もしも全人類の名前が鈴木だったら

原作者 きなもち
登場キャラ数 男:4女:0無0
ジャンル ギャグ
セリフ数 153
目安時間
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
鈴木
(すずき)
58 公共料金を払った帰りに鈴木に会った。
昔から物忘れが激し鈴木。今でもそれは健在の鈴木。
ややテンション高めでボケ役の鈴木。
でもツッコミでもある鈴木。
鈴木
(すずき)
46 マッサージ店の帰りに鈴木に会った。
落ち着いた性格の鈴木。
鈴木
(すずき)
29 鈴木と遊んでいたら鈴木と鈴木に会った。
ほぼ常に声がデカイ高テンションの体育会系。
でもどっちかと言えばツッコミ。
鈴木
(すずき)
20 鈴木と遊んでいたら鈴木と鈴木に会った。

サークル情報

001 鈴木 「はぁー、今月から排水溝増やすかぁ」
002 鈴木 「あれ、ちょっとちょっと」
003 鈴木 「え、な、なんでしょうか」
004 鈴木 「もしかしてお前・・・鈴木?」
005 鈴木 「え?」
006 鈴木 「お前鈴木でしょ?」
007 鈴木 「・・・あっ!お前まさか鈴木か!?」
008 鈴木 「そうだよぉー!鈴木ぃー!いや懐かしいなぁ」
009 鈴木 「うわめっちゃ久々じゃん!いつ以来!?」
010 鈴木 「いやもうそれこそ中学校卒業以来じゃないか?」
011 鈴木 「まじかー・・・じゃあ6年ぶりってことか!いっやお前変わってないなぁ」
012 鈴木 「いや変わってないのはお前だろぉ。お前まんまじゃん。まんま」
013 鈴木 「まんまじゃねぇよ!俺だって大人になったわ!
だってお前6年だぞ?6年も経ったらお前・・・あれ?
そういえばお前同窓会の誘いってあった?俺なかったんだけど」
014 鈴木 「あ、お前聞いてない?」
015 鈴木 「なにが?」
016 鈴木 「そっかー。お前知らないのかー」
017 鈴木 「だから何がだよ」
018 鈴木 「お前さ、鈴木って覚えてる?」
019 鈴木 「鈴木?」
020 鈴木 「ほら、中学校の頃有名な不良だった鈴木だよ。
ド金髪でバイク乗り回してた奴」
021 鈴木 「・・・あ、あー!いたねぇ鈴木!いたいた!え、鈴木がどうかしたの?
あいつのことだから同窓会に犯行予告でも送りつけてきたとか?」
022 鈴木 「いやそれがさぁ、
同窓会が成人式の直後ぐらいに予定されてたらしいんだけど・・・
その数日前にさぁ、鈴木がバイクで事故って死んじゃったらしくて」
023 鈴木 「まじで!?あいつ死んじゃったの!?」
024 鈴木 「うん。鈴木が親御さんから聞いたんだって」
025 鈴木 「鈴木ってクラス委員だったあの?」
026 鈴木 「そうそう。同窓会の事前連絡した時に」
027 鈴木 「はぁー、そうなんだぁ。え、それで?」
028 鈴木 「クラスメイトが亡くなった直後に同窓会を開くのは
不謹慎じゃないかって話になって、それで一旦時期をずらそうって
話になったままうやむやになっちゃったらしくて」
029 鈴木 「あー、そうなんだ。そんなことがあったんだぁ。
いや俺もしかして俺だけ誘われてないんじゃないかと思って、
一時すげー心配だったんだよねぇー」
030 鈴木 「そうだなー。お前中学校の頃は学校全体から嫌われてたからなー」
031 鈴木 「いやそこまでじゃねぇよ!だったら期待してねぇわ!」
032 鈴木 「でも友達いなかったよな?」
033 鈴木 「いやあの頃は鈴木とか仲良かったし!あと鈴木とも結構遊んでたから!」
034 鈴木 「そうだっけぇ。全然覚えてないなぁ」
035 鈴木 「昔の話だから覚えてないのはいいけど、
だからって学校全体から嫌われてるとか良からぬ記憶の補填をするなよ!」
036 鈴木 「はっはっは、変わってないなぁそのやたら長いツッコミ方」
037 鈴木 「やたら長いツッコミ方が変わってないって・・・いや、いいよもう別に」
038 鈴木 「はっはっはっは。悪い悪いごめんって」
039 鈴木 「・・・あの、すんません」
040 鈴木 「え、あ、はい」
041 鈴木 「もしかして・・・いや、もし間違ってたら申し訳ないんだけど」
042 鈴木 「あれ?・・・鈴木?」
043 鈴木 「やっぱりそうだよなぁ!鈴木だろ!?で、お前が鈴木だよなぁ!?」
044 鈴木 「ぇえ?えーっと・・・」
045 鈴木 「なにお前分かんないの!?俺だって!鈴木!」
046 鈴木 「鈴木ぃ・・・?」
047 鈴木 「ほら、3年の始めぐらいに『電車ごっこ登校禁止』のルールを作ったあの」
048 鈴木 「あ、ぁあー!
『校長像の研磨を禁ずる』のルールを作る発端となったあの!」
049 鈴木 「お前らよくそんなこと覚えてんなぁー。
つーか他に無いのかよ。俺を思い出す上での情報は」
050 鈴木 「いやだってなぁ」
051 鈴木 「うちの学校に数々の禁止事項を作った伝説の男だからなぁ」
052 鈴木 「いやいやいや!もっとあるだろ他に!
体育委員だったとか、反復横跳び学年一位だったとかさー」
053 鈴木 「いやそれはほら・・・なぁ?」
054 鈴木 「数々の伝説群と比べたら霞んでしまう、
というかそんなこと覚えて無かったしなぁ」
055 鈴木 「うっそー、まじかよぉ・・・いや、まぁいいや。
んなことよりひっさしぶりだなぁ。数年ぶりだよな?」
056 鈴木 「俺とは中学卒業以来だから6年ぶりだよ」
057 鈴木 「同じく」
058 鈴木 「6年ぶり!?そんな経ってんのか!いやー、でもお前ら変わんねぇなぁ!」
059 鈴木 「そうか?」
060 鈴木 「うん!特に鈴木とか全然変わってねぇよ!」
061 鈴木 「お前も言う!?俺そんな変わってない!?」
062 鈴木 「6年ぶりだけど一目で分かったよ」
063 鈴木 「あぁ、正直俺は鈴木を見て
『あれ?もしかして』って思った後、鈴木を見て確信したよ」
064 鈴木 「なんか・・・なんかなぁ。何ってわけじゃないけど、微妙な気分だなぁ」
065 鈴木 「まぁいいじゃんか!
それよりさ、いまそこの店に鈴木がいるから呼んでくるよ!」
066 鈴木 「鈴木?」
067 鈴木 「鈴木かぁ。懐かしいなぁ」
068 鈴木 「あーダメだ。全然ピンと来ない」
069 鈴木 「まじかよ!逆にお前誰なら覚えてんだよもう!
まぁいいや。見たら絶対分かるから!ちょっと待ってろ!」
070 鈴木 「おう。・・・えー、鈴木って誰だっけ?」
071 鈴木 「鈴木って言ったらあれだよ。1年の頃にあった先公殺しの」
072 鈴木 「あっ!新任教師をぶっ飛ばして窓から投げ捨てたやつ!?」
073 鈴木 「そうそう」
074 鈴木 「いたなー!結局あれは教師側に問題があったんだっけ?」
075 鈴木 「絶対王政みたいな教育で生徒を押さえつけてた上に、
反抗的な生徒には理不尽に厳しくしてたらしいな」
076 鈴木 「あの事件があって解雇されたんだよな、あいつ。
確か鈴木だったっけ?あの新任教師」
077 鈴木 「確かな。そこまでよく覚えてないけど」
078 鈴木 「おまたせー!連れてきたよー!」
079 鈴木 「お、おー。ほんとだ。鈴木と鈴木じゃーん。久しぶりー」
080 鈴木 「いやー、どーもどーも!先公殺しの鈴木さん!」
081 鈴木 「言うと思ったけど。やめろよそれ、恥ずかしいからー」
082 鈴木 「いやいや、そんな謙遜するなって!新任教師を投げ飛ばし、
さらには解雇までさせた最強の男!いやほんと凄いねぇー」
083 鈴木 「あれは若気の至りってやつだから。ほんともういっそ忘れてくれ」
084 鈴木 「忘れられるわけないでしょそんな偉業を」
085 鈴木 「とか言って、その話聞くまでは誰だか思い出せなかったくせに」
086 鈴木 「ちょっと鈴木!言わんといて!」
087 鈴木 「まぁそんなことだろうとは思ったよ。鈴木らしいわ」
088 鈴木 「何だよそれ。俺らしいって」
089 鈴木 「お前宿題とか行事も言われなきゃ思い出さなかったもんな」
090 鈴木 「酷い時なんて先生に言われて体育祭のこと思い出したからな」
091 鈴木 「周りみんな体操服なのにな」
092 鈴木 「いやあれはさぁ!ほら!仕方ないじゃん!」
093 鈴木 「仕方ないって何だよ。仕方ないって」
094 鈴木 「百歩譲って忘れてたのは仕方ないとしても
登校途中に体操服の生徒を見た時点で気付くだろう。普通は」
095 鈴木 「周りのみんなを見てどう思ったんだよお前」
096 鈴木 「いやー・・・なんでみんな体操服なのかなぁって」
097 鈴木 「いやいやなんでも何もないだろう!
体操服で学生の集団が登校するなんて体育祭以外に思い当たる節がウッ!
なんで急に脇腹を刺すんだよ・・・」
098 鈴木 「いやなんかもうウルサくて・・・ごめん」
099 鈴木 「そういえばお前らさっきまで何してたの?」
100 鈴木 「んー、買い物っていうか何て言うか・・・
二人でその辺ブラブラしてた感じかな」
101 鈴木 「うん、別になにしてたって訳ではないかな。
俺と鈴木はさ、中学卒業してからも交流があって、
たまにこうして遊んでるんだよ」
102 鈴木 「へー、そうなんだ。
この歳になっても遊ぶってすげぇ仲良いな。なにホモなの?」
103 鈴木 「なにホモってなんだよ。ホモじゃねぇよバカ。
まぁ同じ高校に行ったからってのもあるんだけどな」
104 鈴木 「そういうお前らも一緒にいたじゃん。仲良いんじゃないの?」
105 鈴木 「ホモじゃねぇよバカ。いや、俺らはそこでバッタリ会っただけだよ」
106 鈴木 「そうそう、懐かしいなぁなんて話してたら鈴木が来たってわけ」
107 鈴木 「へー、そうだったのか!そらすげぇ偶然だな!」
108 鈴木 「偶然バッタリ同級生が4人、ここに会してしまったわけか。
奇遇にも程があるな」
109 鈴木 「なー、同級生と町中でバッタリ会うだけでも珍しいのにな」
110 鈴木 「せっかくだから喫茶店でも入って思い出話に花咲かせるか?
それともこれから何か予定ある?」
111 鈴木 「俺は特にないよ。鈴木と鈴木は?」
112 鈴木 「俺らも別にないよ。ブラブラしてただけだし」
113 鈴木 「どっちかと言えば暇だったかな。
あ、でもどうせだからこのまま歩いて話さないか?」
114 鈴木 「なんで?」
115 鈴木 「町並みを見て思い出すってこともあるだろう?」
116 鈴木 「なるほどね。そういうことなら中学校の通学路とかどうよ?
中学校に向かって歩く感じでさ」
117 鈴木 「大丈夫か?それ」
118 鈴木 「なんで?倫理的に問題あり?」
119 鈴木 「いや、鈴木の禁止事項伝説で話題持ち切りになるんじゃないかと思って」
120 鈴木 「流石にそんなにはねぇよ!」
121 鈴木 「いや登下校の事項だけで5個は作っただろ」
122 鈴木 「そんなにあったっけ?」
123 鈴木 「確か『電車ごっこ登校禁止』と『鉄ゲタ登校禁止』と・・・」
124 鈴木 「まぁとりあえずその事も含めて歩きながら話そうじゃないか」
125 鈴木 「そうだな。そうするか。じゃあ通学路の方面は・・・えーっと」
126 鈴木 「あっちだよあっち。お前それすらも忘れちまったのかよ」
127 鈴木 「ちょ、ちょっと分かんなくなっただけだって!大丈夫だって!」
128 鈴木 「鈴木は全然昔のこと覚えてないよなぁ。
そういやお前さ、鈴木って覚えてる?」
129 鈴木 「鈴木って、鈴木のこと?」
130 鈴木 「ちげぇよ!鈴木じゃなくて鈴木!鈴木はヨーヨーマスターの鈴木だろ!
鈴木じゃなくて鈴木だよ鈴木!」
131 鈴木 「ほら、鈴木とよく一緒にいた鈴木。居ただろ?
確か鈴木の幼馴染みで鈴木と仲が良かった鈴木」
132 鈴木 「鈴木とよく一緒に居た・・・
うーん、鈴木と鈴木はなんとなく覚えてるんだけど
鈴木が全然ピンと来ないんだよなぁ」
133 鈴木 「鈴木ってたぶん鈴木だろ?
ほら、鈴木が仲良かった鈴木と
付き合ってるんじゃないかって噂があった鈴木」
134 鈴木 「あ、あー!鈴木ってあの鈴木ね!
俺さっきから鈴木じゃなくて鈴木のこと考えてて鈴木と鈴木?
ってわけ分かんないことになってたよ!あーあー、あの鈴木ねー。はいはい」
135 鈴木 「そうそう、その鈴木。
鈴木さ、鈴木と付き合ってるってずっと噂されてたんだけどさ、
実は鈴木だけじゃなくて鈴木と鈴木とも付き合ってたらしいぜ」
136 鈴木 「鈴木と鈴木!?あの二大イケメンの!?」
137 鈴木 「じゃあ鈴木は三股してたってこと?」
138 鈴木 「しかも中学校の頃にな。それだけじゃなくて・・・
大きい声じゃ言えないけど実は鈴木、鈴木とも付き合ってたんだとよ」
139 鈴木 「鈴木!?」
140 鈴木 「鈴木ってうちのクラスの担任だった鈴木!?」
141 鈴木 「鈴木って周りからは清楚な感じでおとなしい子だって思われてたけど、
これがとんだ悪女だったって話よ」
142 鈴木 「うっそー・・・まじかよ」
143 鈴木 「人は見かけによらない、にしてもなぁ・・・」
144 鈴木 「ま、鈴木と付き合ってたってのはあくまでも噂だけどな」
145 鈴木 「そ、そうかぁ。でもなぁ・・・」
146 鈴木 「お、見てみろ。雲が割れて光が漏れてきたぞ」
147 鈴木 「おお、すげぇ!虹がかかってる!」
148 鈴木 「きっと明日はノーアウトスリーベースだな!」
149 鈴木 「よーし、お前ら!中学校まで競争だ!いくぞー!」
150 鈴木 「あ、ズリーぞ鈴木!待て!」
151 鈴木 「まったく、しょうがない奴らだな」
152 鈴木 「ああ、まったくだ。仕方がないから付き合ってやるか」
153 鈴木 「待てぇ!鈴木一!」
▲ Page Top
ツイート
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む