ロボット☆

原作者 魚花ほっけ
登場キャラ数 男:1 女:1 無:0
ジャンル ラブコメ
セリフ数 194
目安時間 19分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを制作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
増田 五郎
(ますだ ごろう)
97 普通の真面目な大学生、たぶん。
有馬 マリア
(ありま まりあ)
97 有馬コーポレーションの技術を結集したロボット?
たまに毒舌

サークル情報

001 ト書き 五郎の部屋
002 増田五郎 「ふわぁ~あ、良く寝た・・・」
003 有馬マリア 「おはようございます、マスター。
起きたのなら早くご飯を作ってください」
004 増田五郎 「あ~、すいません、今すぐ作りますね・・・ってあんた誰!!?」
005 有馬マリア 「マスター!?昨晩あんなに激しく愛し合った私をお忘れですか!?
ひどい!!私とは遊びだったのですか!!」
006 増田五郎 「ええええ!!僕はそんな事を!?
男として最低なことをしてしまったー!!」
007 有馬マリア 「ま、嘘なんですが」
008 増田五郎 「へ?」
009 有馬マリア 「私はマスターに体を許してませんし、
今後も許すつもりは毛頭ないです」
010 増田五郎 「そ、そうですか・・・というか、そんな事はどうでもよくて・・」
011 有馬マリア 「私の体がどうでもいいですって!?
マスターは私の均整がとれたプロポーションを侮辱する気ですか!?」
012 増田五郎 「いえ、そんなことはないです!!
むしろ出る所は出てて、締まるところは締まってて、
たまらな・・・グフォ」
013 有馬マリア 「いやらしい視線を感知しました。
自己防衛モードにより、対象を排除します」
014 増田五郎 「いきなり殴って、排除って!!?え、嘘!?ちょ、勘弁してください!!
まだまだやりたいことがたくさんあるんです、
お願いだから殺さないでぇ~!」
015 有馬マリア 「対象の恐怖を確認、敵意の消失により、
自己防衛モード解除します」
016 増田五郎 「ふ、ふぇ、た、助かった?」
017 有馬マリア 「マスター、気を付けてください。
私はマスターを排除することもいとわないので」
018 増田五郎 「わ、わかりました!!」
019 有馬マリア 「それより、ごはんはまだですか?」
020 増田五郎 「あ、そうでしたね、すぐ作ります・・・って、ちっがーう!!」
021 有馬マリア 「何が違うんですか?
朝起きたら食事を摂取し、栄養を補給することが必要です。
それともマスターは、朝ご飯を食べない派ですか?」
022 増田五郎 「確かに忙しい時朝食ぬいちゃう・・・って!!
そうじゃなくて、貴方は誰なんですか!?」
023 有馬マリア 「ひどい!!マスター昨晩あんなに・・・」
024 増田五郎 「ハイハイ、それはさっきやりましたからね、
よく考えたら、僕はお酒飲まないので記憶が飛ぶとかはないですよ」
025 有馬マリア 「ちっ、まだ遊べると思ったのに」
026 増田五郎 「何か言いました?」
027 有馬マリア 「いえ、別に、私の名前は有馬マリア。
有馬コーポレーションの技術を結集した最高傑作です」
028 増田五郎 「それって、つまりロボットってこと!?」
029 有馬マリア 「正確には違うのですが、
そうおっしゃられる方もいらっしゃいます」
030 増田五郎 「す、すごい!!まるで生きてるみたいだ!!」
031 有馬マリア 「私はしっかりと生きているつもりですが?」
032 増田五郎 「そ、そうだね、ごめん。
ロボットとか人間とか関係ないよね、
こうやってしゃべってれば、みんな生きてるよね」
033 有馬マリア 「ん?はい、よくはわかりませんが、
私の存在の肯定と解釈いたします」
034 増田五郎 「あ、ぼくの自己紹介がまだだったね。僕の名前は・・・」
035 有馬マリア 「増田五郎、ですよね?マスター」
036 増田五郎 「ふぇ!?は、はい、でもなんで僕の名前を?」
037 有馬マリア 「マスターの事なら何でもわかります。
小学3年生の時に郷田明美、通称ジャイ子と廊下でぶつかり、
ファーストキスを奪われたこと。
中二の時に初告白されたのが、
富岡浩介、通称マイケルという男だったこと。
他にも・・・」
038 増田五郎 「やめてえええ!!僕の黒歴史を思い出させないで!!」
039 有馬マリア 「このように、マスターの事は
有馬コーポレーションの方で事前に調べてあります」
040 増田五郎 「有馬コーポレーション恐るべし・・・
それで、そんなすごい所のマリアさんがなんでこんなところに?」
041 有馬マリア 「マスター、私の事は有馬さんとお呼びください、
名前で呼ばせるほど心を許した覚えはありません」
042 増田五郎 「は、はぁ、失礼しました。それで有馬さんはなぜここに?」
043 有馬マリア 「わかりません」
044 増田五郎 「は?」
045 有馬マリア 「私は社長直々に
『マリア、お前は優秀だが社会というものを知らねばならん!!』
とか言われて、ここに送り出されました」
046 増田五郎 「つまり、社会勉強として僕のところに来た、と」
047 有馬マリア 「そういうことになります。
誠に不本意ですが、マスターの身の回りの世話をする
メイドの役割を行うのが今回のミッションとなります」
048 増田五郎 「メイド・・・だから、そんな恰好を・・・。
(小声で)よっしゃ!!なんかよく分からないけど、僕にも春が来た!!
言動や行動はバイオレンスだが、顔スタイルともにパーフェクト☆
しかもメイド服というスペシャルアイテムのおまけつき、
これは女日照りの僕に神様が使わしてくれたラストチャーーーンス!!
相手がロボットだろうと関係ない!!
漢、増田五郎、イキます、ヤリます、咲かせてみせます!!!
恋の華!!!」
049 有馬マリア 「マスター、目が血走っていますが、大丈夫ですか?」
050 増田五郎 「大丈夫だ!!
いや、むしろ、大丈夫すぎる!!今世紀最大の大丈夫だ!!」
051 有馬マリア 「なら、いいのですが・・・
マスターの印象が子羊から狼のように変わった気が・・・」
052 増田五郎 「男はみんな狼です!!・・・いや、じゃなくて、
すいません、ちょっと興奮してました、落ち着きます」
053 有馬マリア 「では、さっそく仕事に移りたいのですが」
054 増田五郎 「そうですね、では・・・」
055 有馬マリア 「(グゥ~~)おなかがすきました。マスター朝食の準備を」
056 増田五郎 「そうですね・・・・って、ちっがーーーーう!!!
もう何回目だよ!!!この下り!!!
有馬さん、貴方、仮にもメイドとして来ているのなら、
料理作ってくださいよ!!!」
057 有馬マリア 「えー、私が作るんですか、めんどっ」
058 増田五郎 「ついさっき、身の回りの世話をするって・・・」
059 有馬マリア 「勿論です。貴方の身の回りには、猫の子一匹、存在させませんよ」
060 増田五郎 「バイオレンス方面での身の回り!!?」
061 有馬マリア 「それ以外に何かあるんですか?」
062 増田五郎 「いや、その、普通にメイドさんと言ったら、
料理とか、洗濯とか・・・」
063 有馬マリア 「私に雑用をしろ・・・と?」
064 増田五郎 「いや、す、すいません」
065 有馬マリア 「・・・互いの認識に相違があったようです。
わかりました。私が朝食を作りましょう」
066 増田五郎 「ほ、本当ですか!!?」
067 有馬マリア 「台所お借りしますね」
068 増田五郎 「ハ、ハイ!!!」
069 ト書き 台所に移動する有馬
070 有馬マリア 「まずは、冷蔵庫を・・・フムフム。
調理器具は・・・なるほど。把握しました。では・・・イキマス!!!」
071 増田五郎 「なんだこの空気は・・・呼吸がしづらいすごいオーラが・・・」
072 有馬マリア 「ハァアアアアア!!!!」
073 増田五郎 「手が見えない・・・だと!?」
074 有馬マリア 「トゥオリャアアアア!!!!」
075 増田五郎 「有馬さんが2人、いや、3人に見える!!!」
076 有馬マリア 「フンヌラブァアアアア!!!!」
077 増田五郎 「これが料理!?ヒィー!!
包丁、フォーク、おたま?までもが壁に突き刺さる・・・だと!?」
078 有馬マリア 「・・・完成です」
079 増田五郎 「こ、これは!!卵焼き、ですか?」
080 有馬マリア 「そうです。一心入魂です。食べないんですか?」
081 増田五郎 「あ、で、では、いただきます。モグモグ」
082 有馬マリア 「・・・・・・」
083 増田五郎 「これは・・・とても・・・おいしい・・・ゴフッ」
084 ト書き 五郎、倒れる
085 有馬マリア 「マスター!!大丈夫ですか!?」
086 増田五郎 「だ、大丈夫です。
ちょっと、美味しすぎて、ビックリしただけだから・・・」
087 有馬マリア 「しかし、鼻から血が・・・」
088 増田五郎 「え!?ホ、ホントだ!!」
089 有馬マリア 「これは!!
・・・心拍・脈拍ともに上昇を確認。
マスター、一種の興奮状態にあるようですが」
090 増田五郎 「ふぇ!?どうしちゃったんだろ、僕?」
091 有馬マリア 「滋養強壮ドリンク・
赤マムシスッポンスーパーEXを入れた卵焼きを食べたので、
大丈夫だとは思いますが、念のため休んでください」
092 増田五郎 「そうだね、じゃ、休ませてもら・・・
って、ちょっと待てええええ!!
なんですか、その危ないドリンクは!!」
093 有馬マリア 「危ないとは失礼な!!
有馬印の最強ドリンク、
これ一本で3日3晩、最強の男になれるんですよ!!」
094 増田五郎 「・・・と、そのパッケージに書いてあるんですね?」
095 有馬マリア 「ハイ!!」
096 増田五郎 「あ、うん、分かりました。
なら、ちょっと休めば大丈夫そうです」
097 有馬マリア 「そうですか、良かったです!!
マスター、ではゆっくりとお休みください!!」
098 増田五郎 「そうさせてもらうね、んじゃ」
099 ト書き 五郎、布団に横になる。
100 有馬マリア 「フン!!ハッ!!ホアッ!!」
101 増田五郎 「・・・」
102 有馬マリア 「ていやっ!!とりゃ!!ハァアアアアア!!!」
103 増田五郎 「うるさいよ!!!全然休める気がしないよ!
というか、何してるの?ってうわぁああ!!」
104 有馬マリア 「マスターの就寝中の安全は私にお任せください」
105 増田五郎 「安全って・・・僕の部屋がめちゃくちゃじゃないか!!」
106 有馬マリア 「吸血飛行生命体、通称Kが飛び回っていたので、殲滅の際に多少、
物品に被害が出ましたが、マスターには指一本、
いや、針一本触れさせません」
107 増田五郎 「Kって、要は蚊でしょ?」
108 有馬マリア 「そうとも言います。ん?チェストオオオオオ!!
ふぅ、まだ生き残りがいましたか」
109 増田五郎 「なんで、蚊を殺すのにローリングソバットなんですか!!
TVも机も再起不能だああああ!!」
110 有馬マリア 「フッ」
111 増田五郎 「なんでドヤ顔なんですか!!?」
112 有馬マリア 「細かい事を気にしていたら大物になれませんよ」
113 増田五郎 「細かくないから言ってるんだけど!!
・・・ハァ、愚痴愚痴言っていてもしょうがないか」
114 有馬マリア 「そうですよ、こんなうさぎ小屋に住んでいるんですから、
心だけでも、でっかく生きましょう」
115 増田五郎 「色々言いたいですが、これ以上考えたくないから、寝ます。
僕の命に関わらない敵は攻撃しなくていいので
おとなしくしといてください」
116 有馬マリア 「イエス、マイマスター」
117 ト書き 五郎、再度寝る。
118 有馬マリア 「ぐぅぅ」
119 増田五郎 「・・・」
120 有馬マリア 「ぐぅぅぅぅううう」
121 増田五郎 「・・・」
122 有馬マリア 「グーググゥー♪」
123 増田五郎 「明らかに口で言ってますよね!?」
124 有馬マリア 「グー♪」
125 増田五郎 「はぁ、分かりましたよ、朝ご飯ですね。
ちょっと待っていてください」
126 有馬マリア 「早急な対応でお願いします」
127 増田五郎 「うっ・・・分かってはいたが、
調理器具は壁に突き刺さり、食材は・・・
ギリみそ汁位なら作れるかな?」
128 有馬マリア 「ミソ汁なら、豆腐と油揚げが至高だと考えます」
129 増田五郎 「ジャガイモと玉ねぎしか材料的にはありませんよ」
130 有馬マリア 「材料がないなら、買ってくればいいじゃない」
131 増田五郎 「どこの女王様ですか!!
買いに行っても構いませんが、
食べるのは必然的に遅くなりますがいいですか?」
132 有馬マリア 「時には未知のものへの挑戦も必要だと私は考えます。
調理を続けてください」
133 増田五郎 「はい、では、おとなしく待っていてください」
134 ト書き 五郎の調理タ―イム☆
135 増田五郎 「できましたよ~、と言っても、ミソ汁だけですが・・・」
136 有馬マリア 「貧困を形で現したような朝食ですね」
137 増田五郎 「文句があるようなら、食べなくてもいいんですよ」
138 有馬マリア 「しかし、背に腹は代えられません、いただきましょう」
139 増田五郎 「素直になれないんですかね・・・ハイ、どうぞ」
140 有馬マリア 「ふむ、では、いただきます・・・こ、これは!!?」
141 増田五郎 「どうかしましたか?」
142 有馬マリア 「お、美味しい!!特別な味ではない、
どこにでもありふれている味だというのに、
まとまりがあり、ほんわかした気分にさせる、
そうコレは、まさに、おふくろの味!!」
143 増田五郎 「饒舌になりましたね、お褒めいただき、ありがとうございます」
144 有馬マリア 「良いものには相応の評価をします」
145 増田五郎 「素直なんだか、捻くれてるんだか・・・
でも、これで、だいぶ落ち着きましたか?」
146 有馬マリア 「この部屋は落ち着きとは真逆のレイアウトになっていますが」
147 増田五郎 「誰のせいだと思っているんですか、誰のせいだと!!」
148 有馬マリア 「マスター、冷静さを忘れたら生き残れませんよ」
149 増田五郎 「あ~、もう噛みあわないよ~」
150 有馬マリア 「噛みあわない・・・
それは、私がマスターのメイドに相応しくないということですか?」
151 増田五郎 「ふぇ?いや、まぁ、メイドとしての仕事は出来てないけど・・・」
152 有馬マリア 「そうですか・・・では、失礼します」
153 増田五郎 「え、ちょ、ちょっと待って!!!どこ行くの!!?」
154 有馬マリア 「会社に帰ります」
155 増田五郎 「なんで急に!?」
156 有馬マリア 「私は客観的に見た際に、
明らかにマスターを不快にさせていると感じます」
157 増田五郎 「・・・」
158 有馬マリア 「社会を知らない、一種の社会不適合者である私が、
社会を知るためとはいえ、
マスターに迷惑をかけることはあってはなりません。ですから」
159 増田五郎 「ストップ!!ちょっと結論急ぎすぎです」
160 有馬マリア 「早急な対応は仕事をやる上で必要です」
161 増田五郎 「必要なことかもしれませんが、僕の話も聞いてください!!!」
162 有馬マリア 「・・・どうぞ」
163 増田五郎 「有馬さんは不快にさせてるとか、迷惑かけてるとか、
気にしてるみたいだけど、
僕は不器用ながら卵焼きを作ってくれたり、
ミソ汁を美味しそうに食べてくれたり、
そんな有馬さんは嫌いじゃない・・・というか、むしろ好きですよ」
164 有馬マリア 「//////////ど、どさくさに紛れて告白ですか?」
165 増田五郎 「え!?いや、そういう意味ではなくて!!」
166 有馬マリア 「冗談です。マスターがお人よしということはわかりました」
167 増田五郎 「は、はぁ」
168 有馬マリア 「マスターが迷惑でないのなら、このまま勉強させてもらいます」
169 増田五郎 「迷惑というか、もう壊されるものは粗方壊されてるので、
これ以上は被害は出ないんじゃないですか?なんてね。
これからもよろしくお願いします、有馬さん」
170 有馬マリア 「・・・でいいです」
171 増田五郎 「え、すいません、なんておっしゃいましたか?」
172 有馬マリア 「マリアでいいです。と言ったんです」
173 増田五郎 「え、あ、うん、それじゃ、よろしくね、マリア」
174 有馬マリア 「はい、マイマスター」
175 増田五郎 「ところで、ロボットって、やっぱ充電とかだよね?
コンセントとかはおなかにあるのかな?」
176 ト書き 五郎・マリアのおなかの部分の服をめくる。
177 有馬マリア 「な/////////////何をやっとるかあああああ!!」
178 増田五郎 「グヘッ」
179 有馬マリア 「変態だとは思ってましたが、
ここまで、大胆な変態だとは思ってませんでした!!」
180 増田五郎 「いや、僕はただ充電するところを・・・」
181 有馬マリア 「充電ってなんですか?
夜の発電作業なら一人で勝手にやってください!!!」
182 増田五郎 「なんでそうなるんですか!?
マリアはロボットなんだから、充電とかするんだろ!?」
183 有馬マリア 「何を言っているんですか?
私は鋼の女、正確無比のロボット女、等々言われていますが、
人間ですよ」
184 増田五郎 「つまり・・・女の子!!?」
185 有馬マリア 「そう言っていたつもりですが?」
186 増田五郎 「じゃあ、これから、女の子と一つ屋根の下!!?」
187 有馬マリア 「当初からその予定ですが?」
188 増田五郎 「・・・神様ありがとう」
189 有馬マリア 「しかし、マスターは少し変態がすぎるようですね」
190 増田五郎 「へ?」
191 有馬マリア 「少し調教が必要のようです」
192 増田五郎 「それはどういう・・・?」
193 有馬マリア 「この部屋で壊れてないものといったら
もう一つしかありませんよね?」
194 増田五郎 「それってまさか!?」
195 有馬マリア 「ええ、マスターの体は丈夫そうなのでやりがいがあります」
196 増田五郎 「さ、さぁ~て、大学行かなきゃな~」
197 有馬マリア 「マスター、話は終わっていませんよ♪
あら、丁度、壁にめり込んだ包丁が☆」
198 増田五郎 「ヒィィィ!!お、お助けを」
199 有馬マリア 「・・・フゥ、冗談です。ご同行します」
200 増田五郎 「え?大学まで来るんですか!?」
201 有馬マリア 「当たり前です。私はマスターのメイドですから☆」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ