ロストホームメランコリー

原作者 きなもち
登場キャラ数 男:1女:1無0
ジャンル 日常
セリフ数 111
目安時間 9分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
小畑 文明
(おばた ふみあき)
56 可哀想な男性
桂木 小夜
(かつらぎ さよ)
55 優しい女性

サークル情報

001 小畑文明 「・・・はぁ、これからどうしようかな」
002 桂木小夜 「すいません、隣いいですか?」
003 小畑文明 「あ、どうぞどうぞ」
004 桂木小夜 「じゃあ失礼します」
005 小畑文明 「・・・・・・・・・」
006 桂木小夜 「・・・・・・・・・」
007 小畑文明 「あの」
008 桂木小夜 「はい?」
009 小畑文明 「やっぱりあなたもですか?」
010 桂木小夜 「やっぱりってことはあなたも?」
011 小畑文明 「やっぱりそうですよね」
012 桂木小夜 「そうなんですよ!
もう路頭に迷ちゃって本当に困ってるっていうか・・・
もうほんと最悪です!」
013 小畑文明 「分かりますよその気持ち、私なんか家どころか頼りの会社まで・・・」
014 桂木小夜 「うわぁ・・・それはお気の毒に」
015 小畑文明 「とりあえず親族や
親戚の家に行こうかと思ったらすでに向こうも・・・」
016 桂木小夜 「ぇえ!?それって大変じゃないですか!」
017 小畑文明 「そうなんですよ。
家族はまだ蓄えがあってしばらくは平気らしいんですが
僕はもうどうしようもなくなっちゃって・・・」
018 桂木小夜 「あたしはまだ伯父の家が無事だったので
近々向かおうかと思ってたんですよ」
019 小畑文明 「そうなんですか?でもさっき路頭に迷ってるって・・・」
020 桂木小夜 「伯父の家は青森で・・・
仕方ないこととはいえ東京育ちの私が
急に青森でやっていけるかどうか・・・」
021 小畑文明 「あぁ、そういうことでしたか。お互い大変ですね」
022 桂木小夜 「あたしはまだいいんですがあなたは本格的に大変じゃないですか」
023 小畑文明 「いやー、そうなんですけど・・・」
024 桂木小夜 「本格的に路頭に迷ってるじゃないですか!」
025 小畑文明 「はは・・・まぁなんとかなりますよ」
026 桂木小夜 「本当ですか?」
027 小畑文明 「ほら、まだ財布の中にお金もありますし」
028 桂木小夜 「失礼ですがおいくらぐらい・・・」
029 小畑文明 「・・・・・・3万」
030 桂木小夜 「3・・・本当に大丈夫ですか?」
031 小畑文明 「・・・あーまぁ、多分・・・・・・
何とか・・・・・・・・・なる、かな?」
032 桂木小夜 「・・・・・・・・・あのー」
033 小畑文明 「はい?」
034 桂木小夜 「これ、少しですが受け取ってください」
035 小畑文明 「これって・・・え!?2万円!?」
036 桂木小夜 「さすがに全部は渡せませんが」
037 小畑文明 「いや!こんなもらえませんよ!」
038 桂木小夜 「いいんですよ。
あたしは住むところはありますし、それにまだいくらか持ってますから」
039 小畑文明 「でも見ず知らずの人にそんな・・・」
040 桂木小夜 「同じ境遇でこうして話した仲じゃないですか」
041 小畑文明 「でも名前も知らないし・・・」
042 桂木小夜 「・・・・・・そういえばそうですね。
じゃあ、あたしは桂木小夜。あなたは?」
043 小畑文明 「え、えっと・・・小畑文明です」
044 桂木小夜 「これで見ず知らずじゃないですよ!小畑さん!」
045 小畑文明 「いや、でも・・・」
046 桂木小夜 「見ず知らずじゃないですよぉ?小畑さぁん?」
047 小畑文明 「う、そ、そうですね・・・」
048 桂木小夜 「・・・別に良い人ぶってるつもりではないですよ?
あたしは実際まだまだ平気ですし。
でも小畑さんは本当に身寄りのない状態じゃないですか」
049 小畑文明 「そうですけど・・・」
050 桂木小夜 「そ・れ・に!こういう時だからこそ助け合わなきゃ!
そう思いませんか?」
051 小畑文明 「確かにそれはそうですが・・・」
052 桂木小夜 「じゃあいいじゃないですか。
それともあたしに小畑さんを見捨てて行けって言うんですか?」
053 小畑文明 「いや、そうじゃなくて僕らは初対面でしかも偶然会っただけだし、
それでいきなりお金をいただくなんて・・・」
054 桂木小夜 「じゃあ家がなくなっちゃった上に初対面でしかも偶然会っただけの人に
お金をあげちゃうような私に出会っちゃって本当に運がないですね」
055 小畑文明 「えー・・・そんなムチャクチャな」
056 桂木小夜 「あぁもう!はい!もういいから受け取ってください!
あれです!適材適所ってやつです!」
057 小畑文明 「それはちょっと違うんじゃ・・・
備えあれば憂いなしの方が正しくはないですか?」
058 桂木小夜 「えっあ、・・・い、いいんですよぉ!
適材適所でも意味は通じるでじゃないですか!」
059 小畑文明 「通じ・・・なくもないかなぁ」
060 桂木小夜 「ほら!じゃあいいじゃないですか!」
061 小畑文明 「まぁいいんですけど・・・通れば花道って言いますもんね」
062 桂木小夜 「そうそう!それですよ!」
063 小畑文明 「まぁそんなことわざ聞いたことないですが・・・」
064 桂木小夜 「・・・・・・むううう!!なんなんですかー!」
065 小畑文明 「いや、別に」
066 桂木小夜 「あたしは理系だからそういう言葉とか知らないんですー!
でも理系だからいいんですー!」
067 小畑文明 「・・・・・・ふっ!ははははは!」
068 桂木小夜 「ど、どうしたんですか!?」
069 小畑文明 「いやすいません・・・でも・・・・・・・・・
ふふっ・・・・・・面白い人だからつい」
070 桂木小夜 「笑わないでくださいよー!」
071 小畑文明 「だって・・・あまりに極論だったから・・・・・・ふふふ」
072 桂木小夜 「・・・・・・くっ!ふふふふ!
確かにそうですよね!理系だからって言葉知らなくていいとか!」
073 小畑文明 「もう自分で笑っちゃってるじゃないですか!」
074 桂木小夜 「だって・・・だってぇ!」
075 小畑文明 「だってって・・・ふふっ」
076 桂木小夜 「も、もう笑わないでくださいよー!
あたしが変な人みたいじゃないですかー!」
077 小畑文明 「変な人じゃないですか」
078 桂木小夜 「む、むぅ・・・初対面の人によくそんなこと言えますね!」
079 小畑文明 「それは全体的にこっちのセリフですよ」
080 桂木小夜 「そんな・・・そんなこと言われたら反論できないじゃないですか!」
081 小畑文明 「・・・ふふっ」
082 桂木小夜 「また笑ったー!」
083 小畑文明 「いやいや、今のはあれです」
084 桂木小夜 「どれですか?」
085 小畑文明 「家が無くなってさすがに落ち込んでたけど、
あなたのおかげでなんか元気になりました。ありがとうございます」
086 桂木小夜 「え、そんな急に改まって言わなくても・・・」
087 小畑文明 「これ、今はもらっておきますね。でもいつか返しますから」
088 桂木小夜 「そんな、返さなくたって別に」
089 小畑文明 「だって見ず知らずってわけでもないんですから」
090 桂木小夜 「え・・・」
091 小畑文明 「ね、桂木小夜さん」
092 桂木小夜 「・・・そうですね、小畑文明さん」
093 小畑文明 「というわけで、また会わなきゃいけないし
携帯の番号とアドレスの交換でもしておきましょうか」
094 桂木小夜 「あ、そうですね。えっと・・・・・・・・・よし、これでいいですね」
095 小畑文明 「ふふっ、それじゃあ僕はそろそろ行きますね。
職と住居を探さなきゃホームレスになってしまうんで」
096 桂木小夜 「そうですね。
あたしもそろそろ行かなきゃ、いつの間にか新幹線の時間近づいてたし」
097 小畑文明 「今日は本当にありがとうね!」
098 桂木小夜 「こちらこそ!ありがとうございました!」
099 小畑文明 「うん、それじゃあまたいつか!」
100 桂木小夜 「はい!またいつか!
・・・・・・・・・あ、電話・・・もしもーし?
あ、伯父さん。どうしたの?・・・・・・・・・ぇえ!?」
101 小畑文明 「・・・・・・・・・・・・・・・はぁ」
102 桂木小夜 「すいません。隣いいですか?」
103 小畑文明 「あ、どうぞどうぞ」
104 桂木小夜 「お仕事、探さなくていいんですか?」
105 小畑文明 「そちらこそ、新幹線の時間はどうなったんですか?」
106 桂木小夜 「・・・とうとう伯父の家も無くなりまして」
107 小畑文明 「僕のほうはハローワークが無くなってしまったそうです」
108 桂木小夜 「どこも同じで変わりませんね」
109 小畑文明 「そうですね。どこも同じ、時代ですかねー」
110 桂木小夜 「困ったもんですよねー、ガス爆発」
111 小畑文明 「ほんと困ったもんですよ、ガス爆発」
▲ Page Top
ツイート
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む