言っちゃった」
088 一条直人 「あとは放課後に言うだけだな」
089 二宮天子 「・・・うん」
090 一条直人 「頑張れよ、天子・・・」
091 ト書き トイレ
092 一条直人 「はぁ〜、放課後になるのもあっという間だな〜、
あいつ上手くやってっかな〜」
093 二宮天子 「初めて会った時から好きでした!!付き合ってください!!」
094 一条直人 「そうそう、そうやって告白するって言ってたよな〜・・・
って、ええええ!!!?
なんで天子の告白聞こえてきてんの!!?
ん?そうか、一階のトイレは校舎裏とつながってるから、
声が丸聞こえなのか!!
え!?それじゃ、俺の声も丸聞こえじゃないのか!!?
大丈夫か!!?」
095 三谷角栄 「二宮、それは冗談・・・じゃないんだな」
096 二宮天子 「・・・はい」
097 一条直人 「良かった、こちらの声は奇跡的に聞こえてなかったみたいだ・・・」
098 三谷角栄 「じゃあ、俺も一人の男として答えさせてもらう」
099 二宮天子 「・・・」
100 三谷角栄 「俺も二宮の事は好きだ」
101 二宮天子 「じゃ、じゃあ!!」
102 三谷角栄 「でも、付き合うことは出来ない!!ごめん!!」
103 二宮天子 「なんで・・・なんでですか!?」
104 一条直人 「・・・」
105 三谷角栄 「他に好きな奴がいるんだ・・・」
106 二宮天子 「・・・その人は私よりも
三谷先輩の事想ってるって言うんですか!?」
107 三谷角栄 「あいつは俺が好きな事すら気づいてないんじゃないかな・・・」
108 二宮天子 「そんな!!・・・じゃ、その恋は実らないじゃないですか!!」
109 三谷角栄 「正直付き合えるなんて思ってない!!
でも、俺はそいつの事を考えると胸が熱くなって、
ああ、好きなんだなって思えるんだ」
110 一条直人 「・・・」
111 二宮天子 「本当に好きなんですね・・・」
112 三谷角栄 「ああ」
113 二宮天子 「三谷先輩・・・すごい不躾な事を聞くようですけども、
私が先輩の事を諦められるように、
その方のお名前を聞いてもよろしいですか?」
114 三谷角栄 「そうだな・・・お前には聞く権利があるな。俺が好きなのは・・・」
115 二宮天子 「・・・はい」
116 三谷角栄 「俺が好きなのは・・・一条だ!!!」
117 一条天子 「・・・は!!!?」
118 三谷角栄 「聞こえなかったか?俺が好きなのは一条だと言ったんだ!!」
119 一条天子 「はあああああああ!!!?」
120 ト書き 一条、トイレの窓から校舎裏へ
121 一条直人 「ちょっと待てえええええ!!!
こっちが幼馴染の青春の1ページを静かに見守ろうと思ってたら、
何ほざいてんですか!!?三谷先輩!!!」
122 三谷角栄 「一条!!!聞いていたのか!!
いや、丁度いい機会だ、一条!!俺はお前が好きだ!!!」
123 一条直人 「何清々しく告白してんですか!!?
俺男ですよ!!!お・と・こ!!!」
124 三谷角栄 「性別なんて関係ない!!!
俺は一目見た時からお前の事が好きだったぞ!!!」
125 一条直人 「なんで、そんなに一直線でキラキラと目を輝かせているんですか!!
天子!!お前もなんか言ってやれ!!」
126 二宮天子 「男に・・・負けた・・・」
127 一条直人 「ダメだああああ!!青春の1ページが
若かりし頃の黒歴史に塗り替えられていってるうう!!」
128 三谷角栄 「ごめんな、二宮。一条と仲のいいお前にはいつか言おうと
思っていたんだが、こんな形になるとは・・・」
129 一条直人 「三谷先輩、天子は少しそっとしておいてあげてください」
130 三谷角栄 「わかった・・・
それで、一条!!!お前の返事を聞かせてくれ!!!」
131 一条直人 「流れで察してくださいよ!!NOに決まってんでしょうが!!」
132 三谷角栄 「なんでだ!!?俺のことが嫌いなのか!!!?」
133 一条直人 「先輩の事は好きですけど・・・」
134 三谷角栄 「じゃあ、両想いだな!!!」
135 一条直人 「ちッがーーーーう!!!なんで、そうなる!!!」
136 三谷角栄 「好き同士なら両想いだろ?」
137 一条直人 「それでも、性別が男同士だと、違うんです!!」
138 三谷角栄 「だから、性別は関k・・・」
139 一条直人 「関係あります!!
先輩は気にしないかもしれませんが、俺は気にするんです!!!」
140 三谷角栄 「そのうち、慣れるさ♪」
141 一条直人 「慣れたくないんです!!!」
142 二宮天子 「うああああああああああ!!!」
143 一条直人 「うわっ!!びびった!!天子・・・大丈夫か?」
144 二宮天子 「・・・関係ない」
145 一条直人 「へ?」
146 二宮天子 「先輩がホモだろうと、直人の事が好きだろうと関係ない!!!
先輩が直人にアタックするように、
私も先輩にアタックし続ける!!!」
147 一条直人 「それは茨の道じゃ・・・」
148 二宮天子 「直人!!!アンタは恋のライバルよ!!!」
149 一条直人 「えええええええ!!!」
150 三谷角栄 「これが恋の三角関係か・・・」
151 一条直人 「ちょっと!!何この状態を成立させようとしてるんですか!!!!」
152 二宮天子 「直人!!負けないわよ!!!」
153 三谷角栄 「一条!!!俺の愛を受け止めてくれ!!!」
154 一条直人 「こんな三角関係、嫌だああああああ!!!」
▲ Page Top
ツイート
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む