ハルモニア救急救命チャンネル

原作者 きいち
登場キャラ数 男:2女:1無:0
ジャンル 日常
セリフ数 55
目安時間
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを製作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
シュピー
30 22歳。救急救命チャンネルの新人オペレーター。
部長
(ぶちょう)
48歳。ベテランオペレーター。最近の部下の扱いに慎重。
たけし
16 31歳。世界最後の生き残り。

サークル情報

001 シュピー 「はい、こちらはハルモニア救急救命チャンネルです。どうなされ」
002 ト書き 電話切れる
003 シュピー 「あっ・・・(ため息)部長」
004 部長 「どうした、シュピー君。一緒にお饅頭食べるかい」
005 シュピー 「あ、いえ。ペテルタ556番の回線が途切れました」
006 部長 「連絡した人は?」
007 シュピー 「あの様子だと・・・ちょっと」
008 部長 「分かった。配線係に通達しておく。ご苦労さま」
009 シュピー 「ありがとうございます。
・・・(ため息)せめてもう少し早く電話してきてくれればなぁ」
010 ト書き 電話が鳴る
011 シュピー 「はい、こちらはハルモニア救急救命チャンネルです。どうなさいましたか?」
012 たけし 「ああ、神様ありがとう」
013 シュピー 「もしもし?大丈夫ですか?」
014 たけし 「今、俺の目の前に電話が現れたんだ。
それを普通なら使うなんて思わないよな。
世界が・・・に入れ代わって世の中皆おかしくなって・・・
得体のしれない物を使おうだなんて」
015 シュピー 「もしもし?」
016 たけし 「でもさ、俺は人の声が聞きたかったんだよ。
もう1か月・・・いや、詳しくは忘れたが
とにかくもう暫く正常な声を聞いてない。
時々奴らのわけわかんない声しか聞こえてこないんだ。おかしくなりそうだ。
だからかな、気づいたら急に出てきた電話を使ってた。
そしたらあんたの声が聞けたんだ。これは幻聴じゃない、そうだろ?」
017 シュピー 「はい。あなたは正常ですよ、少なくともこうしてお話が出来ていますから。
だから落ち着いてください、大丈夫です」
018 たけし 「ああ、そうか、そうだな。ごめん・・・。取り乱した」
019 シュピー 「大丈夫ですよ。それで、どうなさいましたか?」
020 たけし 「お願いだ、ここから助けてくれ」
021 シュピー 「レスキューをご所望ですね。わかりました。
・・・今、救助チームを送る準備をしています。
彼らが行くまであなたはそこで動かないでください。わかりましたか?」
022 たけし 「おお助かるよ本当に。場所は・・・」
023 シュピー 「そちらの場所なら電話の位置で把握できているのでご安心ください。
お名前を教えてくださいますか?」
024 たけし 「そうなのか。名前は、たけしだ」
025 シュピー 「たけしさんですね。次にそこは今どういう状況ですか?」
026 たけし 「化け物が・・・化け物があわられて、何人も殺された・・・。
俺は・・・俺も・・・俺もあの化け物に・・・なぁ助けてくれ!」
027 シュピー 「落ち着いてください、大丈夫ですよ。今レスキューが向かっています」
028 たけし 「あ、あぁ・・・。な、なぁ、他のやつはどうなっているんだ?
スマホは繋がらないし、テレビも見えない。
外の様子がまるでわかんないんだ」
029 シュピー 「非常に申し上げにくい事なのですが、
たけしさんが居る世界に生存者は貴方しかいません」
030 たけし 「え?」
031 シュピー 「この電話はラストチャンスと呼ばれる非常時用の緊急連絡端末なのです。
世界に生き残っている人が最後の一人になった瞬間
その人の近くでこの電話が現れます」
032 たけし 「お、おい、笑えないぞ」
033 シュピー 「貴方は電話を手に取った。
つまり、もうそこには貴方しか残されていないのです。
それに、そういう疑問を抱くなんて珍しいですね。
本来ならその電話には認識作用があって、手を触れれば
この電話の仕組みが理解できるはずなんですが・・・。故障でしょうか」
034 たけし 「お、おい」
035 シュピー 「どうか落ち着いてください。信じがたいでしょうが、事実なのです 」
036 たけし 「じゃ、じゃあ、俺は助けられたらどうなるんだ?」
037 シュピー 「あなたは私たちの世界で保護を受けます。
名誉市民権の話もした方が良いでしょうか? 」
038 たけし 「い、いや・・・」
039 シュピー 「たけしさん、気持ちは理解しています。でもどうか気を確かに。
もう間もなく、そちらにチームが到着しますので」
040 たけし 「・・・来たみたいだ」
041 シュピー 「え?」
042 たけし 「玄関に居るみたいだな・・・。受け入れがたいが、仕方が無いんだよな。
もう行くよ」
043 シュピー 「ま、待って下さい!まだ到着の連絡は・・・」
044 ト書き 電話が切れる
045 シュピー 「(ため息)部長」
046 部長 「どうした、シュピー君」
047 シュピー 「ジャポネ431の通話が途絶しました」
048 部長 「その番号はさっき救助隊を送った所だけど」
049 シュピー 「間に合いませんでした。
それと電話の認識作用が機能していなかったようです」
050 部長 「そう、わかった。救助隊と配線係に連絡しておく。ご苦労さま」
051 シュピー 「次はもっと上手くやります」
052 部長 「無理しない程度に頑張って。近頃はコンプライアンスとか厳しいからね」
053 シュピー 「はあ・・・」
054 部長 「あ、そうだ!
フロンティア7で買ってきた七つ橋饅頭あるから、あとで食べにおいで」
055 シュピー 「ありがとうございます」
056 部長 「それでリフレッシュして、切り替えて行こう」
057 シュピー 「あはは。わかりました」
058 ト書き 電話が鳴る
059 シュピー 「はい、こちらはハルモニア救急救命チャンネルです。どうなさいましたか?」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ進む