エモ☆

原作者 魚花ほっけ
登場キャラ数 男:0女:3無:0
ジャンル コメディ
セリフ数 222
目安時間 16分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
月影 美兎
(つきかげ みと)
85 兎のように活発な女の子。この中ではまともな方?
通称、うさぎ。
磯貝 海莉
(いそがい かいり)
72 海のように心が広い女の子(?)情報通で若干腹黒
通称、うみ。
山口 愛桜
(やまぐち あいら)
65 天然系、ちょっとずれてる女の子。
我が道を行くマイペース
通称、さくら。

サークル情報

001 ト書き 教室(昼休み)
002 美兎 「いっせーのー、2!!」
003 海莉 「んー、1」
004 愛桜 「んーーー、エモ!!・・・うっし!!」
005 美兎 「エモって、何!?」
006 愛桜 「え!?エモはエモだよ」
007 海莉 「さくらはまた訳の分からないことを・・・状況から察するに0って事かな?」
008 愛桜 「そうだよぉ、エモは0に決まってんじゃ~ん」
009 美兎 「いや決まってないし、ていうか、それなら0でいいじゃん!!」
010 愛桜 「えーー、だってこのゲーム、『エモ』って名前でしょ?
だから、エモは0以外ありえませんな☆」
011 美兎 「え?名前は『いっせーのーせ』でしょ?」
012 海莉 「名前については、『いっせーのーせ』『ちっち』『ルンルン』
『指スマ』『ギンギラギン』『前田前田』などなど色々あるらしいよ」
013 愛桜 「おおお、さすがうみちゃん☆詳しいね~」
014 海莉 「バーイ、ウィキペディカ」
015 愛桜 「んじゃ、続きしよっか~」
016 美兎 「というか、『いっせーのーせ』も飽きたー!!」
017 海莉 「ま、学校の昼休みっていったら、こういう簡単な遊びしか出来ないしね」
018 美兎 「携帯使用禁止、とかどんだけ時代遅れな校則だっつーの」
019 海莉 「勉強が学生の本分だっていうことなんだろうね」
020 愛桜 「も~二人とも文句言っててもしょうがないじゃーん、
こんな時こそ女子高生の行動力で
新しい遊びを考えてこうジャマイカ!?」
021 美兎 「おおお!!さくらにしてはいいこと言うじゃん!!」
022 海莉 「さくら、そう言うからには新しい遊び考えてるんだよね?」
023 愛桜 「モチのロン助よ☆名付けて鳴き声あてゲーム、わーパフパフ☆」
024 美兎 「なんか、名前からして面白くなさそうな・・・」
025 海莉 「とりあえず、やってみようか」
026 愛桜 「第1も~ん。めええええええええ、めええええええええ」
027 美兎 「えっと・・・ヤギ?」
028 愛桜 「ブーーーッ!!
正解は剣道部の俵田(たわらだ)くんの当たらない面の声でした~」
029 美兎 「わかるかーーーー!!!」
030 海莉 「え?有名でしょ」
031 美兎 「え!?」
032 海莉 「うさぎ知らないの?
俵田君はこのうるさい面のせいで、剣道部でハブにされてるんだよ」
033 美兎 「さすがうみ、情報通の名は伊達じゃない!!!」
034 愛桜 「では、第二も~ん」
035 美兎 「これ、まだやんの!?」
036 愛桜 「んもおおお、んもおおおお」
037 美兎 「・・・牛?」
038 愛桜 「ブッブーーーッ!!
正解は2組のガングロギャル白田(しろた)さんが発狂してる声でした」
039 美兎 「発狂ってなんだよ!!」
040 海莉 「主に白田さんのこの声が聞けるのは彼氏にフラれた時で、
語彙能力(ごいのうりょく)に欠ける白田さんは
『もう』の2文字に悲しみと怒りを込めている、フローム、ウィキペディカ」
041 美兎 「ウィキ万能説!?」
042 愛桜 「第3も~ん、どんどん行くよぉ~、ワォーーーーン、ワォーーーーン」
043 美兎 「犬・・・いや、英語の発音が良い2組の高橋君の泣き声!!」
044 愛桜 「なにそれ?正解はコヨーテの遠吠えでした~」
045 海莉 「コヨーテと高橋君を間違えるなんて、うさぎの耳は大丈夫なのかい?」
046 美兎 「なんで急に動物の鳴き声になったし!?
さっきまで人間シリーズだったじゃん!!
しかもコヨーテってオオカミとかじゃだめなの!?」
047 愛桜 「続きまして~第4も~ん・・・」
048 美兎 「ちょっと待ったーーー!!
さくら、あんたさっきから声のチョイスおかしいから!!」
049 愛桜 「俵田君と白田さんの事おかしいって2人に失礼だよ!!」
050 美兎 「おかしいってそういう意味じゃないから!!
なんで、鳴き声当てクイズのネタが
なんでそんなコアなのばっかなのかってこと!!」
051 愛桜 「鳴き声当てクイズじゃない!!鳴き声当てゲームだもん!!」
052 美兎 「細かいよ!!しかも、聞いてほしいとこそこじゃないから!!」
053 海莉 「いや、声劇の世界において
言葉の1つ1つは重要な意味をもっているから、統一した方がいい」
054 美兎 「声劇の世界って?」
055 海莉 「ああ、こっちの話だから気にしないで、それより話の続き」
056 美兎 「そ、そうね、とにかく鳴き声でやるなら、
もっと分かりやすい普通の動物にしてよ」
057 愛桜 「普通・・・?」
058 海莉 「うさぎ、さくらに普通を求めたら駄目だよ。
ここは1つ、例を出す意味もかねてうさぎが出題者になるのはどうかな?」
059 愛桜 「イイねイイね、うさぎちゃん、
君の普通というものを私に晒けだしてごらん!!」
060 美兎 「ちょ、さくら、キモい!!
もう、わかった、分かった!!やればいいんでしょ、やれば。
じゃ、じゃあいくよ・・・チ、チューチュー///」
061 愛桜 「ハイ!!お泊り会の時に発情したうさぎちゃん!!」
062 海莉 「正解!!」
063 美兎 「ちっがーーーう!!何よそれ!?
普通に考えたら、ネズミでしょ、ネ・ズ・ミ!!」
064 愛桜 「でもお泊り会の時いつもあんな感じだよ~?」
065 海莉 「確かにうさぎはお泊り会などのイベントになると、
キスや体をまさぐるなどの親父的行動をとるよね~」
066 美兎 「やめて!!そんなこともうしないから!!」
067 愛桜 「それにネズミだったら、
ピュイピュイとかキュッキュッって鳴き声じゃない?」
068 海莉 「いや、さくら、ネズミが猫や人間に襲われてる時に出す緊急時の声が
チューチューらしいから間違ってはないはずだよ」
069 美兎 「そんなリアルなとこ求めてるクイ・・・ゲームなのこれ!?」
070 愛桜 「つまり、ネズミが襲われ、
逃げ惑う時に出す悲鳴の声をうさぎちゃんは表現したってこと!?」
071 海莉 「そういうことになるね、恐ろしい場面を再現したものだよ、この子は」
072 美兎 「え?いや、そんなんじゃなくて、
単純に、一般的に言われている鳴き声を出しただけで・・・」
073 海莉 「おだまり!!そんなことを言って、
画面の前の動物学者の方が納得できると思ってるの!?」
074 美兎 「へ?画面の前?」
075 海莉 「でも、予想以上に問題を出す方も難しそうね」
076 愛桜 「どの動物がどんなシチュエーションで、
どんな感情を込めて出した声かを表現しなきゃいけないもんね」
077 美兎 「勝手に難易度が上がっている気が・・・」
078 海莉 「それじゃここらで、私も1問くらい問題を出そうかな」
079 愛桜 「お、うみちゃんの問題か~、これは期待できますな~」
080 美兎 「(ボソッと)意外と問題出す方は恥ずかしいんだよね、
うみにも恥ずかしい想いをしてもらいますか」
081 海莉 「んじゃ、さっそく。
『悠紀先輩、1年生の頃から好きでした、付き合ってください』」
082 美兎 「///」
083 愛桜 「うーん、誰だろう?」
084 海莉 「ちょっと難しかったかな?」
085 美兎 「ちょ・・・うみ、なんで、知ってるの!?」
086 海莉 「イッツ、ウィキペディカ」
087 美兎 「んなわけあるかぁ!!」
088 愛桜 「うさぎちゃんのこの焦りっぷり・・・
は!!わかった!!悠紀先輩に告白したうさぎちゃん!!」
089 海莉 「正解!!」
090 美兎 「もう鳴き声あてゲームはいいから!!うみ、どこで聞いた?
吐け!!さっさと吐いて楽になれ!!」
091 海莉 「うさぎ興奮しすぎだよ。
たまたま屋上で読書をしていた時、どっかのうさぎちゃんが
ド直球ストレートの告白&玉砕劇を見せてくれただけで・・・」
092 美兎 「玉砕劇言うな!!バカァ!!」
093 愛桜 「うさぎちゃんフラれちゃったの~?かわいそ~」
094 美兎 「・・・///」
095 海莉 「さくら、そんなにうさぎを追い詰めないであげて、
確かにうさぎはクラスの中では
容姿端麗、成績優秀、文武両道、完璧超人みたいに言われているけど、
所詮は井の中の蛙、いざ大海に出たら、玉砕してしまうというね、ワロス」
096 美兎 「うみ、貴方、私の不幸を確実に楽しんでるよね?」
097 海莉 「そんなことないよ!!
私は単純にフラれたうさぎを鳴き声当てゲームで
おもしろおかしく演出しただけだよ!!」
098 美兎 「開き直んな!!これでも結構傷ついてんだよ!!(泣)」
099 愛桜 「こんなに可愛いうさぎちゃんを
フッちゃうなんて悠紀先輩もおバカしゃん☆」
100 美兎 「他に、好きな人がいるらしいんだって。こればっかりはしょうがない・・・」
101 海莉 「可愛いってのは否定しないんだ」
102 美兎 「そこは流してもいいでしょ!!」
103 愛桜 「ま、そんな可愛いうさぎちゃんをフッちゃう悠紀先輩の好きな人ってのが
白田さんってのが意外だよね~」
104 美兎 「・・・は!?え?あのガングロコギャルの!?」
105 海莉 「そうそう、あの黒い塊に悠紀先輩はぞっこんラブなのですよ」
106 愛桜 「悠紀先輩はゲテモノ好きだったんだね~。
それじゃあ、正統派美少女のウサギちゃんには、なびかないよね~」
107 美兎 「ちょっと二人とも白田さんにひどくない・・・?
というか、さすがにその情報は・・・」
108 海莉 「ま、イケメンであるが故に、自分にないものを求めてしまう、
はぁ、人間とはなんと愚かな生き物なんでしょうね」
109 愛桜 「そういえば、悠紀先輩ってなんでかパラパラ同好会入ってるよね~」
110 海莉 「愛ゆえに自ら修羅の道に飛び込む・・・イケメンはつらいねぇ~」
111 美兎 「え・・・嘘・・・ガチ?」
112 海莉 「ま、信じるか信じないかは自由だけど」
113 美兎 「信じれないけど・・・うみの情報はいつも正確だからな・・・」
114 海莉 「嬉しいこと言ってくれるじゃない」
115 美兎 「あーあ、ってことは白田さんと先輩が付き合うのも時間の問題か~」
116 海莉 「ところがどっこい、そうは問屋が卸さない!!」
117 愛桜 「お、ここで波瀾の展開!?ワクワク」
118 美兎 「いやいや、白田さんいつでも彼氏募集中みたいな子だし、
波瀾なんて・・・」
119 海莉 「もし、白田さんに好きな人がいたとしたらおもしろくない!?」
120 美兎 「それは・・・別に驚かないよ?
っていうか、白田さんいろんな人に
好き好き言ってるイメージなんだけど・・・」
121 海莉 「ところで、この写真に写ってるのは誰だと思う?」
122 愛桜 「・・・女の子?」
123 美兎 「ウチの制服着てるけど、見たことないな」
124 海莉 「この女の子・・・白田さんです」
125 美兎
愛桜
「・・・えええええええええ!!!」
126 美兎 「う、うそでしょ?だって、色白いよ!?」
127 愛桜 「目だって、こーんな小さいし!!」
128 海莉 「メイクってすごいよね」
129 美兎 「というか、もう別人じゃん!!でも、スッピンなんてよく撮れたね」
130 海莉 「ああ、見られるのは放課後限定なんだけどね」
131 愛桜 「放課後?」
132 海莉 「そ、白田さんは部活中だけ顧問がうるさいから、
メイクを落とさないといけないのよ」
133 愛桜 「白田さんがすっぴんになってまで、やりたい部活?
超絶悶絶きりもみ大旋風デラックス五所川原ボンバー部?」
134 美兎 「何する部活よ!!!それ!?」
135 海莉 「さくら~、白田さんがそんな熱血青春ガールに見えるの?
その部活動がやりたいわけじゃなくて、もっと別の目的があるのよ」
136 美兎 「別の目的・・・は!!まさか!?」
137 海莉 「うさぎ、気づいたみたいね。そうコレのためよ、コーレ」
138 ト書き 海莉、親指を立てる
139 愛桜 「・・・お父さん?
まさか、お父さんが人質にとられて仕方なく部活動に!?」
140 美兎 「違う!!どんなサスペンス展開!?
そうじゃなくて、その部活に白田さんの好きな子がいるんだよ!!」
141 愛桜 「ええええええええ!!!」
142 海莉 「そういうことになるね、
実際、彼女はマネージャーとしてその部に入部してるし」
143 美兎 「でも、さすがに部活の誰が好きかまでは分からな・・・」
144 海莉 「わかるよ」
145 美兎 「え!?」
146 海莉 「じゃ二枚目、これも白田さんの部活の写真なんだけど、どこだと思う?」
147 愛桜 「竹刀が映ってるってことは剣道部?」
148 海莉 「正解。その剣道部でほかの部員にハブかれてるにも関わらず、
白田さんが積極的に絡みに行っている人物が1人だけいる」
149 美兎 「ま、まさか!!」
150 海莉 「そう、剣道部の俵田君よ」
151 愛桜 「超展開きたーーーー!!」
152 海莉 「ま、というわけで、
白田さんはすっぴんになるくらい好きな俵田君がいる限り、
うさぎのセカンドチャンスは残ってるわけよ」
153 美兎 「悠紀先輩の趣味が変わらないと、
限りなく望みの薄いチャンスなんだけど・・・」
154 愛桜 「フラれたのに再度アタックし続けるうさぎちゃん!カッコいいっ♪
そこにしびれる☆あこがれるぅ☆」
155 美兎 「なに?なんで再告白しなきゃいけない流れになってんの!?」
156 海莉 「この時のうさぎは、まさか月1で告白しなければならなくなるとは
知る由もないのであった・・・」
157 美兎 「いや、なに予告編みたいに語ってんの!?
やらないよ!!月1告白とかやらないよ!!」
158 愛桜 「え~やらないの~?」
159 海莉 「うさぎちゃんノリわる~い」
160 美兎 「あんたたち、ここぞとばかりに女子高生のノリで生きなきゃ!!
みたいな攻め方してきたね、
何と言われようとやらないものはやりませんから!!」
161 海莉 「ノリでまた面白いものが見れると思ったのに・・・」
162 愛桜 「また新しい遊び考えなきゃか~」
163 美兎 「遊び・・・恐ろしい子、ん?
あ、ごめん二人ともなんか呼ばれたから行ってくる~」
164 愛桜 「わかった~、いてら~」
165 海莉 「いってらっしゃーい」
166 ト書き 美兎、席を外す
167 海莉 「ホントうさぎは人気者だね、いろんなところから引く手数多、って奴だね」
168 愛桜 「考えすぎじゃな~い?単純に教科書忘れて貸してほしいとか?」
169 海莉 「さくら甘い。
この声劇の展開的にそんな一般イベントで終わるわけがないでしょ」
170 愛桜 「確かにそうだね~」
171 海莉 「メタ発言が流された・・・これだから天然キャラは・・・」
172 愛桜 「あ、うさぎちゃん帰ってきた~」
173 ト書き 美兎、二人の元に帰ってきた
174 愛桜 「おかえり~」
175 美兎 「ただいま・・・」
176 海莉 「どうしたの?暗いけど、なんかあったの?」
177 美兎 「それが・・・」
178 海莉 「ん?」
179 美兎 「告白、された・・・」
180 愛桜
海莉
「・・・ええええええええええ!!」
181 愛桜 「え?だれだれ?相手誰!?」
182 海莉 「そうよ、相手誰よ?場合によっちゃ」
183 愛桜 「お母さん黙ってないわよ!!」
184 美兎 「2人に生んでもらった覚えはないわ!!!」
185 海莉 「そんなツッコミはいいから、相手の事を教えなさい!!」
186 美兎 「わかったわよ!!言うから、そんなに顔近づけないでよ、三組のた・・・」
187 愛桜 「田中君!?あのバスケ部でイケメンの!?」
188 美兎 「ち、違う!!そんなイケメンの田中君じゃなくて、た・・・」
189 海莉 「竹之内君か~?
あの竹之内財閥の御曹司で金を湯水のごとく使うことで有名な・・・」
190 美兎 「ちっがーう!!
そんなお坊ちゃまが私を相手にしないって、そうじゃなくって、た・・・」
191 愛桜 「まさか!!!滝夜叉丸君!?」
192 美兎 「言わせろおおおおおお!!!
・・・ハァハァ、んじゃ言うけど、告白してきたのは、
田中君でも竹之内君でもなくて・・・俵田君です!!」
193 愛桜 「あ、うん、知ってたよ~」
194 海莉 「話の展開的に読めてたし」
195 美兎 「え?」
196 愛桜 「さっき呼ばれたとき、戸からAGO(エージーオー)見切れてたしね~」
197 海莉 「そうそう、あのしゃくれ上がったAGOがね」
198 美兎 「遊ばれてたわけか・・・てか、何だよAGOって!!
なぜにローマ字読み!?普通にあごって言えよ!!」
199 愛桜 「いや、うさぎちゃんあれはあごなんて可愛いもんじゃないよ!!
あれはAGOもしくはア・ゴー☆くらい言わないと表現できないよ!!」
200 美兎 「言い方そんな重要!?」
201 海莉 「まぁまぁ、AGO談義はおいといて、うさぎは返事はどうしたの?」
202 美兎 「いやそれが、告白したらそのまま走り去っちゃって・・・」
203 愛桜 「言いっぱなしジャーマンか・・・俵田やりおる!!」
204 海莉 「返事も聞かず帰るとは・・・」
205 愛桜 「もちろんOKするんでしょ?」
206 美兎 「え!?断るつもりだけど・・・」
207 愛桜 「なんで!?」
208 美兎 「なんで、って逆にOKなのがなんで!?って感じなんだけど・・・」
209 愛桜 「だって、うさぎ、悠紀先輩の事好きでしょ?」
210 美兎 「ま、フラれたけどまだ・・・すき、かな」
211 愛桜 「そんな悠紀先輩が好きな白田さんが
好きな俵田君がうさぎちゃんに告白した!!つまり!!」
212 美兎 「つまり?」
213 愛桜 「もう両想いと言っても過言ではない!!メイクユアブライダルロード☆」
214 美兎 「なんでそうなる!?」
215 海莉 「こうして、二人は幸せに暮らしましたとさ、おしまい」
216 美兎 「うまいこと、ハッピーエンドにしたと思うなよ!!」
217 海莉 「ええええ!?今すごい区切り良かったじゃん」
218 美兎 「区切りとか関係ないから!!」
219 海莉 「でも、もう時間が・・・」
220 ト書き チャイムが鳴る
221 愛桜 「キーンコーンカーン、コーーーーーーーーーン!!!!」
222 美兎 「なぜあらぶったし!?」
223 海莉 「とりあえず、話の続きはまた放課後ね」
224 美兎 「はぁ~、午後の授業だるいよ~」
225 愛桜 「んじゃ、またね~」
226 美兎 「はいはーい」
227 愛桜 「そんなこんなで私たちの日常はハチャメチャに過ぎていくのであった。
では最後に一言、、今が楽しければいいジャマイカ!!!
というわけで、皆様お疲れ様で・・・
え?オチが弱いんじゃないかって?
いやいや、オチとか求めんなし、大阪人かよ、
こんなgdgdを楽しめるのが女子高生ってことで、
ではまたどこかでお会いしましょう、
バイバイ☆」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む