ボールペン

原作者 きなもち
登場キャラ数 男:2女:0無0
ジャンル コメディ
セリフ数 133
目安時間 5分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
音源 音声戯曲セレネ
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
森本
(もりもと)
67 男性
藤井
(ふじい)
66 男性

サークル情報

001 森本 「すいません。あなたの足下にボールペンが落ちてしまったので
取っていただけませんか?」
002 藤井 「え?なんて言いました?」
003 森本 「あなたの足下のボールペンを取っていただけませんか?」
004 藤井 「すいません。聞こえにくくて」
005 森本 「あなたの足下にあるボールペンを取ってください」
006 藤井 「もう一度お願いします」
007 森本 「あなたの足下にですね、いいですか?」
008 藤井 「はい、私の足下に」
009 森本 「私のボールペンがですね」
010 藤井 「はいはい、あなたのボールペンが」
011 森本 「落ちてしまいまして」
012 藤井 「落ちていますね」
013 森本 「それをですね」
014 藤井 「これをですね」
015 森本 「取っていただきたいのです」
016 藤井 「すいません。ちょっと聞き取れませんでした」
017 森本 「取ってください」
018 藤井 「なにをですか?」
019 森本 「ボールペンを」
020 藤井 「どこのですか?」
021 森本 「あなたの足下の」
022 藤井 「これですか?」
023 森本 「それですね」
024 藤井 「取ればいいんですか?」
025 森本 「そうですね」
026 藤井 「取りました」
027 森本 「ありがとうございます」
028 藤井 「いえいえ、これぐらい」
029 森本 「落としましたね」
030 藤井 「はい?」
031 森本 「いま取ったのになぜ落としてしまったのですか?」
032 藤井 「なにを?」
033 森本 「ボールペンを」
034 藤井 「あぁ、取ったからもういいかなと」
035 森本 「渡してくださいよ」
036 藤井 「なにを?」
037 森本 「ボールペンを」
038 藤井 「どなたに?」
039 森本 「私に」
040 藤井 「どのボールペンを?」
041 森本 「足下の」
042 藤井 「私の足下ですか?」
043 森本 「そうですね」
044 藤井 「これですか」
045 森本 「そう、それです」
046 藤井 「これをどうしたらいいんですか?」
047 森本 「取っていただきたいのです」
048 藤井 「私が?」
049 森本 「あなたが」
050 藤井 「あなたのボールペンですが」
051 森本 「すいません。お願い致します」
052 藤井 「取りました」
053 森本 「わざわざ申し訳ない」
054 藤井 「いえいえ、こんなことぐらい」
055 森本 「落としましたね」
056 藤井 「なにをですか?」
057 森本 「いましがた拾っていただいたボールペンを再度落とされましたね」
058 藤井 「そうですね」
059 森本 「なぜ」
060 藤井 「なにがですか?」
061 森本 「なぜ落としたのですか?」
062 藤井 「拾ったので」
063 森本 「拾ったから落としたのですか?」
064 藤井 「むしろ物理法則に従えば
足下のものは拾わなければまず落とせませんよ」
065 森本 「それはそうかもしれませんがそういった力学的な話ではなくて」
066 藤井 「そういった話ではないのならどういった話ですか?」
067 森本 「拾ったのになぜ私に渡してくださらないのですか?」
068 藤井 「拾った時点で目的は果たされたと思いまして」
069 森本 「今度ばかりは渡してくださいと言ったじゃないですか」
070 藤井 「物覚えが悪くて申し訳ない」
071 森本 「とりあえず取ってください」
072 藤井 「なにをですか?」
073 森本 「ボールペンを」
074 藤井 「どの?」
075 森本 「あなたの足下の」
076 藤井 「え?なんて言いました?」
077 森本 「あなたの足下のボールペンを取ってください」
078 藤井 「すいません。もう一度お願いしてもよろしいですか?」
079 森本 「あなたの足下に私のボールペンがあるので取ってください」
080 藤井 「よく聞こえなかったのでもう一度お聞きしてよろしいですか?」
081 森本 「ふざけているんですか」
082 藤井 「え?」
083 森本 「ふざけているんですかと言いました」
084 藤井 「それは聞こえていたのですが」
085 森本 「それは聞こえるのですね」
086 藤井 「なんで
いきなりふざけているとか言われなければいけないのですか?」
087 森本 「いえ、それは」
088 藤井 「わたしは真剣にあなたの話を聞こうと励んでいるのに
そんな言い方をされるのはいささか心外です」
089 森本 「申し訳ありませんでした。私の勘違いで不快な思いをさせてしまい」
090 藤井 「いえ、分かっていただけるならいいのですが」
091 森本 「本当にすいませんでした。
ところで、足下のボールペンを取っていただけませんか?」
092 藤井 「ボールペンですか?」
093 森本 「はい。あなたの足下に落ちてしまいまして」
094 藤井 「取ればいいのですか?」
095 森本 「取ったら渡してください」
096 藤井 「誰にですか?」
097 森本 「誰とは?」
098 藤井 「誰に渡せばいいですか?」
099 森本 「私に渡してください」
100 藤井 「なにをですか?」
101 森本 「ボールペンをです」
102 藤井 「どのボールペンをですか?」
103 森本 「あなたの足下のです」
104 藤井 「このボールペンですか?」
105 森本 「そうです」
106 藤井 「取りました」
107 森本 「私に渡してください」
108 藤井 「それは構いませんが一つ質問してもよろしいですか?」
109 森本 「いいですよ。なんでしょうか?」
110 藤井 「今のはウケを狙ったわけではないですよね?」
111 森本 「なんの話ですか?」
112 藤井 「私に渡してというのは」
113 森本 「もちろんウケは狙ってません。むしろいま気がつきました」
114 藤井 「ですよね。大丈夫ですよね」
115 森本 「ええ、大丈夫ですからボールペンを渡してください」
116 藤井 「はい、了解しま・・・ふふっ」
117 森本 「どうかしましたか?」
118 藤井 「くっ!ふ・・・じわじわきてしまいました・・・ふふっ!」
119 森本 「え、な、なにがですか?」
120 藤井 「私に渡し・・・・・・くふっ!」
121 森本 「・・・・・・えっと、とりあえずボールペンを私に」
122 藤井 「くっ・・・ふは!ふははははは!!」
123 森本 「え、ちょ、
じわじわと笑いが押し寄せた結果どれだけ笑っているんですか」
124 藤井 「申し訳ないです。
私、普通の人よりも少しばかり笑いの沸点が低くてですね」
125 森本 「そうなのですか。それはともかく私のボールペンをですね」
126 藤井 「ボールペン?何の話でしょうか?」
127 森本 「あなたの手に・・・
笑い過ぎて手から落ちたあなたの足下に落ちているペンを
取っていただきたいのですが」
128 藤井 「え?なんて言いました?」
129 森本 「あなたの足下のボールペンを取っていただけませんか?」
130 藤井 「すいません。聞こえにくくて」
131 森本 「あなたの足下のボールペンを取ってください」
132 藤井 「もう一度お願いします」
133 森本 「すいません、自分で取ります」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む