好きだから調理して・・・

原作者 カルボレン
登場キャラ数 男:3 女:0 無0
ジャンル ラブコメ
セリフ数 90
目安時間 9分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを制作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
幹斗
(みきと)
30 専門学校に通う学生で
最近ストーカーに悩まされている
翔也
(たつや)
42 幹斗の昔からの友人
●●
(かげ)
18  

サークル情報

001 幹斗 「翔也!愛してるぞ~♪お前が好きだ!結婚しぐふぅぁ!?」
002 翔也 「うぜぇ・・・死ね」
003 幹斗 「いつものことじゃんかよぅ・・・いい加減なれろよ。
毎日の週間だろ?」
004 翔也 「その度に頬にグーパンを食らって怯まないお前は何なんだよ」
005 幹斗 「何なんだって俺はお前が好きだから
これくらいプレイの一貫になるだろ?」
006 翔也 「うぜぇ・・・もうお前、帰れよ・・・
しっしっ!ほら、あっち行け」
007 幹斗 「そうやっていつも俺を遠ざけようとして・・・
んー照れ隠しか?」
008 翔也 「もう黙れよ、これ以上俺に話しかけんなって。無視すんぞ?」
009 幹斗 「無視される?・・・無視・・・無視・・・
んー放置プレイかなにかか?」
010 翔也 「うぜぇ・・・
てかそもそもなんで俺が好きなんだよ?お前ってゲイ?」
011 幹斗 「はっ?んなわけねぇだろ?
・・・俺はお前が好きなんだって!」
012 翔也 「イコール、ゲイじゃねぇか!俺は男だ。お前も男だ。
お前が俺を好きなら同性愛者ってことになるだろ」
013 幹斗 「いや、男も女もない。お前が好きだ!
俺はお前が好きでお前を愛している、
お前が好きだからお前と結婚がしたい!」
014 翔也 「・・・なんというか、その・・・
なんか悩んでるなら相談に乗るぞ?」
015 幹斗 「うはっ♪久しぶりに追い返されないで話を聞いてくれるのか!
俺は嬉しいぞ♪」
016 翔也 「とりあえず、俺が質問したことだけを話せ・・・
お前は悩んでいるのか?」
017 幹斗 「おう、悩んでる、間違いなく悩んでるぞ!」
018 翔也 「・・・で、それはなんなんだ?」
019 幹斗 「お前と結婚しでふっ!?」
020 翔也 「もう帰れや、クソが・・・」
021 幹斗 「うぅ・・・頬が・・・頬が痛い。
はぁ・・・仕方ない、今日は素直に帰ることにするよ♪」
022 翔也 「珍しい。いつもそのくらい素直だとありがたいのだが」
023 幹斗 「今日はいつもよりも長く隣にいられたから余は満足じゃ♪」
024 翔也 「・・・あぁ、さっさと帰れ・・・明日から来なくていいぞ」
025 幹斗 「はーい♪じゃまった明日ねぇ~バイバイ♪」
026 翔也 「はぁ・・・あーったく、なにがあいつを
あんな風に変えちまったんだよ・・・良いやつだったのにな」
027 ●● 「何があいつを変えたかって?
お前、それ本気で言ってんのか?」
028 翔也 「うわっ!?なんだ・・・?き、気のせいか・・・?」
029 ●● 「気のせいではない。俺を探しても無駄だ。
俺の場所なんてどうでもいいだろう、俺は俺だ」
030 翔也 「俺・・・おかしくなったかな・・・」
031 ●● 「お前は全てを忘れたのか?
幹斗と過ごした日々を・・・全て忘れてしまったのか?」
032 翔也 「あの変態野郎の思い出なんて思い出したくもない!」
033 ●● 「いや、俺は思い出して欲しい。
だからお前の深層意識の中の記憶を掘り起こさせてもらうぞ」
034 翔也 「なっ!?そんなこと・・・そんなことできるわけなっ!?
まぶしっ・・・」
035 ●● 「いや・・・行くんだ・・・そして思い出すのだ・・・
次、目を開けたとき、お前は記憶の中にいるだろう・・・」
036 翔也 「・・・目が痛い・・・ここは・・・幼稚園?」
037 ●● 「そうだ、ここは幼稚園。
お前と幹斗が幼少時代を過ごした場所だ・・・。
お前たちはこの幼稚園を一緒に過ごし、
その後違う小学校に入学。
今年、同じ専門学校に入学。
そして、久しぶりに顔を合わせた・・・そうだろ?」
038 翔也 「・・・あぁ、マトモな奴だったのに
変態になって俺の目の前に現れた・・・」
039 ●● 「マトモ・・・?
お前は幼少時代の幹斗のことを覚えているのか?」
040 翔也 「・・・いや・・・覚えてない・・・」
041 ●● 「では、なぜマトモだとわかる?わからないだろ」
042 翔也 「・・・確かにわからないけど・・・」
043 ●● 「あのブランコに座っている二人。誰だか分かるか?」
044 翔也 「俺と・・・幹斗・・・」
045 ●● 「・・・」
046 翔也 「んじゃ、今日も俺んちに来いよな?今日も一緒に遊ぼうぜ!」
047 幹斗 「うん!今日も遊びに行くよ♪・・・今日は何して遊ぶの?」
048 翔也 「昨日お母さんにお料理セットを買ってもらったんだ♪
だからおママゴトしようぜ♪」
049 幹斗 「おママゴト?女の子みたいだねぇ・・・
うん、でもいいよ♪でもどっちがママするのー?」
050 翔也 「んーママなんていなくていいんじゃないかなぁ?」
051 幹斗 「えー!?じゃままごとじゃないじゃん!」
052 翔也 「『最近はお料理を男もできないといけない』
ってお母さんが言っていたんだ!
だから練習しないと」
053 幹斗 「じゃ僕も僕のお母さんに言ってお料理の勉強をするー♪」
054 翔也 「でもお母さんを見てて思うけど
毎日料理を作るって大変だよね?」
055 幹斗 「だね・・・じゃさ!じゃさ!
翔也と交互に美味しい料理を作るっていうのはどうかなぁ?」
056 翔也 「交互かぁ・・・それいいじゃんか♪そうしようぜ!」
057 幹斗 「うんーでもおいしい料理かぁ・・・作れるかな?」
058 翔也 「練習すればできるって!
・・・んーじゃさ!
大きくなったら一緒に暮らしながら料理を練習しようよ!」
059 幹斗 「一緒に暮らすの!?・・・まるで結婚するみたいだね♪」
060 翔也 「うん♪僕と結婚して、幹斗♪」
061 幹斗 「うん、結婚するー♪翔也、大好きー♪」
062 翔也 「僕も大好きー♪幹斗♪」
063 ●● 「・・・」
064 翔也 「うわぁ・・・」
065 ●● 「どうだ、思い出したか?」
066 翔也 「俺、幹斗と約束してたんだ・・・
小さい頃、あいつと結婚するって・・・」
067 ●● 「料理専門学校に入ったのも・・・
どこかで覚えていたんだろう」
068 翔也 「俺は・・・俺は物心ついたときから
調理師になりたかった・・・
その理由は思い出せなかったけど・・・そうか・・・」
069 ●● 「幼い頃の約束がお前を動かしていたのだ。
幹斗の行動はあの頃と変わっていない、
変わったのはお前自身だ」
070 翔也 「そっか・・・幹斗は俺との約束、覚えていてくれたのか・・・
なのに俺は・・・あいつを冷たくあしらって・・・」
071 ●● 「お前の取るべき行動はなんだ?・・・お前には何ができる?」
072 翔也 「俺に・・・俺にできることは・・・」
073 翔也 「はぁ・・・はぁ・・・幹斗!やっと追いついた・・・」
074 幹斗 「ん?翔也?どうしたの?」
075 翔也 「・・・ごめん、俺、忘れてた、
お前との約束・・・ごめん・・・ごめん!」
076 幹斗 「・・・うわっ♪・・・思い出してくれたの?
・・・やっと・・・」
077 翔也 「あぁっ!思い出した!
俺はお前と一緒に料理の勉強をするために専門学校に入った!
そしてお前が結婚しようってやたら言ってくる理由も
やっと思い出せたんだ!」
078 幹斗 「うん・・・嬉しいぜ・・・
やっと思い出してくれたんだな・・・」
079 翔也 「で結婚の件なんだけど・・・さぁ・・・」
080 幹斗 「うんうん♪じゃ結婚する?」
081 翔也 「できるか!?
・・・さすがに結婚はできないけど
一緒に暮らして料理を勉強することはできるかなって・・・
昔言っていたように毎日交互に料理を作ろうぜ?」
082 幹斗 「そっか・・・了解♪じゃ明日、詳しい話をしような!」
083 翔也 「あぁ!じゃぁな、幹斗。・・・お前は昔から良いやつだな」
084 幹斗 「おぅ♪じゃな!・・・・・・」
085 ●● 「全く、貴方は酷い人ですね」
086 幹斗 「うるせぇな・・・。お前は黙ってろよ・・・」
087 ●● 「あの記憶は貴方の記憶・・・
貴方の妄想が生み出した記憶・・・
貴方が作った虚偽の記憶・・・」
088 幹斗 「・・・だけど、今では翔也の記憶でもあるだろう?
虚偽ではなく事実だ」
089 ●● 「・・・きっと貴方は後悔するでしょう。
過去を変えても未来は変えられない・・・」
090 幹斗 「うるさい!消えろ!!!
・・・・・・言われなくてもわかってる。
でも、これでいいんだ。これを真実にしていくのだから・・・」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ