強盗

原作者 きなもち
登場キャラ数 男:2女:0無0
ジャンル コメディ
セリフ数 169
目安時間
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
x
(えっくす)
85  
z
(ぜっと)
84  

サークル情報

001 z 「あー、深夜のコンビニやばい。暇すぎる。
暇すぎて一人でしりとり始めそうになるぐらいやばい。
もうどうせ客来ないし、早朝まで店閉めててもいいんじゃねぇかなぁ。
24時間営業だけど。あ、客だ。いらっしゃいませー」
002 x 「強盗だ」
003 z 「う、え?ご、強盗?」
004 x 「強盗だ。動くな」
005 z 「うわまじかよ最悪だよ・・・」
006 x 「黙れ!しゃべるんじゃない!」
007 z 「す、すんません!」
008 x 「凶器を出せ」
009 z 「は、はい!きょ・・・は?凶器?」
010 x 「凶器っていうか、なんかナイフとかカッターとか、凶器になるものを出せ」
011 z 「え?なんでですか?」
012 x 「忘れたんだ」
013 z 「忘れたんすか!?」
014 x 「いや・・・玄関までは絶対持ってたんだけど、
たぶんクツ履くときに横に置いて、そのまま忘れてきたんだと思う」
015 z 「そんな小学生の体操服みたいな!」
016 x 「あ、君も小学生の頃に玄関に体操服忘れたことある?」
017 z 「ありますよ」
018 x 「あるよね!?
あんまり誰も共感してくれないから、俺だけなのかと思ってた!」
019 z 「あー、でも僕も自分で言っておきながら、
あんまり共感してくれる人いなかったっす」
020 x 「でも忘れるよね!?クツ履く時に横に置いて、そのまま忘れるよね!?」
021 z 「いや何を盛り上がってるんすか!強盗の真っ最中でしょ!?」
022 x 「ああ、そうだった。いやだから、凶器になるものなんか持ってない?」
023 z 「そんな急に言われても、ハサミぐらいしかないですよ」
024 x 「ハサミはあるの?」
025 z 「普段からレジに置いてあるやつです」
026 x 「どんなの?どういうハサミ?」
027 z 「いや普通にこういうやつです」
028 x 「バカめ!かかったな!」
029 z 「あ、ちょっと!」
030 x 「凶器はいただきだ!」
031 z 「しまったぁ!まんまと見せちゃったぁ!」
032 x 「ハサミはお前、十分凶器だろう!今後はもっと管理に気を付けるんだな!」
033 z 「くっそぉ!確かにハサミはモロ刃物だ!なんて狡猾な強盗だ!」
034 x 「はっはっは!さぁ!金を出してもらおうか!」
035 z 「あ、でもこっちにもっと切れ味の良いハサミありますよ」
036 x 「あ、本当に?」
037 z 「はい、こっちのハサミめっちゃ切れますよ」
038 x 「そっちの方がいいじゃん。ならそっち使うわ」
039 z 「じゃあ交換するんで、そっちのハサミ返してください」
040 x 「はい」
041 z 「よっしゃ!かかったな!」
042 x 「あ、しまった!普通に返してしまった!」
043 z 「凶器のない強盗なんて、鎌のないカマキリのようなもんだ!」
044 x 「それもはやカマキリじゃない!でも否定はできない!」
045 z 「大体切れ味良くたって、どうせ突き刺すんだから関係ないだろ!
へっ!バーカバーカ!」
046 x 「おいちょっと待て。バカってなんだバカって」
047 z 「せっかく手に入れた凶器を返す強盗なんてバカに決まってんだろ!」
048 x 「人様に向かって失礼だろぉ!!」
049 z 「・・・え、いや、あの」
050 x 「お前歳は?いくつだ?」
051 z 「21ですけど」
052 x 「俺27だぞ。見た目で年上なの分かるだろ?」
053 z 「いやまぁ、そうですけど」
054 x 「年上の人間に向かってバカとはなんだバカとは!
しかもお前店員だろ!?なぁ!?」
055 z 「いやそれは」
056 x 「コンビニ店員が年上に向かってバカとはなんだぁ!!」
057 z 「・・・すんませんでした」
058 x 「ったく・・・おい」
059 z 「は、はい」
060 x 「返せよ」
061 z 「え」
062 x 「返せよハサミ!」
063 z 「あ、すんません」
064 x 「バカめ!本当に返すとはな!さあ金を出せ!」
065 z 「え、ちょっと」
066 x 「強盗に対して『すんません』って言いながら凶器返したよこいつ!
バカじゃねぇの!」
067 z 「なんすかそれ!自分でさっきバカとは失礼だなんだって言ったくせに!」
068 x 「うるせぇ!年上だこっちは!いいから金を出せ!さもないと刺すぞ!」
069 z 「くっそぉ・・・」
070 x 「くそじゃねぇ!殺されてぇのか!」
071 z 「あ、す、すんません!」
072 x 「おらぁ!レジの金全部だせ!」
073 z 「は、はい!すぐにやります!」
074 x 「早くしろ!」
075 z 「はい!・・・あの」
076 x 「なんだ!」
077 z 「袋とかは」
078 x 「袋?なんのことだ!」
079 z 「レジのお金を詰める袋ですよ。カバンとかなにか」
080 x 「・・・あ、ごめん」
081 z 「ごめんてなんですか。あ!もしかしてそれも玄関に忘れたんですか!?」
082 x 「いや、全然頭になかった」
083 z 「あ、最初から考えてなかったんですか!」
084 x 「ごめん、袋もあの、ある?」
085 z 「なんでもかんでも店任せじゃないっすか!そんな強盗いませんよ普通!」
086 x 「ごめん。ほんとこれはごめん」
087 z 「袋って・・・レジ袋しかないですよ!急に言われても!」
088 x 「あー、じゃあもうそれでいいや」
089 z 「いいんですか!?
白いビニールだから、たぶん大金が透けて見えますよ!?」
090 x 「うん、もう金が入るならいい。どうせ無計画の強盗だし」
091 z 「そっちがいいのならまぁ、いいですけど」
092 x 「とにかく早くして」
093 z 「もー、凶器も袋もこっちが用意してるのに注文多いなぁ!」
094 x 「だからごめんって!それは謝るけど、犯罪中の身だから!犯罪なうだから!」
095 z 「わかりましたよ。じゃあレジ袋に詰めますからね」
096 x 「一番大きい袋でお願い」
097 z 「誰も小さい袋に詰めませんよ。よっと・・・あれ」
098 x 「ちょっと、何してるの。早く早く」
099 z 「いや緊張のせいか袋がうまく開かないんすよ」
100 x 「開かないってなに?どういうこと?」
101 z 「いやほら、ビニールだから静電気でくっつくじゃないですか。入口が」
102 x 「あー、まあね」
103 z 「そんで緊張して手が汗ばんでるから、うまく開けれないんですよ」
104 x 「もー、ちょっと貸してみ。俺やるから」
105 z 「いいですか?」
106 x 「まぁ用意してもらってるわけだし、それぐらいはやるよ。自分で」
107 z 「じゃあハサミ持っときますよ」
108 x 「ああ、ありがとう」
109 z 「ひっかかりましたね!」
110 x 「・・・ああ!凶器奪われた!」
111 z 「何回ひっかかるんすか!」
112 x 「くっそー!普通に言うから普通に渡してしまった!」
113 z 「また鎌のないカマキリに逆戻りですね!」
114 x 「やめろその言い方!もー!ハサミ返せよ!」
115 z 「嫌ですよ!言われて返すわけないでしょう!」
116 x 「それがないと強盗できないっしょ!?」
117 z 「知りませんよ!大体これは店の備品ですから!
返すも何も元々こっちの物でしょう!」
118 x 「強盗の俺が一回奪ったんだから、もはや俺のだよ!」
119 z 「そんな理屈が通る訳ないじゃないですか!」
120 x 「いいからもー!かーえーせーよ!」
121 z 「あ、ちょっと!カウンターの中入ってこないでくださいよ!」
122 x 「かーえーせ!」
123 z 「なんですかもー!やーでーすって!」
124 x 「待てって!返せって!」
125 z 「追っかけて来ないでくださいよ!」
126 x 「返せよ凶器!強盗に凶器を渡せよー!」
127 z 「渡すわけないでしょう!やーでーす!」
128 x 「あ、ちょっと!懐にしまうなよ!反則だぞ反則!」
129 z 「なんすか反則って!そんなルールないですよ!」
130 x 「いいからかーえーせって!」
131 z 「いーやーでーす!」
132 x 「わーたーせーよぉ!」
133 z 「だーめーでーす!」
134 x 「はーさーみぃ!」
135 z 「うーちーのーでーすぅ!」
136 x 「もー!このドケチ!」
137 z 「命かかってるのにケチも何もありません!」
138 x 「いいじゃん!ハサミぐらい!貸してよ!」
139 z 「凶器として使われるのに貸すわけないでしょう!」
140 x 「強盗にハサミの一つも貸してくれないのか!この店は!」
141 z 「どの店も貸しませんよ!大体強盗が店に凶器を要求しないですし!」
142 x 「だってそれはあの・・・はぁ・・・はぁ・・・」
143 z 「はぁ・・・はぁ・・・
は、走り回ったから、息、あがってるじゃないですか・・・」
144 x 「はぁ・・・あのさ」
145 z 「な、なんですか?」
146 x 「おかしなこと言うかもしれないけどさ」
147 z 「はい、なんすか」
148 x 「いや、なんか今・・・
今って言うか、強盗に入ってからの一連のやりとりがなんか・・・
久しぶりに楽しかったっていうか」
149 z 「ああ、それはあの・・・僕もです」
150 x 「童心に返ったっていうか」
151 z 「すごいなんか、懐かしい気持ちを思い出しましたね」
152 x 「うん、ありがとうね」
153 z 「いやなにがですか」
154 x 「なんか分かんないけど」
155 z 「こちらこそ、なにか分からないけどありがとうございました」
156 x 「じゃあ走り回って疲れたし、そろそろ帰るわ」
157 z 「あれ、強盗はもういいんですか?」
158 x 「うん、もうなんかスッキリしたし」
159 z 「リフレッシュしちゃってるじゃないですか。強盗しに来たのに」
160 x 「あ、強盗に入ったのはごめんね。それは謝っておくよ」
161 z 「いやいいっすよ。未遂ですし。こっちも楽しかったんで」
162 x 「基本深夜勤務?君は」
163 z 「あ、はい。そうですけど、なんでですか?」
164 x 「いや、また来ようと思って」
165 z 「ご、強盗しに?」
166 x 「いやいや、客として客として」
167 z 「ああ、それはもう、ぜひ来てください」
168 x 「ありがとうね。それじゃあまたね」
169 z 「はい、またのご来店お待ちしておりまーす!
・・・あ!名前ぐらい聞いておけばよかったなぁ」
▲ Page Top
ツイート
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む