日常会話

原作者 きなもち
登場キャラ数 男:2女:0無:0
ジャンル 日常
セリフ数 127
目安時間 8分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
坂口
(さかぐち)
64 特に言う事はありません
(はら)
63 別段書く事はないです

サークル情報

001 坂口 「はー・・・・・・」
002 「・・・・・・うん」
003 坂口 「あー、あぁ・・・」
004 「なぁなぁ坂口」
005 坂口 「ん、なに?」
006 「問題な」
007 坂口 「クイズ?クイズ?」
008 「おう、おう、いくで?いくで?」
009 坂口 「おぉ来い来い」
010 「上は大火事、下は洪水、これ、なーんだ?」
011 坂口 「アホかお前そんなん風呂に決まってるやん!」
012 「ブー!」
013 坂口 「え、ちゃう?ちゃうの?」
014 「お前な?な?」
015 坂口 「おう、おう」
016 「問題よく聞けよ?ええか?ええか?」
017 坂口 「ええよ、言うて言うて」
018 「上が大火事で・・・ええな?な?上が大火事で、下が洪水なんよ」
019 坂口 「上が大火事・・・」
020 「わかるか?わかるか?」
021 坂口 「あ!上が・・・あー!逆か!逆かー、引っかかったー!
んで答え何?答え何なん?」
022 「あんな、正解は・・・言うで?ええか言うで?」
023 坂口 「いやいや言うてや言うてや、はよ頼むわ」
024 「あんな、正解は・・・大災害」
025 坂口 「あー!そういうことかー!」
026 「な!?な!?引っかかったやろ!?」
027 坂口 「引っかかったわー!」
028 「せやろー!・・・うん」
029 坂口 「・・・・・・せやな・・・うん」
030 「・・・・・・はー」
031 坂口 「うん・・・・・・うん」
032 「え、お前」
033 坂口 「なに?なになに?」
034 「お前それなに食うてんねん」
035 坂口 「何って見りゃ分かるやろ」
036 「いやいや、言うてや。答えてや」
037 坂口 「答えてって、なんでよ」
038 「ええから言うてみ?ほら」
039 坂口 「ぇえー・・・えーっと、食パンとおにぎり」
040 「お前それどんな食い合わせやねん!」
041 坂口 「ええやんか!俺が何をどう食うてもー!」
042 「しかもお前それ完全に『炭水』と『化物』やんか!」
043 坂口 「いやいやいや、『炭水』と『化物』やのうて両方とも『炭水化物』や!」
044 「あぁそうなん?」
045 坂口 「そんな二人一組みたいな感じちゃうから!」
046 「そうなんや、へー」
047 坂口 「せやでほんまに・・・うん」
048 「・・・・・・・・・お前さ」
049 坂口 「なに?」
050 「ヒンドゥースクワットって知ってる?」
051 坂口 「あぁ知ってる・・・いや聞いたことはある。よくは知らんけどな」
052 「そうなんや」
053 坂口 「んでなに?それがどうしたん?」
054 「いやまぁそのな」
055 坂口 「うん、なに?」
056 「俺もよく知らんから何かなー思て」
057 坂口 「あぁーなるほどねー」
058 「うん、そうなんよ」
059 坂口 「なるほどねー・・・」
060 「うん・・・そうなんよな・・・」
061 坂口 「そっかー・・・」
062 「・・・・・・あの」
063 坂口 「なに?」
064 「いやあのー・・・・・・あ、お前さ、お前さ」
065 坂口 「おぉうん、なになに?」
066 「貧乳の美人と巨乳のブサイクやったらどっちがいい?」
067 坂口 「え、貧乳の美人と、ブス!?」
068 「うん、ブスブス」
069 坂口 「せやったら普通に美人がええわ」
070 「ただし、ただしな」
071 坂口 「おぉ、なによ」
072 「ただし貧乳の方は、仕事もしないし家の事もしないし、
料理も出来なければ頭も悪いし性格も悪い」
073 坂口 「いやいやいや!せやったら巨乳のブスの方がええわ!」
074 「ブスの方がええ?ブスの方が」
075 坂口 「ブスの方がって言うな。俺かて優しさを欲してるんじゃ」
076 「あ、ちなみに巨乳のブスも同じ条件」
077 坂口 「・・・ほんならどっちも嫌やわー!」
078 「どっちも嫌?どっちも?」
079 坂口 「嫌やわ、そんなん関わりとうない!」
080 「じゃあ、じゃあ、キスできるなら?」
081 坂口 「・・・美人かなー」
082 「せやろほらー!これやー!」
083 坂口 「ちゃうって!ちゃうってば!」
084 「なんやねん何が違うねーん!」
085 坂口 「そんなんお前・・・せっかくならちょっとは得したいやんか」
086 「お前!お前ー!ほらお前ー!」
087 坂口 「いやいやいや、何やねん『ほらお前ー』て、
他の言葉省いて『ほら』と『お前』だけを投げかけられたん初めてやわ」
088 「やらしいわー!」
089 坂口 「やらしないわ!」
090 「やらしー!」
091 坂口 「せやったら、お前はどっちがええねん」
092 「え、なにが?なにが?」
093 坂口 「貧乳の美人と巨乳のブサイク、キスするんやったら」
094 「そんなんお前ー・・・なぁ?」
095 坂口 「なぁやなくて答ええや」
096 「・・・そんなん美人がええに決まっとるやん」
097 坂口 「せやろがー!ほらー!」
098 「なんやねんな!ええやんか!ええやんか別にー!」
099 坂口 「ほらー!お前ほらー!」
100 「なんやねんな!『お前ほら』てなによそれ!リアクションに困るわ!」
101 坂口 「だから言うてるやんかー!困るやろ!?」
102 「困るなー!」
103 坂口 「な!?」
104 「ほんまになー!ほんま・・・うん・・・」
105 坂口 「・・・ん、せやな・・・・・・」
106 「・・・そうなんよなー」
107 坂口 「・・・・・・あ、ほんなら、ほんならな」
108 「うん、なになに?」
109 坂口 「お前、貧乳の美人とな」
110 「おぉ、貧乳の美人と」
111 坂口 「巨乳のおっさんならどっちがええ?」
112 「おー!こーれーはー美人かなー」
113 坂口 「美人かー。・・・美人かー」
114 「せやなー・・・うん」
115 坂口 「せやろなー・・・せやな」
116 「・・・・・・ほんまになー」
117 坂口 「うん・・・うん」
118 「・・・あ!」
119 坂口 「え、なに?なになに?」
120 「じゃあ俺そろそろ帰るわ!」
121 坂口 「あ、もうそんな時間!?」
122 「うん、もう帰らなあかんから」
123 坂口 「そっかそっか、えーじゃあ、忘れ物とかない?」
124 「うん、あるある多分ある」
125 坂口 「そっか、ほんならまぁ・・・またな!」
126 「おう、じゃあまた今度!」
127 坂口 「ういーっす・・・はぁー・・・・・・結局あいつ誰だったんだろ?」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む