テニスしようぜ☆

原作者 魚花ほっけ
登場キャラ数 男:3 女:1 無:0
ジャンル コメディ
セリフ数 193
目安時間
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを制作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
佐藤 蘭々
(さとう らんらん)
71 常にエロいことで頭の中は埋め尽くされており、
欲望のままに行動している。
通称、部長。
清水 良平
(しみず りょうへい)
61 純粋にテニスを楽しもうとしている。
この部唯一の良心(?)
通称、りょうちん。
杉田 瑠依
(すぎた るい)
44 冷静に状況を把握し、
的確に周りを観察している。
ボソボソっとしゃべるタイプ、暗い、ドS。
通称、杉。
関根 麗子
(せきね れいこ)
18 軽い気持ちで「LOVEテニス」に
見学に来たが、果たして・・・

サークル情報

001 ト書き テニスコート
002 佐藤蘭々 「暖かいやわらかな日差しは私の心を優しく振りほどき、
清らかな風はまるでワルツを奏でるように、穏やかな・・・」
003 清水良平 「部長?」
004 佐藤蘭々 「小鳥のさえずりはこの地の楽園へといざなう、まさに・・・」
005 清水良平 「あの!!部長!!」
006 佐藤蘭々 「お?おおお、りょうちん!!
どうだ?心躍っているか?テンションは有頂天か?
今なら、橋の上からI can fly(アイキャンフライ)
出来そうかい!?」
007 清水良平 「相も変わらず、我が道まっしぐらですね。
で、今日はなんでそんなにハイテンションなんですか?」
008 佐藤蘭々 「分からないのかい!?
俺は今、あるイベントのために英気を養っているんだよ」
009 清水良平 「あるイベント?・・・イベントなんてありましたっけ?」
010 佐藤蘭々 「はぁ!?
りょうちん、まさかこのビッグイベント知らないの!?」
011 清水良平 「す、すいません。でも大会は夏のはずだし、
先輩たちの送別会はこの前やりましたし・・・」
012 佐藤蘭々 「バッキャロー!!大会なんてサークル存続のため、
しーかーたーなく参加しているに過ぎない!!
先輩の送別会?去りゆく者に思いを馳せて我々に
何の得があるというのだ!!」
013 清水良平 「は、はぁ、んー、じゃあイベントって・・・」
014 佐藤蘭々 「えぇーっ、わかんないの!?んじゃ、ヒント、春!」
015 清水良平 「春・・・あーお花見ですか?でもまだ桜は咲いてな・・・」
016 佐藤蘭々 「このおたんこナース!!
花なんて見て、心穏やかにしてる場合か!?
縁側のおじいちゃんか?
もっと大学生らしい春のイベントがあるだろう!?
・・・じゃあ、第2ヒーント、去る者がいれば?」
017 清水良平 「去る者がいれば・・・大学生らしい春のイベント・・・
もしかして、新入生の部員勧誘の事ですか?」
018 佐藤蘭々 「そう、そうそう、それそれ!!
それなんだよ、りょうちん、知ってんじゃん!
部員勧誘知らんとか、どんだけ鈍感ボーイかと思ったぜ」
019 清水良平 「でも、ウチのサークルは勧誘してなかったですよね?」
020 佐藤蘭々 「はぁ?何言ってんの?これからするに決まってんじゃん」
021 清水良平 「え?もう入学式終わって、新入生帰ってるんじゃ・・・」
022 佐藤蘭々 「な、なぬーーーーーーーーー!!」
023 杉田瑠依 「ププッ・・・。部長の方が鈍感・・・」
024 佐藤蘭々 「む?この笑い声は・・・杉、来てたのか?」
025 清水良平 「あ、杉さん、おはようございます」
026 杉田瑠依 「おはよう・・・」
027 佐藤蘭々 「というか、杉はいつも真っ黒の服で。まっくろ黒助か!?」
028 杉田瑠依 「黒、好き・・・」
029 清水良平 「なんか魔法使いみたいですね」
030 佐藤蘭々 「その内ガチで黒魔法とか使いそうでで怖いわ!!」
031 杉田瑠依 「ん?呪いならできるよ・・・」
032 佐藤蘭々 「お、おぅ」
033 清水良平 「・・・そ、そういえば、今年は部員勧誘するんですか?
てっきり今まで通り、来る者拒まず、
去る者追わずスタイルで行くのかと」
034 佐藤蘭々 「んなわけあるかぁ!!ポカホンタス!!
今までそのスタイルでいった結果がこれだよ・・・」
035 杉田瑠依 「三年部員2名、二年部員1名」
036 佐藤蘭々 「そう・・・そして!何より問題なのが、男女比率!!
何この100%男汁。
すごく・・・ホモホモしいです・・・。うっさいわ、ボケェ」
037 清水良平 「ま、しょうがないですよ。
うちの大学、なぜかテニスサークルだけで3つもありますし。
しかもほかのテニスサークルは
50人以上の部員を常にキープして、
各種大会でも優秀な成績を残しているんですよね」
038 杉田瑠依 「それに比べてココは・・・。はぁ・・・」
039 佐藤蘭々 「はん、そんなこと関係ないね!!
なに?みんなテニスのプロにでもなりたいのか?
だったら、修三の元で修行してこいや!!」
040 清水良平 「修三って、松岡修・・・」
041 佐藤蘭々 「だいたいサークルとして活動してるんだから、
まずは楽しむことが優先でしょ!?
そういう意味において、我が部は最高なんですよ、
テレビの前の皆様!!」
042 清水良平 「テレフォンショッピング?」
043 佐藤蘭々 「サークル名だって【LOVEテニス】だよ!
LIKEじゃ飽き足らず、LOVEなんだよ!!
どんだけLOVE&PEACEだよ!!
すいませーん、お客様の中にLOVEに詳しい方は
いらっしゃいませんかー?はい!!
私が愛の伝道師です、きりっ☆ってな!!」
044 清水良平 「ま、テニスを楽しむってことにおいては
負けてないと思いますよ、部長」
045 杉田瑠依 「テニスは好きだ」
046 佐藤蘭々 「すばらしい部員を持って部長、感激だ!!
これで、何で部員増えないのか、意味わからん」
047 清水良平 「それは・・・えっと・・・あの、その・・・」
048 杉田瑠依 「部長がいるからでしょ・・・」
049 佐藤蘭々 「へっ?」
050 杉田瑠依 「部長が変人だから、人が来ない・・・」
051 清水良平 「ちょっと杉さん、ストレートすぎますって!!」
052 佐藤蘭々 「おい・・・杉、その話詳しく聞かせてもらおうか?」
053 杉田瑠依 「そのまんま。部長は顔がいいのに、
頭にウジが沸いたような事ばっか言うから、
このサークルは変態サークルだと思われてる・・・」
054 佐藤蘭々 「ほーう、りょうちん。杉が言ってることは本当か?」
055 清水良平 「あの、えっと、ほ、本当だと思います。
その噂、友達から聞いたことあります」
056 佐藤蘭々 「でも、おかしくないか?
仮に変態サークルと思われてるとしても、男だったら、
おもしろがって入るやつもいるんじゃないか?」
057 杉田瑠依 「しかも、部長が女に飽き足らず、
男にも手を出し始めたという噂も流れてる・・・」
058 佐藤蘭々 「なんでだよ!!女に飽き足らず男にもって!!
だいたい俺童貞だから、チェリー100%だっつーの!!
・・・はぁ、俺も昔からこんなキャラだったわけじゃなかった。
そう、アレは高校生の頃・・・
俺も他の高校生と同じく、人並みの思春期を迎えていた。
恋に恋する年ごろというか、
クソ真面目だった俺も例外ではなく、俺は恋をした。
ベタかもしれないが、クラスのマドンナ的存在の女の子にだ。
誰にでも明るく接していた彼女に俺は想いを寄せていたんだ」
059 杉田瑠依 「まさかの恋バナ展開・・・」
060 佐藤蘭々 「当たり前だけど、その子を好きな奴は他にもたくさんいて、
いつ彼氏が出来てもおかしくなかった。
そんなの耐え切れない!!
俺は意を決して、彼女を体育館裏に呼び出した」
061 杉田瑠依 「体育館裏って・・・」
062 佐藤蘭々 「俺は意を決して告白した。しゃれた言葉なんて言えない。
シンプルに『好きです、付きあってください』とだけ伝えた」
063 清水良平 「なんかドキドキしてきたんですけど」
064 佐藤蘭々 「彼女はゆっくりと口を開けるとこう言った・・・。
『(女声で)ごっめーん、真面目な人はちょっと無理、
また来世で面白い人なったら会おうね』
・・・てな」
065 清水良平 「うわー・・・」
066 杉田瑠依 「あぁ・・・」
067 佐藤蘭々 「なんだよ、真面目は無理って!!
それまでコツコツ生きてきた俺は悟ったね。
どんだけ硬派に生きていても、面白くなきゃ意味がない!!
俺は自由に生きてやる!!
はっちゃけてやる!!ってな」
068 杉田瑠依 「それで、今の変態な部長になったと」
069 佐藤蘭々 「変態じゃない!!ただ、性に・・・エロに正直なだけだもん」
070 清水良平 「部長が変たい・・・自由人になった理由はわかりましたが、
結局、現状のサークルへのイメージは変わらないわけで・・・」
071 杉田瑠依 「変態部長のせいで部員増えない・・・」
072 佐藤蘭々 「お前ら・・・
さっきから、俺のせいで部員増えないって言ってるけど、
お前らの責任でもあるんだからな」
073 清水良平 「え?僕たちの責任?」
074 杉田瑠依 「戯言を・・・」
075 佐藤蘭々 「まず、杉!お前、陰で何て言われてるか知ってるか?
あいつと目があったら、呪われるーだの、
この世に舞い降りた死神―だの、ダークな噂ばっかだよ!!」
076 杉田瑠依 「・・・///」
077 清水良平 「あれ?杉さん、顔赤いですよ」
078 佐藤蘭々 「なんで照れてんだよ!!褒めてねーから!!あと、りょうちん!
りょうちんにも責任の一端がある!!」
079 清水良平 「いやいや、部長、僕は何も悪いことしてないですよ」
080 佐藤蘭々 「ほうほう、そうかそうか。
ところで、りょうちん!ウチのサークルが
変態サークルというのを、友達から聞いたと言っていたな」
081 清水良平 「そうですよ、それが何か問題ですか?」
082 佐藤蘭々 「りょうちんが入っている部活なのにそんな悪い噂、
本人の前で言うかな?」
083 清水良平 「そ、それは、ノリですよ、ノリ。
その場のノリで面白い話のために、
しょうがなく話したんですよ!きっと」
084 佐藤蘭々 「でも、ノリとはいえ、本人の前ってのは、ちょっと変じゃないか?
仮にりょうちんがそこで怒ったら、
ノリなんて言ってられないだろ?」
085 清水良平 「た、確かにそうですけど」
086 佐藤蘭々 「そんなノリとかよりも、
もっと自然な考えをすれば答えは見つかるんじゃない?」
087 清水良平 「自然な考え?」
088 佐藤蘭々 「その噂を話してくれた友達は、
りょうちんが【LOVEテニス】に入っていることを
知らないんじゃないか!!」
089 清水良平 「へ?いやいや、それはないですよ。
だって、1年以上友達なんですよ。
入ってる部活くらい知ってますよ」
090 佐藤蘭々 「本当に?絶対その友達が知ってると言い切れるか?
その友達が知っている体でりょうちんにその噂を
話していたと思うか?」
091 清水良平 「そう言われると、あんなサークル入っているやつの
気がしれねえとか言っていた気が・・・」
092 杉田瑠依 「りょうちんは影が薄いから・・・」
093 清水良平 「・・・!!」
094 佐藤蘭々 「あぁ、俺もいつかは言ってやろうと思ってたんだけど、
りょうちんって何をしていても普通というか、
特徴がないというか・・・」
095 清水良平 「グサッ」
096 佐藤蘭々 「そう、一言で言うなら、面白みがないんだよ、人間として」
097 清水良平 「グサグサッ」
098 佐藤蘭々 「だから、印象にも残らない。
あだ名をつけるとするなら、プレーンヨーグルト」
099 清水良平 「グッ・・・で、でも、それなら、
このサークルのマイナス要因にもなってないはずです!!」
100 佐藤蘭々 「確かにマイナスではないがプラスにもならない存在。
ていうか・・・空気みたいな・・・」
101 清水良平 「悪印象を与えてる部長や杉さんよりはマシなはずです!!」
102 杉田瑠依 「黙れ、プレーン」
103 清水良平 「うっ・・・」
104 佐藤蘭々 「ま、アレだ、この大学はなぜかテニスサークルが3つもあるから、
存在をアピールしなきゃならんわけで、影薄いってのは・・・ねぇ」
105 清水良平 「でも・・・」
106 杉田瑠依 「黙れ、空気」
107 清水良平 「あうぅ、もういいです」
108 佐藤蘭々 「というわけで、おのおの責任があるということで、
各自部員確保に全力で取り組まねばならんのだ!!」
109 清水良平 「そういえば、新入生の勧誘に行かなくてよかったんですか?」
110 佐藤蘭々 「・・・」
111 杉田瑠依 「・・・」
112 清水良平 「・・・」
113 佐藤蘭々 「忘れてたあああああ!!!
なに?なんで俺、自分の失恋話とか長々と語っちゃってんの!?」
114 杉田瑠依 「現状の把握に努めすぎて、
今やらなければならないことが出来ない、典型的ダメ人間」
115 佐藤蘭々 「傷に塩を塗りこんでくれるねえ、杉!
というか、良平も早く言えよ、早く!!」
116 清水良平 「あんなにヒートアップしてる部長は止められないですよ」
117 杉田瑠依 「役に立たねえな」
118 清水良平 「なんか、杉さんのあたりが一気に強くなった気がする・・・」
119 佐藤蘭々 「とりあえず、正門に行くぞ、
まだ残ってる新入生がいるかもしれん!!」
120 良平
杉田
「はい」
「うん」
121 関根麗子 「すいませーん」
122 佐藤蘭々 「今、忙しいから後に」
123 関根麗子 「あ、あのすいません。
テニスサークルってここで合ってますか?」
124 佐藤蘭々 「あ、うぇ、ん、どぅあ、うぇ」
125 清水良平 「部長が壊れた・・・」
126 杉田瑠依 「うん、合ってる。もしかして新入生?」
127 関根麗子 「はい、入学式から見学もどうかなとは思ったんですが、
善は急げかなっと思って来ちゃいました☆」
128 佐藤蘭々 「おおう!!エンジェルスマイル!!!」
129 ト書き 部長、倒れる。
130 関根麗子 「だ、大丈夫ですか!?」
131 杉田瑠依 「ああ、大丈夫です、ちょっと頭がおかしいだけなんで」
132 清水良平 「部長、急に倒れないでくださいよ」
133 佐藤蘭々 「す、すまん、天使がいきなり現れてびっくりしてしまった」
134 関根麗子 「すごいアクティブな方なんですね」
135 佐藤蘭々 「そ、そうなんです!
アクティブなんです!!アクティブマンなんです!!!」
136 清水良平 「アクティブマンって何ですか?」
137 杉田瑠依 「とりあえず、えーっと・・・」
138 関根麗子 「あ、私、関根麗子って言います」
139 杉田瑠依 「うん、ありがと、関根さん?ちょっと待っててもらっていい?」
140 関根麗子 「はい☆」
141 ト書き 3人集まり、コソコソ会議を始める。
142 清水良平 「思わぬところで新入部員GETのチャンスですね」
143 佐藤蘭々 「部員勧誘のために本陣であるテニスコートを留守にして、
ビラ配りに専念している馬鹿どもが目に浮かぶわ、ひっひっひ」
144 杉田瑠依 「まぁ、入学式から見学に来るなんて思わない・・・」
145 佐藤蘭々 「ここは俺が積極的にアプローチをかけ、
麗子ちゃんの彼氏となり、なしくずし的に
サークルに入ってもらう作戦でいいな?」
146 杉田瑠依 「言い訳あるか、カス。
いっぺん、脳みそ洗濯機で洗って出直して来い」
147 佐藤蘭々 「杉、ひどくない!?」
148 清水良平 「ま、あれですよ。
折角さっき自分たちの悪いところが分かったんですから、
その逆を演じれば好印象を与えられるんじゃないですか?」
149 佐藤蘭々 「おお、さすがりょうちん、
この中で一番普通なだけあってまともな意見だな!」
150 杉田瑠依 「さすがプレーン」
151 清水良平 「もうプレーンでも何でもいいですよ!
せっかくのチャンスなんですから、
3人力を合わせて新入部員ゲット頑張りましょう!!!」
152 3人 「オー☆」
153 杉田瑠依 「お待たせしました、関根さん」
154 関根麗子 「いえ、こちらこそ突然すいません。ご迷惑でしたか?」
155 杉田瑠依 「そんなことありませんよ。
僕たちもこれから新入生の勧誘に向かおうとしたところですので、
丁度良かったんですよ」
156 関根麗子 「そうだったんですかぁ☆よかったです」
157 清水良平 「杉さん、かなり明るくしゃべってますね」
158 佐藤蘭々 「そうだな、声のトーンこそ変わらないがクールで
気さくなお兄さんを演じきっている、さすがだな」
159 杉田瑠依 「あ、ごめん。自己紹介がまだだった。
僕は杉田瑠依。そんでこっちが・・・」
160 佐藤蘭々 「部長の佐藤蘭々です!!
特技は服の上から女の子のスリー・・・ごふっ」
161 関根麗子 「スリー・・・?」
162 杉田瑠依 「あ、気にしなくて大丈夫。本当に」
163 関根麗子 「あ、はい☆男の方で蘭々というお名前は可愛いですね☆」
164 佐藤蘭々 「蘭々でよかったああああああああ!!」
165 ト書き 部長、倒れる。
166 清水良平 「部長!!」
167 杉田瑠依 「こいつにまともになれって方が無理だったか・・・
ほら、いつまで倒れてんだよ」
168 佐藤蘭々 「おやじぃ~、パンダブームに乗っかって蘭々と名付けたときは、
マジよく考えろよって思ってたけど、
今・・・俺・・・幸せです!!」
169 関根麗子 「佐藤さん、大丈夫ですか!?」
170 佐藤蘭々 「麗子ちゃん。
佐藤なんてありふれた名前で呼ばずに、
親しみを込めて蘭々とお呼びください!」
171 関根麗子 「あ、わ、分かりました。ら、蘭々さん///」
172 佐藤蘭々 「ズキューーーーーーン!」
173 杉田瑠依 「はい、馬鹿はほっといて、りょうちん、自己紹介」
174 清水良平 「し、清水良平っていいます。しゅ、趣味はテニス、竹馬。
好きな食べ物は、サバ味噌、嫌いな食べ物はたくあん、
最近のマイブームはぬいぐるみ集めで、
好きな色は水色で、えーっと、えーっと・・・」
175 杉田瑠依 「りょうちん、そんなに言われても覚えられない・・・」
176 関根麗子 「私も竹馬好きです☆MY竹馬持ってます」
177 杉田瑠依 「まさかの喰い付き!!?しかも、そこ!!?」
178 佐藤蘭々 「ふんがーッ!!」
179 清水良平 「あ、部長が復活した」
180 佐藤蘭々 「さて、自己紹介も済んだところで、さっそく練習に入ろうか」
181 清水良平 「ですねって、もう日、暮れてますよ」
182 佐藤蘭々 「えええええ、もうそんな時間!?」
183 杉田瑠依 「もう遅いから、今日は終わり・・・」
184 佐藤蘭々 「そんなぁ、女性用テニスウェアもアンダースコートも
ちゃんと用意したのに!!」
185 清水良平 「そんなお金どこに!?」
186 杉田瑠依 「部長の自前でしょ」
187 清水良平 「え?あ、そうなんですか・・・」
188 関根麗子 「あ、あのー」
189 杉田瑠依 「あ、ごめんね、関根さん・・・申し訳ないんだけど、
今日はもう終わりにしようと思うんだ。よかったらまた・・・」
190 関根麗子 「私、このサークル入ります☆」
191 3人 「へ?」
192 清水良平 「え?
関根さん、まだ何も活動見てないのに決めちゃっていいの?」
193 関根麗子 「いいんです。
というか、楽しいみなさんを見てたら、
私もこの輪に入りたいなって思ったんです☆」
194 清水良平 「そ、そっか」
195 杉田瑠依 「奇特な人もいたもんだね」
196 佐藤蘭々 「遂に、遂に、俺の時代がきたーーーーーーーー!!!」
197 清水良平 「ま、そんなこんなで変態サークルに
新入部員が入ることが決まりました。
これから、この大学に更なる波瀾を起こすのはまた別のお話☆
チャンチャン☆」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ