魂の言葉『第0話・始まりと終わり』

原作者 雪宮ざんか
登場キャラ数 男:4女:3無:0
ジャンル ファンタジー
セリフ数 257
目安時間
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
魂の言葉シリーズ
魂の言葉『第1話・終わりと始まり』
5人(♂:3♀:2)
台本→こちら

特設サイト→こちら
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
清水 隼人
(しみず はやと)
70 年齢26歳。
昔から記憶力と視力が良く、
現在それを生かした仕事をしている。
桜木たちと同じ高校に通い、
当時は弓道部でエースになるほどの腕前だった。
桜木とは幼馴染。
川島とは中学時代同じ塾だった。
桜木 彩人
(さくらぎ あやと)
62 年齢25歳
清水たちと同じ高校に通い、
当時は様々な部活を体験したものの
最終的に帰宅部。
その後、叔父の後を継ぎ鍛冶屋になる。
ただし、容姿からは鍛冶をやっているとは
思えないほど華奢なため、
付いたあだ名は『細腕の鍛冶屋』
清水とは幼馴染。
大橋 透
(おおはし とおる)
13 年齢26歳
清水たちと同じ高校に通い、
同じクラスになったときに、
清水たちと仲良くなる。
当時は剣道部のエース。
剣道部では神扱いされるほど腕前。
その後、剣道教室の先生になり、
日々剣道と共に生きる。
川島 亜美
(かわしま あみ)
41 年齢26歳
清水たちと同じ高校に通い、
同じクラスになったときに、
清水たちと仲良くなる。
同窓会の2日前に会社の上司と喧嘩をして退職。
現在、実家の喫茶店を手伝っている。
清水とは中学時代同じ塾だった。
蒼葉 小春
(あおば こはる)
26 年齢25歳
亜美と中学が同じで、
亜美に清水たちを紹介されその後仲良くなる。
現在、叔母が個人でやっている
塾の手伝いながら子供達に勉強を教えている。
本城 悟
(ほんじょう さとる)
19 年齢26歳
清水たちと同じ高校。
当時、生徒会に所属して、
最終的に生徒会長として学校生活を謳歌していた。
飛騨 めぐみ
(ひだ めぐみ)
26 年齢28歳
清水たちと同じ高校の先輩。
あだ名は『ミス・タイフーン』
当時、生徒会に所属していた。
学校、特に隼人たちの学年ではかなり有名人。
気に入った生徒を見つけると後ろから抱きつく
癖があり、被害者多数。
その中の一人が桜木。

サークル情報

001 ト書き 桜木家、山奥の工房
002 桜木彩人 「高校の同窓会ねー・・・。今更なんで?」
003 清水隼人 「しらねーよ。主催に聞いてくれ」
004 桜木彩人 「じゃー主催って誰?」
005 清水隼人 「本城」
006 桜木彩人 「本城?・・・誰?」
007 清水隼人 「んー・・・頭脳派メガネ」
008 桜木彩人 「頭脳派メガネ・・・あぁー芳川(よしかわ)と一緒に居た」
009 清水隼人 「それは本堂だな」
010 桜木彩人 「えー・・・じゃー分かんないや。
と言うか高校ってもう何年前だ?」
011 清水隼人 「んー8年前くらいだな」
012 桜木彩人 「8年前かぁー・・・。
まさか、26にもなって高校の同窓会に誘われるなんて思わなかった」
013 清水隼人 「まぁー俺もまさか8年後にこんな電波も届かない山奥までこれを
伝えるためだけにお前に会いに行く羽目になるとは思わなかった」
014 桜木彩人 「めんどくさいなー」
015 清水隼人 「あっ断るの無しな」
016 桜木彩人 「え!?」
017 清水隼人 「いやー実は同窓会明日なんだわー。
桜木彩人(さくらぎあやと)は出席します
ってもう出してあるんだよなー」
018 桜木彩人 「は!?」
019 清水隼人 「すべて電波の届くところに居なかったお前が悪い」
020 桜木彩人 「しょうがないだろー。だいたい俺にだって予定が」
021 清水隼人 「ないだろ?
明後日まで鍛冶に必要な材料が届かないから予定はすべてなし」
022 桜木彩人 「・・・」
023 清水隼人 「だいたい、なんでこんな山奥に工房構えたし」
024 桜木彩人 「それは・・・”こえ”・・・がね・・・」
025 清水隼人 「あぁーそうだな・・・」
026 桜木彩人 「あぁー明日?・・・めんどくさいな」
027 清水隼人 「そんなこと言うなって。蒼葉さんも来るらしいぞ」
028 桜木彩人 「・・・」
029 清水隼人 「おっちょっと行く気になっただろ?」
030 桜木彩人 「いや・・・別に・・・」
031 清水隼人 「いやームキムキになってなくてよかったな。
蒼葉さんって筋肉好きそうじゃないし」
032 桜木彩人 「まぁーな」
033 清水隼人 「あー蒼葉さんは覚えてるんだな」
034 桜木彩人 「それは・・・」
035 清水隼人 「というか、その細腕で鍛冶って」
036 桜木彩人 「仕方ないだろ」
037 清水隼人 「・・・ほどほどにしろよ」
038 ト書き 同窓会会場
039 桜木彩人 「結構、人居るな〜」
040 清水隼人 「まぁー会費なくてこんな豪華なところで飲食できるしな」
041 桜木彩人 「え?」
042 清水隼人 「なんか、本城の知り合いがやってるところらしくて」
043 桜木彩人 「本城?」
044 清水隼人 「同窓会の主催」
045 桜木彩人 「あぁー・・・昨日言ってた頭脳派メガネ」
046 清水隼人 「はぁ・・・まだ思い出せてなかったのか・・・」
047 桜木彩人 「本堂は思い出したんだけどな」
048 清水隼人 「んー川島たちどのへんに・・・」
049 川島亜美 「あれって隼人かな?隼人〜遅かったじゃんーこっちこっち」
050 蒼葉小春 「・・・」
051 川島亜美 「んー聞こえてないみたいだね〜。小春、ちょっと行ってくる」
052 蒼葉小春 「うん」
053 桜木彩人 「川島も居るのか」
054 清水隼人 「よかった、川島は覚えてたな」
055 桜木彩人 「まぁーな」
056 清水隼人 「あいつらどこに・・・」
057 川島亜美 「隼人ーおひさ〜」
058 清水隼人 「おぉーいたいた」
059 川島亜美 「いたいたじゃない、呼んだんだぞ」
060 清水隼人 「え?聞こえなかったぞ」
061 川島亜美 「って桜木!?変わってないねー」
062 桜木彩人 「いやいや、川島だって全然変わってないじゃん。
一発で分かったわー」
063 川島亜美 「それは『今も高校生並みにピチピチだね』っと言っているのかい?」
064 桜木彩人 「・・・」
065 川島亜美 「そこ、無言にならない!
あーとりあえず、小春待たせてるし、行くよ」
066 清水隼人 「もう揃ってる感じ?」
067 川島亜美 「君たちで最後」
068 清水隼人 「まじか」
069 桜木彩人 「最後?」
070 川島亜美 「というか、あそこだから。私先行くね」
071 清水隼人 「はいー」
072 桜木彩人 「・・・」
073 清水隼人 「それにしても、見事に高校時代つるんでたもの同士で
グループになってるな」
074 桜木彩人 「同窓会なんてこんなもんだろ」
075 清水隼人 「せっかく、久々に会ったのだから高校時代
あまり話せなかった人と話そうとか思わないものか?」
076 桜木彩人 「じゃーお前が行って来ればいい」
077 清水隼人 「えぇ・・・それはちょっと」
078 桜木彩人 「ってなるからこーなるんだよ」
079 川島亜美 「小春、桜木いたよ?」
080 蒼葉小春 「うん・・・」
081 川島亜美 「もぉー小春は相変わらず可愛いね」
082 蒼葉小春 「えっ!?」
083 川島亜美 「桜木、全然変わってなかったよ〜」
084 蒼葉小春 「そっか・・・」
085 清水隼人 「でもさー」
086 桜木彩人 「そんなもんだろー」
087 川島亜美 「やっと、きた。君たちは相変わらず仲がいいねー」
088 清水隼人 「やっとって・・・」
089 桜木彩人 「なぁー隼人・・・」
090 飛騨めぐみ 「あれ?あれはー・・・彩人だー!おひっさ〜」
091 桜木彩人 「うわっ」
092 清水隼人 「おっと」
093 飛騨めぐみ 「彩人は来ないと思ってたのに〜嬉しいな〜」
094 桜木彩人 「この声・・・。め、めぐみ抱きつくな!はなせ」
095 飛騨めぐみ 「おぉー名前覚えててくれたんだ〜嬉しいな」
096 川島亜美 「ひ、飛騨先輩!?お久しぶりです!」
097 飛騨めぐみ 「おぉーあみあみじゃん!おひさ〜」
098 蒼葉小春 「・・・飛騨先輩、お久しぶりです」
099 飛騨めぐみ 「あれ?こはるん?うわぁーこはるんだ〜。また、可愛くなった?」
100 桜木彩人 「あのー、人に抱きつきながら話すのやめてもらえません?」
101 飛騨めぐみ 「あっ本城に呼ばれてたんだった!じゃーまたね!」
102 桜木彩人 「・・・」
103 清水隼人 「さすが、ミス・タイフーン」
104 川島亜美 「というかさ」
105 蒼葉小春 「なんで先輩が?」
106 大橋透 「なんか、上の階で先輩たちも同窓会やってるらしくて」
107 川島亜美 「へぇー」
108 大橋透 「で、飛騨先輩は僕たちの同窓会の
シークレットスペシャルゲストとしても呼ばれてて」
109 清水隼人 「まぁー飛騨先輩を抜きに俺たちの高校生活は語れないもんな」
110 川島亜美 「シークレットなのに会場歩き回ってるのはいいの?」
111 大橋透 「さっき、本城君が頭抱えてましたよ」
112 蒼葉小春 「ふふふ」
113 桜木彩人 「・・・ところで」
114 清水隼人 「ん?」
115 桜木彩人 「誰だっけ?」
116 大橋透 「え!?」
117 清水隼人 「大橋透だよ」
118 桜木彩人 「おおはし・・・とおる?あぁー駄目だ。思い出せない」
119 清水隼人 「大橋落ち込むな。本城のことも忘れてたんだこいつ」
120 桜木彩人 「1学年に300人以上居るのが悪いと思う」
121 大橋透 「ま、まぁ、8年も前だし、しょうがないよね。あははは」
122 川島亜美 「あぁー!大橋君かぁー!やっと思い出したわ!」
123 大橋透 「さっきまで話してたのに!?」
124 蒼葉小春 「・・・」
125 川島亜美 「小春?・・・ほら、剣道大会で優勝したりしてた」
126 蒼葉小春 「あっ・・・」
127 大橋透 「・・・」
128 清水隼人 「お、大橋は今何してるんだ?」
129 大橋透 「え?あ、あぁー今はね」
130 桜木彩人 「あぁー!思い出した!」
131 清水隼人 「やっとか」
132 桜木彩人 「プールの」
133 清水隼人 「それは大山な」
134 桜木彩人 「えー」
135 本城悟 「あーあーマイクのテスト・・・。んんっ。
みんな、今日は集ってくれてありがとー!
もう、みんな知ってると思うけどシークレットゲストで」
136 飛騨めぐみ 「みんな、おひさ〜」
137 本城悟 「飛騨めぐみ先輩も来てくれた。
今日は、せっかく集ったのだからいっぱい楽しんでって欲しい!
今日この会場に椅子がないのは、いつもの面子で集るだけではなく」
138 飛騨めぐみ 「あーあーみんなグラスは持った?」
139 本城悟 「ちょっ」
140 飛騨めぐみ 「・・・じゃー行くよ、乾杯!」
141 清水隼人 「・・・さすが、ミス・タイフーン」
142 桜木彩人 「めぐみ・・・」
143 川島亜美 「飛騨先輩は何年経っても変わらないね〜」
144 蒼葉小春 「ふふふ」
145 川島亜美 「というか、このお酒おいしい〜」
146 大橋透 「どこのだろう・・・」
147 川島亜美 「食事もってこよ〜。あっ大橋君、呼んでるよ」
148 大橋透 「え?あぁ、ありがと。ちょっと行ってくるね」
149 清水隼人 「おう」
150 桜木彩人 「・・・」
151 蒼葉小春 「・・・」
152 桜木彩人 「・・・。お久しぶり」
153 蒼葉小春 「う、うん・・・」
154 桜木彩人 「・・・」
155 蒼葉小春 「・・・」
156 清水隼人 「はぁー・・・。
蒼葉さん、こいつ、山で引き篭もってたって知ってた?」
157 蒼葉小春 「えっ?」
158 桜木彩人 「引き篭もってないし!」
159 清水隼人 「携帯の電波も通じなくてさ、大変だったわー」
160 桜木彩人 「悪かったな」
161 蒼葉小春 「ふふふ」
162 桜木彩人 「ひ、引き篭もってないからな?」
163 蒼葉小春 「ほんと〜?」
164 桜木彩人 「その・・・仕事場がそこにあって・・・」
165 清水隼人 「・・・」
166 川島亜美 「お疲れ様」
167 清水隼人 「あぁ」
168 川島亜美 「二人でちゃんと話してる?」
169 清水隼人 「多分、大丈夫だと思う」
170 川島亜美 「はぁー・・・あの二人はほんっと成長しないね」
171 清水隼人 「そうだな〜」
172 川島亜美 「というかさ、よく来たよね。
絶対めんどくさいからって理由で来ないと思ったのに」
173 清水隼人 「無理やり連れてきた」
174 川島亜美 「あぁー・・・お疲れ様」
175 清水隼人 「こうでもしないと一生あのままだろうし」
176 川島亜美 「そうだねー」
177 清水隼人 「はぁ〜」
178 川島亜美 「あれ?昨日は遅かったの?」
179 清水隼人 「いや、早くは寝たんだが・・・早朝から下山スタートだったからな」
180 川島亜美 「あははは・・・はぁ〜」
181 清水隼人 「うつったな」
182 川島亜美 「だね〜。
あっあくびって親密な関係であればあるほどうつりやすいんだって」
183 清水隼人 「へぇーそうなんだ」
184 川島亜美 「今適当に考えたんだけどね」
185 清水隼人 「え!?」
186 蒼葉小春 「ふーん!そうなんだ〜」
187 桜木彩人 「あぁ。・・・あ、あのさ・・・こ、小春はその・・・」
188 蒼葉小春 「ん?」
189 飛騨めぐみ 「あははは、みんな飲んでるね〜食べてるね〜」
190 本城悟 「そうでないと困る。
せっかくの同窓会だ、みんなには楽しんでもらいたいからな」
191 飛騨めぐみ 「そうだねー」
192 本城悟 「それより、準備の方はできているのか?」
193 飛騨めぐみ 「ばっちりだよー」
194 本城悟 「そうか」
195 飛騨めぐみ 「それより、見つかった〜?」
196 本城悟 「いや、まだだ」
197 飛騨めぐみ 「どうするの?」
198 本城悟 「なんとかなるだろう。とりあえず、始める」
199 飛騨めぐみ 「はーい。いやーみんなこれ見たら驚くだろうね〜」
200 本城悟 「サプライズだからな。それを開けれるなんて楽しみだ」
201 飛騨めぐみ 「・・・。そうだね。楽しみ」
202 川島亜美 「あははは、そんなことやってたの!?」
203 清水隼人 「あぁ」
204 川島亜美 「ばかだねー」
205 清水隼人 「仕方ないさ。・・・そろそろ戻るか」
206 川島亜美 「そうだね〜」
207 桜木彩人 「それにしても・・・」
208 蒼葉小春 「ん?」
209 桜木彩人 「川島も隼人もどこ行ったんだ?」
210 蒼葉小春 「そうだね」
211 川島亜美 「ばぁっ!」
212 蒼葉小春 「うわっ!?」
213 川島亜美 「おまたせ〜びっくりした?」
214 蒼葉小春 「うん」
215 川島亜美 「いやー小春は相変わらず可愛いね」
216 蒼葉小春 「うぅ・・・そんなことないよ」
217 桜木彩人 「どこ行ってたの?」
218 清水隼人 「高校時代にはあまり話せなかった人と」
219 桜木彩人 「え!?」
220 清水隼人 「話してはないけど」
221 桜木彩人 「・・・」
222 清水隼人 「見てきた」
223 桜木彩人 「なんだそりゃ」
224 本城悟 「あーあー入ってる?んんっ。
みんなー楽しんでるかい?いっぱい食べて飲んでくれよ〜
ここで、もうひとつのサプライズ!」
225 飛騨めぐみ 「・・・」
226 本城悟 「・・・。ひ、飛騨。準備準備」
227 飛騨めぐみ 「あっはーい」
228 本城悟 「んんっ。えー・・・ここでもうひとつのサプライズ!」
229 飛騨めぐみ 「スクリーンどーん」
230 本城悟 「俺たちの高校時代は、それはもう色々あったよな。
別の高校だったら絶対に味わえないようなこともあった・・・」
231 飛騨めぐみ 「本城の前置きは長いので、
とりあえず君たちの思い出をスクリーンに映すよースタート!」
232 本城悟 「ちょっ」
233 飛騨めぐみ 「編集とか超頑張ったので、見ながら楽しんでくれると嬉しいよー」
234 本城悟 「お前は、頑張ってないだろー!」
235 飛騨めぐみ 「えー頑張ったよ〜。ほら、DVDケースとか」
236 本城悟 「それはお前が勝手に作ったんだろ!だいたい・・・」
237 飛騨めぐみ 「ほら、そこに居たら邪魔だよー」
238 清水隼人 「あの二人ってあんなに仲良かったか?」
239 川島亜美 「んーどうだろ?」
240 蒼葉小春 「うわぁー懐かしいな〜」
241 桜木彩人 「・・・」
242 清水隼人 「きてよかっただろ?」
243 大橋透 「いやーつい話し込んじゃったよ。おまたせー」
244 清水隼人 「・・・」
245 川島亜美 「おかえり〜」
246 清水隼人 「いまさらだが、なんで大橋って俺たちとつるんでたんだっけ?」
247 大橋透 「し、清水君まで・・・」
248 桜木彩人 「あっ・・・あれは・・・」
249 清水隼人 「ん?・・・あっ」
250 蒼葉小春 「・・・」
251 川島亜美 「あれってさー」
252 本城悟 「というわけで、ストップ!今映った”あれ”をみんな覚えてるかい?
今日はなんと、この会場に持ってきたんだ!」
253 飛騨めぐみ 「じゃじゃじゃーん」
254 本城悟 「今日を同窓会にした理由・・・
勘の良いやつはもう分かってるとは思うが、
これが本当のもうひとつのサプライズ!
今日、ここで"これ"を開けたいと思う!」
255 飛騨めぐみ 「・・・」
256 本城悟 「じゃー飛騨先輩。お願いします」
257 飛騨めぐみ 「・・・ふふふ」
258 清水隼人 『・・・最後に覚えているのは、激しい揺れと眩い光・・・
”あれ”を開けるときに見せた飛騨めぐみの不気味な笑顔・・・
そして俺たちの記憶はここで途絶えた』
259 ト書き 次回に続く・・・。
劇で使用するさい、締まりが悪かった時用に次回予告書いておきました
これは、読んでも読まなくてもどっちでもいいです
260 大橋透 「同窓会の日、すべてが始まりすべてが終わった。
本城がサプライズで持ってきた”あれ”と飛騨めぐみの笑顔。
激しい揺れと眩い光・・・。僕たちの記憶の先に待つものとは・・・。
魂の言葉『第1話・終わりと始まり』
神の悪戯と思惑が交差するこの世界。
貴方の言葉は届くのだろうか・・・」
▲ Page Top
ツイート
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む