一緒懸命。

原作者 魚花ほっけ
登場キャラ数 男:1女:2無:0
ジャンル グロ?
セリフ数 106
目安時間 9分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
新藤 アキラ
(しんどう あきら)
48 イケメン。
ハナが好き。
葛城 ハナ
(かつらぎ はな)
25 美人。
アキラが好き。
臼井 サチ
(うすい さち)
33 素朴で元気な女の子。
アキラが好き。
ハナが好き。

サークル情報

001 ト書き 遊園地
002 臼井サチ 「ほーら、ハナ!アキラ!今度はアレ乗ろうよ!!」
003 新藤アキラ 「おいおい、また絶叫モノかよ・・・」
004 葛城ハナ 「サチはこういうの好きだからね」
005 新藤アキラ 「女の子はなんでこんなもんに乗りたがるんだよ」
006 葛城ハナ 「それは楽しい事に貪欲だからじゃない?
グダグダ言わずに男だったら付き合ってあげなさい!ほら、行くよ!」
007 臼井サチ 「二人とも早く行こうよ〜☆」
008 新藤アキラ 「へいへい」
009    
010 臼井サチ 「ぷはーーっ、たのしいいいい!!」
011 新藤アキラ 「さすがに、絶叫モノ三連発は胃に来る・・・うぷっ」
012 葛城ハナ 「大丈夫?顔色悪いけど」
013 新藤アキラ 「大丈夫・・・と言いたいが、さすがにもう限界らしい・・・」
014 臼井サチ 「ねぇ、次アレ乗ろうよ☆」
015 葛城ハナ 「サチ、アキラがもう無理っぽいから、今日は帰ろっか」
016 臼井サチ 「えええ!!でも、まだ乗ってないのいっぱい・・・」
017 葛城ハナ 「サチ!来ようと思えば、また来れるんだから、ワガママ言わないの」
018 臼井サチ 「だって、最近三人で遊ぶこと少なくなったし、
今日は久々に三人でお出かけ出来たのに・・・」
019 新藤アキラ 「サチ、ごめんな」
020 葛城ハナ 「みんな忙しいんだから、会えないの分かるでしょ、サチ」
021 臼井サチ 「・・・うん。ごめんね、ワガママ言って」
022 葛城ハナ 「いいのいいの♪サチは私の可愛い妹みたいなもんなんだから!
ほらほら、チュ〜してあげようか?ムチュ〜♪」
023 新藤アキラ 「ハナやめろよ、人前で恥ずかしいだろ!」
024 葛城ハナ 「おやおや、では人前でなければいいのかい?
アキラはムッツリスケベさんなんだね」
025 新藤アキラ 「バっ!何言ってんだ!!」
026 臼井サチ 「アキラはただ純粋に変態なだけだよね☆」
027 新藤アキラ 「なっ!おまえら!!好き勝手言いやがって!!」
028 葛城ハナ 「そんなに元気なら、駅までは歩けそうね」
029 新藤アキラ 「歩けなかったらどうする気だったんだよ」
030 葛城ハナ 「おんぶしてってやろうかと」
031 新藤アキラ 「お、おんぶって!そんな恥ずかしいマネする気だったのか!!?」
032 葛城ハナ 「モチ♪」
033 臼井サチ 「私もおんぶする〜☆」
034 新藤アキラ 「せんくていい!!」
035 3人 「・・・プっ!あっはっはっはっは」
036 ト書き 3人の笑い声がこだまする。
037 ト書き
038 葛城ハナ 「んじゃ、アキラと私はこっち方面だから、またね、サチ」
039 臼井サチ 「うん、またね、ばいばーい、ハナ!アキラ!」
040 新藤アキラ 「おう、またな!」
041 葛城ハナ 「・・・言わなくてよかったの?」
042 新藤アキラ 「何が?」
043 葛城ハナ 「私たちが同棲してる事。
サチ、私たちが付き合っている事も気づいてないんじゃない?」
044 新藤アキラ 「ずっと仲良し三人組だったから、言いづらいんだよな〜」
045 葛城ハナ 「でも、いつかは言わなきゃいけない事なんだし、
今度会った時には言おう。ね?」
046 新藤アキラ 「わかったよ」
047 葛城ハナ 「なんだかんだで、サチだもん。きっと祝福してくれるよ」
048 新藤アキラ 「そうだな、うん、そうに決まってるよな」
049 葛城ハナ 「うんうん、決まってますとも!!
あ、そういえば、今日の夕飯何にする?」
050 新藤アキラ 「ハナが作るものなら何でもいいよ」
051 葛城ハナ 「またそういうこと言って、それが一番困るの」
052 新藤アキラ 「ハハハ、ごめんごめん。じゃ、から揚げかな?」
053 葛城ハナ 「また〜?揚げ物ばっかりだと、私太っちゃうんですけど〜」
054 新藤アキラ 「俺に夕飯のメニューをゆだねたハナが悪い」
055 葛城ハナ 「ま、私も好きだからいいけどね。
というか、どんだけ好きなのよ、から揚げ!!」
056 新藤アキラ 「大好物だからな!あ、でも、ハナの方が好きだよ」
057 葛城ハナ 「そ、そういうクサいセリフをさらっと言う!!」
058 新藤アキラ 「こういうのは嫌い?」
059 葛城ハナ 「き、きらいじゃないけど・・・て、照れる///」
060 新藤アキラ 「あれ?でも、ハナから好きって言ってもらえないから、
俺の一方通行か〜、悲しいな〜」
061 葛城ハナ 「なんでそうなんのよ!わ、私だってアキラの事、す、好きだよ///」
062 新藤アキラ 「フフッ、ありがと」
063 葛城ハナ 「ばか///」
064 新藤アキラ
(ナレ)
「この3日後、ハナは行方不明になった」
065 ト書き 新藤宅前
066 新藤アキラ 「ハァ〜、ったくハナの奴何してんだろ?
携帯もつながんないし、俺何か悪い事したかな?
全然心当たりがない・・・
ま、そのうち帰ってくるよな、
って愚痴っていると家に着いている不思議。
えっと、鍵はっと・・・ん?あれ?鍵が開いてる!?」
067 ト書き 新藤、扉を開け、部屋に入る。
068 新藤アキラ 「ハナ!帰ってきたのか!?」
069 臼井サチ 「あ!おかえり!アキラ!」
070 新藤アキラ 「サ・・・チ?ど、どうしてここに?」
071 臼井サチ 「ハナに聞いたの」
072 新藤アキラ 「そ、そっか。今度3人で会う時に言おうと思ってたのに、
ハナ、先に言っちゃったのか」
073 臼井サチ 「うん・・・それより、アキラ。私夕飯作ったの!一緒に食べよ!」
074 新藤アキラ 「お、おう。サチの料理か!
なんだかんだでサチの料理は食べたことないから楽しみだな〜」
075 臼井サチ 「がんばって作ったから、いっぱい食べてね!!
ほら、こっちこっち!」
076 新藤アキラ 「引っ張んなよ。って、おお!!から揚げじゃん!!うっまそう!!」
077 臼井サチ 「アキラ、から揚げ好きだもんね♪ほら食べて食べて!」
078 新藤アキラ 「んじゃ、いただきます!
ぱくっ、もぐもぐ、なんか今までに食べたことのない味だな」
079 臼井サチ 「おいしい?」
080 新藤アキラ 「うん、やっぱりから揚げは最高だな!」
081 臼井サチ 「やったー!!」
082 新藤アキラ 「あれ?そういえば、ハナは一緒じゃないのか?」
083 臼井サチ 「なんで?」
084 新藤アキラ 「だって、鍵が開いてるってことは合鍵で入ったんだろ?
ウチの鍵は俺とハナしか持ってないし、いるんだろ?」
085 臼井サチ 「うん、いるよ」
086 新藤アキラ 「なんだ〜、どっかに隠れてて驚かそうってやつか?
やめてくれよ、俺びびりなんだから」
087 臼井サチ 「ずっと一緒にいるよ」
088 新藤アキラ 「何言ってんだ?サチ。どこにもいないじゃん」
089 臼井サチ 「目の前にいるよ」
090 新藤アキラ 「は?目の前って・・・」
091 臼井サチ 「苦労したんだよ。肉が固くなっちゃったから、
柔らかくなるように細かい穴開けたり、
叩いたり、サチ頑張ったんだよ☆」
092 新藤アキラ 「おい!サチ!!お前何言ってんだよ!!」
093 臼井サチ 「アキラがおいしいって言ってくれたよ、よかったね、ハナ」
094 新藤アキラ 「サチ・・・冗談だよな?」
095 臼井サチ 「ん?冗談?冗談じゃないよ〜☆もう、ハナからも何か言ってあげて」
096 ト書き 臼井、かばんからハナを取り出す。
097 新藤アキラ 「サチ・・・それ」
098 臼井サチ 「それ?それじゃないよ♪アキラがだーい好きなハナだよ。
きれいな顔。いつも憧れてた・・・
イケメンのアキラの隣に並ぶ美人のハナ。
サチはそんな二人がだーい好きだったんだよ」
099 新藤アキラ 「何してんだよ!!お前!!」
100 臼井サチ 「私はハナを愛してるの」
101 新藤アキラ 「は?」
102 臼井サチ 「だから、ずーーっと一緒にいたいと思うのは当たり前だよね?
でも、2人もいろいろ忙しいんだなーと思って、
昔より一緒にいれる時間は少なくても、
心は通じ合ってるって信じてた」
103 新藤アキラ 「・・・」
104 臼井サチ 「でも違ったの!!
サチを1人にして2人はイチャイチャ楽しんでたんでしょ!!?」
105 新藤アキラ 「サチ・・・」
106 臼井サチ 「別にサチは怒ってないんだよ☆
間違ったことをしたら、教えてあげるのが友達だもんね♪」
107 新藤アキラ 「間違ったことってなんだよ!!それがこんな、ぅぐっ!」
108 臼井サチ 「あ、やっと効いてきたんだ☆」
109 新藤アキラ 「・・・なに、を、した?」
110 臼井サチ 「料理に気持ち良くなる薬を入れただけだよ☆
大丈夫、心配しないで♪
サチはハナもアキラも世界でいっちばん愛してるからね☆」
111 臼井サチ 「これからは3人、ずーっと一緒だよ☆」
▲ Page Top
ツイート
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む