ニャンとも、不思議な不良チュ~☆

原作者 魚花ほっけ
登場キャラ数 男:5女:2無:0
ジャンル 罰ゲーム
セリフ数 115
目安時間 15分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
中田 忠治
(なかた ちゅうじ)
54 不良、弱い者いじめがきらい。
高校生。
朝起きたら、語尾にニャーがついてしまっていた。
犬飼 木陰
(いぬかい こかげ)
25 忠治の幼馴染。
高校生。
亀井 重太
(かめい じゅうた)
14 忠治の同級生。
変。
チュー太
34 ネズミ。
チュー子にゾッコンLOVE
チュー子
ネズミ。
チュー太にフォーリンLOVE
雀 五郎
(すずめ ごろう)
スズメ。
渋め。
ドン・ニャン次郎
11 ネコ界の重鎮。
黒いデブネコ。

サークル情報

001 ト書き 忠治の自宅
002 中田忠治 「ふニャ~~、
よく寝たニャ、今日も憂鬱な一日が始まるのニャ・・・!!!
・・・ん?俺のキャラでは考えられないような語尾を発したような・・・
き、気のせいだよにゃー、俺が語尾にゃんにゃんて・・・・・・
ニャ、ニャンじゃこりゃーーーーーー!!!
ニャ、俺語尾にゃんになってるのにゃ!?
ど、どどどどういうことにゃ!?」
003 犬飼木陰 「おっはよー、忠治!!
超絶美少女のこかげちゃんが、
あんたを起こしに来てあげたわよー!!!」
004 中田忠治 「ニャアアアア!?こかげ!!!
ノックせずに入ってくるニャー!!」
005 犬飼木陰 「入ってくる、『ニャー』?」
006 中田忠治 「あっ・・・。き、着替えるからでて行くのにゃーーー!」
007 ト書き 犬飼部屋から出る。
008 中田忠治 「ふぅー・・・」
009 犬飼木陰 「あっ!!忠治?」
010 ト書き 部屋に入る。
011 中田忠治 「ふにゃ!?」
012 犬飼木陰 「語尾にゃんとか・・・滑ってるわよ・・・」
013 中田忠治 「☆?#¥$!!!
す、好きで語尾にゃんになってるわけじゃないにゃー!」
014 犬飼木陰 「そうにゃんね~♪」
015 中田忠治 「にゃーーー早く出ていくのにゃーーーー!!!」
016 ト書き 犬飼を無理やり部屋から出す。
017 犬飼木陰 「ハイハイ、わかったわかった。んじゃ、外で待ってるわね」
018 ト書き 犬飼、部屋を出る。
019 中田忠治 「ど、どうなってるんだ・・・・・・・・・ニャ。
ハァ、とりあえず、学校ではしゃべらないようにしないとだにゃ。
幸い俺は不良で通ってるから、話しかけてくるやつもいにゃいし・・・
問題はこかげか。
どうするか・・・にゃ!?やばい時間だにゃ!!
と、とりあえず、全力疾走で切り抜けるのだにゃーーー」
020 ト書き 中田、家を出る。
021 犬飼木陰 「あ、やっと出てきたな!!遅いぞ、ネコ星人忠治!!
今から、私が相手になって・・・って、
なんで全力疾走してんだよおおおお!!!」
022 中田忠治 「付いて来るニャああああ!!!」
023 犬飼木陰 「・・・どうしたって言うんだよ、忠治・・・
でも、どんな状況でも、キャラ作りを維持するその根性、
さすが私の、相棒だ!!!」
024 中田忠治 「ハァ、ハァ、何とかまいたみたいニャー。
こりゃ学校着いてからも大変そうだニャ」
025 チュー太 「おおおおお!!!
チュー子さん、今日も輝く毛並みが
貴方の心を現すかのように美しく輝いてまチュー」
026 チュー子 「ま、チュー太さんだって、
そのピンっと伸びたおひげが凛々しくて、
チュー子ドキドキしてしまいまチュー」
027 チュー太 「チュー子さん、君と過ごしているこの時間!!!
幸せすぎて、まるで夢みたいでチュー!!!!
もしや、夢では!?
チュー子さん一発ひっぱたいてくださいでチュー!!」
028 チュー子 「そんな愛するチュー太さんを引っぱたくなんて、
チュー子には出来ないでチュー。
でも、これなら・・・チュッ」
029 チュー太 「おおおお!!!この頬に伝わる感触!!!
まさしく現実!!!俺は幸せ者だあああああ!!!」
030 中田忠治 「そうか!これは夢・・・だったらどんなに良かったかにゃ・・・
それにしても語尾がにゃんの次は
ネズミのイチャイチャが聞こえるようになるって・・・
これって病院行ったら治るのかにゃ・・・
ダメニャ、即行で精神科行きだにゃ・・・」
031 チュー太 「おい人間、何じろじろ見てんだ!!見せもんじゃねえぞ!!」
032 中田忠治 「ヒッ、ごめんなさいだニャー!!」
033 チュー太 「今の男は・・・」
034 中田忠治 「・・・陰では、強面(こわもて)でカッコいい!!
と噂されている俺が常時語尾にゃん。
しかもネズミにメンチ切られて、逃げるとは、
猫なのに・・・ってねこじゃにゃい!
独り言もやけに多くなってるようにゃ・・・」
035 犬飼木陰 「それは元々だよね?」
036 中田忠治 「確かに元々独り言が多かっ・・・にゃーー!?こここ、こかげ!?」
037 犬飼木陰 「なにそのお化けが出たような顔は?」
038 中田忠治 「・・・さ、さらばにゃ!!」
039 犬飼木陰 「なんで逃げるんだよおおおお!!!」
040 中田忠治 「追ってくるにゃー!!!!」
041 「クソッ、俺もここまでか・・・
ったく、3丁目のおばあちゃんが
まさかパンくずをくれなくなるとはな・・・
ハハッ、情けねぇ、スズメ界のスピードスターと呼ばれた俺が、
こんな所で野垂れ死にか・・・」
042 中田忠治 「はぁはぁ・・・にゃ!?お、おい、大丈夫かニャ!?」
043 「人間に同情されるようになるとはな・・・俺も落ちたもんだ・・・
でも、人間は冷たい生き物だと思っていたが、
案外優しいもんなんだな、
いい勉強になったぜ・・・ああ、きれいな花畑が見えてきたぜ、
おやじ、おふくろ、いい笑顔しやがって・・・」
044 中田忠治 「おい!!腹減ってるのかニャー?
これで良ければ、食べるかニャー?」
045 ト書き 忠治、雀に朝食の食パンを差し出す。
046 「地獄に仏とはこのこと!!!!遠慮なくいただくぜ!!!
・・・モグモグ、プハァーーー♪
生き返ったぜ!!あんがとよ、あんちゃん!!
この恩は一生忘れねえぜ!!」
047 中田忠治 「全然気にしなくていいニャ。
というか、スズメが食べる量なんて、たかが知れてるニャ、
この位だったらいつでもやるから、腹減ったら来るニャ。
俺は学校があるから、じゃあニャ」
048 「おう、またな・・・
というか、あのあんちゃん、俺と会話してなかったか?」
049 ト書き 学校
050 亀井重太 「学校に登校し、
ホームルームが始まるまでのこの何とも言えない朝のひととき。
どうもパソコンの前の皆様、いつもみんなの心の中に、
みんなのアイドル亀井重太です☆」
051 犬飼木陰 「おはよ、亀井君。今日も朝からぶっ飛んでるね~」
052 亀井重太 「おはよう、犬飼女史、今日も元気ハツラツ某会社の炭酸飲料!!
って感じだな☆ん、相方の中田氏が見えないが?」
053 犬飼木陰 「あれ?まだ居ないのか?
わたしより先に来てると思ったんだけどな」
054 亀井重太 「どういうことだ?」
055 犬飼木陰 「今日は忠治がなんかよく分かんないボケを振りまきつつ、
全力疾走で学校に向かってたから、
私より早く着いてると思ったんだけど」
056 亀井重太 「ボケを振りまきつつ、全力疾走?
中田氏がそんなキャラには見えないんだが・・・」
057 犬飼木陰 「ま、学校では強面(こわもて)で通ってるからね~、
でも、本当の忠治は優しくて・・・良い奴なんだよ」
058 亀井重太 「おっと、朝からノロケですかな?
幼馴染は何でも知っているというやつですか、
それ、なんてエロゲですかな?」
059 犬飼木陰 「ハイハイ、うっさいうっさい、ほら、噂をすれば、忠治君の登場だ」
060 ト書き 忠治、教室に入り、机に突っ伏す。
061 亀井重太 「おはよう、中田氏、今日も元気かな?
朝から僕に話し掛けてもらえるなんて、
恐悦至極、感謝感激雨嵐って所かい?」
062 犬飼木陰 「・・・ちょっと忠治、いくら亀井君がウザキャラだからって、
がん無視はないんじゃない?」
063 亀井重太 「犬飼女史。
中田氏はきっと僕の天性の主役オーラに 飲まれてしまってる
のですよ、許してあげましょう☆」
064 犬飼木陰 「ダメよ、こういう時に甘やかすと、
大人になった時に困るんだから、しつけはちゃんとしないと!!」
065 亀井重太 「しつけ・・・犬飼女史、恐ろしい子・・・」
066 犬飼木陰 「コラッ忠治!!
おはようの挨拶もなしとはどういうことだあああ!!!
オラァ、起きろおお!!!忠治!!」
067 亀井重太 「今日の中田氏はいつも以上にかたくなですな☆」
068 犬飼木陰 「全力疾走の言い訳も聞いてないぞおおおお!!!!
オラオラァ、何か話してみろおおお!!!」
069 亀井重太 「・・・」
070 中田忠治 「・・・」
071 犬飼木陰 「・・・。まさか、ここまで強情だとはね、
でも、忘れてもらっちゃ困るのよ、
あんたと16年間幼馴染している犬飼木陰は
アンタの全てを知っているということをね!!!」
072 ト書き 犬飼、中田をくすぐる。
073 中田忠治 「ニャっはっはっは!!!やめるニャああああ!!!」
074 亀井重太 「ニャっはっは?」
075 犬飼木陰 「やめるニャあ?」
076 中田忠治 「・・・。お、俺忘れ物したっぽいから帰る・・・にゃ」
077 亀井重太 「・・・」
078 犬飼木陰 「・・・」
079 中田忠治 「にゃーーーー」
080 ト書き 中田、教室を出ていく。
081 犬飼木陰 「・・・な、私の相棒のボケは最高だろ?・・・」
082 亀井重太 「この僕に、ボケを通り越すと痛いということを学ばせるとは、
中田氏、あなどれませんな☆」
083 犬飼木陰 「朝から徹底したキャラ作り!!!
夫婦(めおと)漫才グランプリ優勝も近いな!!!!」
084 亀井重太 「いや、それはないと思うよ」
085 ト書き 道路
086 中田忠治 「にゃーーーー!!!!もう、どうすればいいのニャー。
学校では何もしゃべらにゃきゃいけると思ったのに・・・
あいつらのせいで台無しニャー!!!」
087 チュー太 「何でも人のせいにするもんじゃないぜ、あんちゃん」
088 中田忠治 「ニャ!?あんたはさっきのネズミかニャ?」
089 チュー太 「やっぱり俺の話していることが分かるみたいだな」
090 中田忠治 「残念ながらそうみたいニャー」
091 チュー太 「俺はチュー太、ここら辺を縄張りにしてるネズミのリーダーだ」
092 中田忠治 「ど、どうもニャー」
093 チュー太 「まどろっこしい話を抜きにして簡潔に言おう。
お前は・・・ネコになってしまう呪いをかけられている」
094 中田忠治 「ニャ・・・?」
095 チュー太 「信じてないみたいだな、
お前の股についているものを確認してみろ」
096 中田忠治 「股についてるものって、な、何だニャ?」
097 チュー太 「生殖器に決まってんだろうが!!!
男だったら、ゴタゴタ言わずにサッサと確認しろ!!」
098 中田忠治 「わ、わかったニャ。・・・ニャ、ニャンじゃこりゃあああ!!!!」
099 チュー太 「もう進行しているみたいだな、
見て分かるとおり、お前の生殖器にはとげが生え始めている。
それは雄猫の生殖器にもみられる特徴の一つだ。
ま、ネコの場合だとそのとげも意味があるものなんだが、
人間の場合は痛みを誘発する邪魔物でしかない」
100 中田忠治 「これは人には見せられニャい・・・」
101 チュー太 「ま、見せられないだけならまだしも、
お前がつがいになった時に、
その生殖器は性行為の妨げになるだろうな」
102 中田忠治 「笑えないニャー・・・というかなんで、
俺がこんな目に合わなきゃいけないんだニャー!!!」
103 チュー太 「それは、お前がネズミ一族の末裔だからだ!!」
104 中田忠治 「ニャ、ニャンだこの超展開はあああ!?」
105 チュー太 「昨日、お前は空き地で黒いデブネコからネズミを助けたな?」
106 中田忠治 「ああ、食物連鎖はしょうがにゃいけど、
ネコがネズミをおもちゃにして遊んでるみたいで、
許せなかったんだニャ」
107 チュー太 「やはりチューの助を助けたのはアンタだったか。
リーダーとして礼を言う。ありがとう」
108 中田忠治 「べ、別に俺がやりたくてやっただけニャ、き、気にするニャ」
109 チュー太 「だが、そん時にお前さんが
ネズミ一族の末裔であることが奴にばれた」
110 中田忠治 「ネズミ一族って何だニャ?」
111 チュー太 「お前の名字は中田じゃないのか?」
112 中田忠治 「名乗っていないのに、なぜそれを知っているニャ?」
113 チュー太 「中田という苗字は古来より、
ネズミ一族の苗字として使われている。
【中】という文字が音読みでチューと言われるところから
来ているらしい・・・。
ネズミ一族は昔からネズミと協力してネズミ界の平和を守ってきた。
ま、子供のお前にはまだ何も聞かされてないだろうが」
114 中田忠治 「そ、そうだったのかニャー!!!
ん、そういえば、チュー太さんは
語尾にチューとかつかないのかニャー?」
115 チュー太 「ま、ネズミの語尾にチューが付くのは口癖みたいなもんだから、
真面目な話の時は外すんだ」
116 中田忠治 「そうだったのかニャー、
ってことは俺の語尾も真面目にしてれば治るのかニャー?」
117 チュー太 「あ、お前の場合は呪いだから強制な」
118 中田忠治 「ド畜生ニャああああああ!!!」
119 チュー太 「話がそれたな、
というわけで、お前が空き地でネズミを助けたときに、
黒いデブネコ、ドン・ニャン次郎に目を付けられて
呪いをかけられた。そういうわけだ」
120 中田忠治 「ま、自分がどういう状況かは理解できたニャ」
121 チュー太 「根本的な解決はまだなんもしてないんだけどな、
ま、ドン・ニャン次郎は空き地にいることが多いから
そこに行ってみよう」
122 中田忠治 「わかったニャー」
123 ト書き 空き地
124 チュー太 「ここの土管の上で寝てることが多いらしいんだが、
今日はいないか・・・」
125 中田忠治 「そ、そんニャ~」
126 チュー太 「ま、来ないと決まったわけじゃないし、待ってようぜ」
127 ドン・ニャン 「待っているのは我の事かドン?」
128 中田忠治 「黒いデブネコニャ!!語尾がドンニャ!?」
129 チュー太 「出たな、ドン・ニャン次郎!!!
こいつの呪いを解いてもらうぞ!!!」
130 ドン・ニャン 「ニャッはッは、ネズミであるお前が我に何を出来るというドン?」
131 中田忠治 「いや、俺もいるんだけどニャ~」
132 ドン・ニャン 「フン、
昨日はおくれを取ったが、
二足歩行に甘んじている人間風情など我の敵にすらならんドン!!」
133 チュー太 「忠治、油断するな!!
奴の一見、だらしないボディも
妖気で膨れ上がった立派な武器だ!!!
よそ見してると、腕の一本や二本持ってかれるぞ!!」
134 中田忠治 「ニャンにゃんだ、このバトル展開は!?」
135 チュー太 「俺が先行する!!
忠治は隙を見てあいつの首根っこをつかんで取り押さえてくれ」
136 中田忠治 「わかったニャ!!!」
137 ドン・ニャン 「作戦会議は終わったドン?
ではこっちも隠し玉を出させてもらうドン」
138 チュー子 「チュー太さん、ごめんなさい」
139 チュー太 「チュー子さん!!人質とは汚いぞ、ドン・ニャン次郎!!!」
140 ドン・ニャン 「狡猾と言ってほしいドン、
ネコは先の先まで読んで物事を進めるドン。
ま、キミたちみたいなおバカさんには分からんだろうが、
ニャッはっはっは」
141 中田忠治 「これじゃ、どうしようもないニャ」
142 ドン・ニャン 「さ、分かったら、さっさと降伏してシッポを巻いて帰るドン」
143 チュー太 「くっ、ここまでか・・・」
144 チュー子 「チュー太さん・・・」
145 「おいおい、男はそんなに簡単にあきらめるもんじゃないぜ!!」
146 ドン・ニャン 「お前はスピードスター雀五郎!!!」
147 「食パンの恩義の元、ただいま参上!!!
っというわけで、ひょいっと」
148 ト書き 雀、チュー子を助け出す
149 ドン・ニャン 「ニャ、ニャにをするドン!!!」
150 チュー子 「チュー太さん!!!!」
151 チュー太 「チュー子さん、大丈夫?怪我はない?」
152 チュー子 「うん」
153 チュー太 「怖い想いをさせてごめんな、もう離さないよ」
154 チュー子 「チュー太さん」
155 チュー太 「チュー子・・・」
156 ドン・ニャン 「無視するニャああ!!!もう怒ったドン!!!
みんなまとめてあの世に送って・・・フニャ!?」
157 ト書き 中田、ドンの首根っこを押さえて持ち上げる。
158 中田忠治 「ドン・ニャン次郎、油断しすぎニャ」
159 ドン・ニャン 「お、下すドン!!
我は足を付けてないと上手く妖気を使えないんだドン」
160 中田忠治 「じゃあ、俺の呪いを解くニャ、そうしたら下してあげるニャ」
161 ドン・ニャン 「く、くそぅ、分かったドン、
『ニャオーレ、呪いよ、アリアリアリアリアリーヴェデルチ』
これで治ったはずドン」
162 中田忠治 「あ、ああ、よっしゃ語尾にニャが付かないぜ!!!」
163 「良かったな、あんちゃん」
164 中田忠治 「ありがとう雀さん・・・・ってあれ?」
165 「ん、どうした?あんちゃん」
166 中田忠治 「いや、なんで呪いとけたのに、雀さんと話せてるんだろう?って」
167 チュー太 「呪いの副作用だな。
ネズミ族の末裔としての、
動物との会話能力が呪いで覚醒してしまったんだろう」
168 中田忠治 「なんでそうなるんだチュー?ん、チュー!?」
169 チュー太 「ネズミ族の末裔は能力が高くなると
語尾にチューが付くらしい、良かったな」
170 中田忠治 「もうどないせいっチューねん!!!」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む