さよならの瞬間に

原作者 カルボレン
登場キャラ数 男:1女:0無0
ジャンル シリアス
セリフ数 49
目安時間
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
とある廃墟の住人
(ゆうかいはん)
49  

サークル情報

001 住人 「私は死にたい」
002 住人 「私はただ死にたいとそう願った」
003 住人 「理由は特にない」
004 住人 「ただ人生が退屈だった」
005 住人 「そんなつまらない理由で私は死にたいとそう思った」
006 住人 「私は手に入れた銃を取り出した」
007 住人 「手に入れるのは簡単だった」
008 住人 「知り合いのつてで手に入れた」
009 住人 「退屈ではない人生の為に、色んなことに手を出した」
010 住人 「そうして手に入れることが出来たのは、悪い友達と汚れた自分」
011 住人 「それに気がついてしまったとき、世界のすべてが色あせた」
012 住人 「そんな退屈でつまらない人生を、さっさと終わりにしたかった」
013 住人 「だからこそ、私は拳銃を頭に向けた」
014 住人 「こめかみに強く押し当てて目をつぶった」
015 住人 「冷たい銃の先端が感じなくなる程の時間が経った」
016 住人 「震える細い指先で、ゆっくりと引き金を引いた」
017 住人 「引き金は指に合わせて動く」
018 住人 「怖かった」
019 住人 「人差し指が敏感になったように感じていた」
020 住人 「引き金を弄んだ」
021 住人 「少し引いては元に戻し、そしてまた引いて、また戻した」
022 住人 「少し楽しかった」
023 住人 「引き金が重く感じた一瞬に、とても大きな音がした」
024 住人 「頭に鉛がめり込んでいった」
025 住人 「痛いとは思わなかった」
026 住人 「ただ、強い衝撃が全身を駆け巡った」
027 住人 「頭蓋を砕いて脳へと沈み、
中身をすべてぶちまけて、私の身体はだらりと揺れた」
028 住人 「身体は動かない」
029 住人 「何もすることが出来無い」
030 住人 「何も感じない」
031 住人 「あれほど敏感になっていた指先の感覚も、もうなくなってしまった」
032 住人 「目も動かすことができず、同じ映像を映し続けた」
033 住人 「銃を持たない方の手がだらりと垂れたその姿」
034 住人 「そこに滴る朱の液体に、散りばめられた内容物」
035 住人 「まるでイチゴジャムのようだと、とても冷静に思っていた」
036 住人 「イチゴジャムが欲しくて手を伸ばして、
まるで届かないような、そんなことを考えた」
037 住人 「一滴、また一滴と液がしたたり落ちた」
038 住人 「一滴落ちる、そのたびに、赤の入り江に波が立った」
039 住人 「そのたびに揺れる液面に、映る自分の顔を見た」
040 住人 「ぐちゃぐちゃになった自分の顔はまるでザクロのようだった」
041 住人 「裂けてこぼれ出た自分の目玉と目が合った」
042 住人 「目は必死に頭から離れまいと手を伸ばしているようだった」
043 住人 「どのくらい経ったか分からない」
044 住人 「この目がカメラの代わりになってただただ映像を流し続けた」
045 住人 「いつしか雫は滴りきって、入り江に夜がやってきた」
046 住人 「昼間に囲まれた夜の入り江は、タールのような重さを持った」
047 住人 「わずかに面に映った私の顔がほほ笑んだような気がしたときに、
目玉が揺れてずるりと落ちて、夜の中へと沈んでいった」
048 住人 「映像は黒に沈んでいって、何も映らなくなっていった」
049 住人 「こうして途絶えるまでの時間は私の生きてきた暮らしの中で、
最も退屈ではない瞬間だった」
▲ Page Top
ツイート
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む