太ってますよね?

原作者 きなもち
登場キャラ数 男:2女:0無0
ジャンル ギャグ
セリフ数 101
目安時間 7分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
金田
(かねだ)
/ 50 一般ピープル
二宮
(にのみや)
/ 51 一般ピーポー

サークル情報

001 二宮 「あー、エレベーター遅いなぁ・・・」
002 金田 「あれ、え!?」
003 二宮 「え」
004 金田 「え、うそ、え!?」
005 二宮 「え、あの、なに」
006 金田 「うそほんとに!?え、あの、ちょっといいですか?」
007 二宮 「あ、はい」
008 金田 「もしかして・・・太ってますよね?」
009 二宮 「・・・え?」
010 金田 「いやだから、太ってますよね?」
011 二宮 「・・・まぁ、はい。そうですね。正直、太ってます」
012 金田 「えー!うっそー!やばい、え!?本当に!?えー・・・あ、あの!」
013 二宮 「はい、なんでしょうか」
014 金田 「握手してください」
015 二宮 「え?」
016 金田 「握手、してください!」
017 二宮 「・・・いやまぁ、いいですけど」
018 金田 「本当ですか!?ありがとうございます!
・・・うわー、汗ばんでるー!」
019 二宮 「あ、すいません」
020 金田 「あーもう・・・ありがとうございます!もう私一生手洗いません!」
021 二宮 「いや手は洗った方がいいと思いますよ。汚いし・・・」
022 金田 「あの!あの!」
023 二宮 「はい、はいなんでしょう」
024 金田 「よかったらなんですけど・・・
ネタをやっていただいてもよろしいですか?」
025 二宮 「ネタ?」
026 金田 「はい!生で見たいんです!」
027 二宮 「・・・あの、人違いです」
028 金田 「・・・え?」
029 二宮 「いやですから、人違いです」
030 金田 「・・・・・・いやもうそういうのはいいですからー!」
031 二宮 「いやいやいや違います。そういうのとかじゃなくて、人違いです」
032 金田 「だからいいですってばー!」
033 二宮 「いやですから、違うんです。私はあなたの思ってる人じゃないです」
034 金田 「・・・・・・あー、なるほど。そういうことですか」
035 二宮 「はい」
036 金田 「はー・・・番組では良い人キャラで売ってるけど、
実際に会ってみればこんなもんってことですか」
037 二宮 「いやあの、それも違うんですけど」
038 金田 「幻滅ですよねー、実際に会えて感動して、
これからはもっと応援したい!なんて思ってたらこれですもんね」
039 二宮 「・・・いやだから」
040 金田 「なんか裏切られた感じですわー、本当にー」
041 二宮 「・・・・・・じゃあすいません、分かりました。ネタやります」
042 金田 「え?」
043 二宮 「ですから、ネタやります」
044 金田 「え、ほ、本当ですか!?」
045 二宮 「はい。特別に」
046 金田 「えー!ありがとうございます!
え、ヤバいヤバい!生で見れるとかマジ感激!」
047 二宮 「じゃあいきますよ。えー・・・どうしようかな・・・
ウ、ウィーン・・・・・・
自動ドアって、体重で人を差別しないから、優しいよね」
048 金田 「うっわー!出たー!うわー!」
049 二宮 「あぁなんか・・・これでよかったんですか?」
050 金田 「ありがとうございます!
え、ヤバい!マジ超ヤバいテンションヤバい!
え、マジ・・・もう1個だけいいですか?」
051 二宮 「え?」
052 金田 「もう1個だけネタお願いしてもよろしいですか!?」
053 二宮 「まだやるんすか!?」
054 金田 「え、あ・・・そうですよね。
一般人ごときに見せるネタなんて一つで充分ですよね・・・」
055 二宮 「いやだからそういう言い方されると
私と勘違いされてる方に申し訳なくてですね」
056 金田 「わかりました、大丈夫です。
私みたいな奴がアナタのネタを一つ、生で見られただけでも充分です。
そう思うことにします・・・」
057 二宮 「・・・はぁー、わかりました。じゃあもう一つだけですよ」
058 金田 「え!本当ですか!?良いんですか!?うわーありがとうございます!」
059 二宮 「じゃあいきますよ?」
060 金田 「はい!はい!お願いします!」
061 二宮 「えーっと・・・ブーン・・・軽自動車の加速、ちょっと遅いよね」
062 金田 「ぉおー!新ネタだー!」
063 二宮 「じゃあさっきのは既存のネタだったのか・・・」
064 金田 「いやもうほんとにありがとうございますー!」
065 二宮 「いえいえいえ。あ、それじゃあ私は急いでいるので」
066 金田 「あの、友達に自慢したいんで一緒に写真撮って頂いてもよろしいですか?」
067 二宮 「う・・・えーっと、そういうのは事務所から固く禁じられてまして」
068 金田 「あー、やっぱタレントさんってそういうのあるんですねー」
069 二宮 「潔く納得して頂いて助かりました」
070 金田 「じゃあ!じゃあ!サインしてください!」
071 二宮 「サインですか?」
072 金田 「はい!えっと・・・色紙とかは持ってないんですけど、ペンはあるので、
このカバンのここら辺にサインお願いします!」
073 二宮 「いや、それもちょっと・・・」
074 金田 「あ・・・すいません、
私なんかがタレント様に対して厚かましい態度を取ってしまい・・・」
075 二宮 「いやあのですね、だから」
076 金田 「私みたいな一般人風情なんかはアナタとお話できただけでも
光栄ですものね・・・」
077 二宮 「ちょっと聞いてください!私は」
078 金田 「本当に申し訳ありませんでした・・・
責任とって今日でファンを辞めさせて頂きます・・・」
079 二宮 「もうだから!人違いなんです!!」
080 金田 「・・・は?」
081 二宮 「『は?』じゃなくて人違い!
私はあなたが応援しているタレントさんではありません!」
082 金田 「え・・・じゃあつまり、
あなたはあの『笹川マイノリティー』さんじゃないんですか?」
083 二宮 「全然違います!というか初めて聞きましたそんなタレント!」
084 金田 「・・・さっきネタをやってくれたのは?」
085 二宮 「期待されたから適当にやっただけです!」
086 金田 「・・・じゃああなたは誰なんですか?」
087 二宮 「一般人です!」
088 金田 「一般人?」
089 二宮 「ええ!」
090 金田 「太ってますけど?」
091 二宮 「ただの太った一般人です!」
092 金田 「じゃあ私はただの太った人に興奮してたんですか?」
093 二宮 「そういうことです!」
094 金田 「・・・・・・うっそマジ最悪!詐欺じゃん!」
095 二宮 「いや詐欺って」
096 金田 「うっわマジ騙された!うわ、手きたな!
さっさと洗わんと!もうマジ最悪!」
097 二宮 「いやだから全部あなたが勝手に」
098 金田 「もーほんとなんなん!?
うっわじゃあ何だよさっきのネタも!くだらねぇー!マジ引くわ!」
099 二宮 「それはアナタのためを思って」
100 金田 「はぁーもう帰ろ帰ろ。あーもう本気で最悪ー」
101 二宮 「・・・・・・結局話聞かないで帰っちゃったし・・・まぁいいや。
っていうか私はこんなとこで何やってたんだ・・・はぁー、帰ろ。
お、ちょうど来たな。
失礼しま・・・・・・ブー・・・エレベーターで重量オーバーすると、
みんなから妙に納得した目で見られるよね」
▲ Page Top
ツイート
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む