ファミレス

原作者 きなもち
登場キャラ数 男:2女:0無0
ジャンル コメディ
セリフ数 75
目安時間
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
店員
(てんいん)
37  
(きゃく)
38  

サークル情報

001 「あー腹減ったなぁ。
あ、ここのファミレスでいいや。ここで適当になんか食べよ」
002 店員 「いらっしゃいませー。お客様見たところ一名様でしょうかー?」
003 「え、いや、はい。確かにそうですけど」
004 店員 「かしこまりました。一名様ですね。本日はどういったご用件でしょうか?」
005 「いや飯だろ!
刃物でも持って入ってくる奴以外は大抵飯食いに入ってくるだろ!」
006 店員 「ではご注文お伺い致します」
007 「決まってねぇよ!なんだ俺はいきなりファミレス入って
入り口前で立ち食いすんのか!すげぇ迷惑な客だな!」
008 店員 「申し訳ございません。実は私ここに勤めてまだ日の浅い研修生でして」
009 「え、あぁ、そうなの?」
010 店員 「お客様に多々迷惑をかけるかも知れませんが、それはまぁそれとして」
011 「いやそれはそれじゃねぇよ!置いておくなよ!
迷惑かけてもいいからせめて誠意を見せてくれ誠意を!」
012 店員 「それで、ご注文はお決まりでしょうか?」
013 「いやだから決まってねぇって!違う違う、まず席に案内してくれ席に」
014 店員 「あ、そうでした!申し訳ございません!」
015 「いいから早くして。そろそろ席に座りたいから」
016 店員 「えー当店では喫煙席等がございますが」
017 「いや等ってなんだよ等って!
そこは詳しく説明してくれないと選びようがないだろ!」
018 店員 「す、すいません!えー当店では喫煙席と・・・」
019 「・・・はい1、2、3、4どんどん指折り数えているけど
果たしてここの店には何種類の座席があるのかなー?」
020 店員 「えー喫煙席と禁煙席がございます!」
021 「ん!だろうね!」
022 店員 「お席はどちらに致しましょうか?」
023 「禁煙席で」
024 店員 「え・・・」
025 「え?」
026 店員 「お客様、当店では禁煙席での喫煙はご遠慮頂きたいのですが」
027 「いや吸わねぇよ!吸わねぇからわざわざ禁煙席ご所望してんだろうが!」
028 店員 「あ、そうだったんですか!申し訳ございません!
では後ほどそちらの空いたお席にご案内致しますので、
少々お待ちくださいませ」
029 「先に案内してくれよ!
何で空いた席を目の前にして突っ立ってなきゃいけないんだよ!」
030 店員 「こちらがメニューでございます」
031 「だから案内しろよ!!」
032 店員 「ではお席にご案内致します」
033 「ったく、やっとかよ。あーやっと座れた。疲れたー」
034 店員 「ではご注文お伺い致します」
035 「あーもう!言ってるそばから!今席に着いたばっかでしょ!
もっと時間に猶予をくれよ!決まったら呼ぶから!」
036 店員 「かしこまりました。
ではご注文お決まりでしたらそちらのボタンを持ってお呼びください」
037 「マジで!?押すんじゃないの!?
つーか何のために持つのこれ!?存在意義ある!?」
038 店員 「では失礼致します」
039 「・・・まぁいいや。何にしよっかなー。
お、『エビフライとハンバーグの熱々セット』これ美味そうだなー。
これにしよ。すいませーん、すいませーん。
・・・すいませーん!ちょっとすいませーん!
すいま・・・あ、え、マジか。マジなのかあの店員・・・
えっと、すいませーん」
040 店員 「はいはいお待たせしましたー」
041 「マジかよこの店!マジでボタン持たなきゃいけないのかよ!
何なのその制度!」
042 店員 「ご注文お決まりでしょうか?」
043 「はい、念願のご注文でございます」
044 店員 「よろしければお伺い致しましょうか?」
045 「よろしければも何も伺ってくれないとコッチは困るんだよ!
つーかあんだけ執拗に聞いてきたのに
なんでいざってときは上から目線なんだよ!」
046 店員 「ではご注文お伺い致します」
047 「えっと、『エビフライとハンバーグの熱々セット』と」
048 店員 「あ、あー申し訳ございませんお客様!」
049 「え、なに?もしかして無い?」
050 店員 「いえ『エビフライとハンバーグの熱々セット』では、
エビフライに通常のソースかタルタルソースのどちらを
かけるか選べるのですが」
051 「へー、そうなんだ。それはありがたいね。全然申し訳なくないじゃん!?
なんなの!?謝られた瞬間すげぇ焦ったじゃん俺!」
052 店員 「どちらに致しましょうか?」
053 「じゃあタルタルソースで」
054 店員 「かしこまりまーす」
055 「うん、すぐかしこまってくれ」
056 店員 「以上でよろしいでしょうか?」
057 「あ、あと『ポテトの小』と『オレンジジュース』。以上で」
058 店員 「かしこまりました。ではご注文繰り返させて頂きます。タルタルソース」
059 「選んだけども。料理の名前自体を言ってくれ」
060 店員 「えー、エビフライとハンバーグの熱々セットがお一つ。ポテト小がお一つ。
オレンジジュースが500ミリリットル。以上でよろしかったでしょうか?」
061 「オレンジジュースだけやたら細かかったけどまぁいいや。はい、以上です」
062 店員 「かしこまりました。ではご注文繰り返させて頂きます」
063 「いや今やったやった。繰り返した注文まで繰り返さなくていいから。
そのままだと無限に繰り返されちゃうから。早く厨房にご注文伝えてきて」
064 店員 「かしこまりました。
では料理が出来上がるまでせいぜいお待ちくださいませ」
065 「せいぜいって!なんでラストに俺のこと小バカにすんだよ!
あ、クソ!行きやがった。まぁいいやもう・・・」
066 店員 「・・・・・・・・・お待たせしまーす!」
067 「っておい!料理が来たと思って期待したじゃねぇかよ!」
068 店員 「今のところポテト小も出来上がっていませんし、
セットもオレンジジュースも出来上がっておりません」
069 「え、いや、あ、はい」
070 店員 「ではもう少々お待ちくださいませ」
071 「なんだったんだよ今のやり取りは!いらねぇだろ!
中間報告はいいからゆっくり待たせてくれ!」
072 店員 「お待たせしましたー」
073 「今度こそ料理来た?大丈夫?期待してもいい?」
074 店員 「申し訳ございませんお客様、
今確認したところ現在当店は料理人を切らしておりまして」
075 「もういいよ!」
▲ Page Top
ツイート
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む