少女の不可思議な物語

原作者 きなもち
登場キャラ数 男:1 女:0 無:1
ジャンル シリアス
セリフ数 79
目安時間
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを制作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
少女
(しょうじょ)
普通であり特殊な少女。
大きな出来事や些細な出来事、
様々なことが影響して一度きりの人生の中で
様々な道を歩んでゆく不思議な少女。
A
44 少女の親友。
少女の思想や観念を善くも悪くも左右してしまう。
警察
(けいさつ)
35 一般的な警察

サークル情報

001 「みなさんは『幸せ』ってなんだと思いますか?」
002 「今この国では、様々なことが起こっています。
その様々なことは、ニュースや雑誌等のメディアで
良くも悪くも取り上げられています」
003 「そんなこの国の中であなたは幸せに暮らせていますか?」
004 「きっと幸せに暮らしている人もいるでしょう。
しかし何かのきっかけで不幸になってしまった人もいるかと思います。
いや、もしかしたらその不幸になった人のおかげで、
幸せになった人だっているかもしれません。
そのことを踏まえた上で、みなさんにもう一度お聞き致しましょう」
005 「みなさんは『幸せ』って、なんだと思いますか?」
006 「先ほどの話を聞いてあなたの意見が変わったのか、
それとも先ほどの話を聞いてもあなたの意見は変わらなかったか、
もしくは話を聞いてそれを考慮した上で意見は変わらなかったのか」
007 「十人十色、千差万別、多種多様な意見が出た上で、
これからある物語を聞いていただきましょう」
008 「それは一人の幸せでもあり不幸でもある」
009 警察 「君、ちょっと君」
010 「一人の不思議な少女の」
011 警察 「君ってば」
012 「平穏でもあり不穏でもある」
013 警察 「君ってば!聞こえないの!?」
014 「・・・もしかして、私ですか?」
015 警察 「そうだよ。君、さっきから一人でなにしてるの?」
016 「え?な、なにって・・・」
017 警察 「一人でぶつぶつ言ってる怪しい人がいるっていう
通報があって来たんだけど、君は一人でなにをしていたの?」
018 「え、警察の方!?」
019 警察 「そうですよ。で、なにしていたの?」
020 「いや、なにってその・・・ぼ、冒頭のナレーションですけど」
021 警察 「え?ぼう・・・?」
022 「ですから、この台本の冒頭のナレーションをしていたんですけど」
023 警察 「台本?と言うことはお芝居かなんか?」
024 「はい、声劇です」
025 警察 「声劇?よく分からないけど君ねー、
そういうことは人の家の庭でやることじゃないでしょ?」
026 「人の・・・え!?私そんなところでやってたんですか!?」
027 警察 「そんなところでって君が勝手にやってたことでしょ?
なんでそんなに驚いてるの」
028 「え、いや、だってほら、ナレーションって
『どこで』とかそういう部分は普通曖昧なものじゃ・・・」
029 警察 「は?君なに言ってるの?」
030 「いやだからその、ナレーションって天の声みたいなもので、
『どこにいる』とかっていうのは触れないお約束みたいな」
031 警察 「・・・ちょっと持ち物検査させてもらってもいいかな?」
032 「え、なんでですか?」
033 警察 「いいから、とりあえず見せて」
034 「え?って言うか私なにも持ってないんですけど・・・」
035 警察 「手に持ってるでしょ?ほら、みせて」
036 「え!?私いまカバン持ってるんですか!?」
037 警察 「・・・君、ふざけてるの?」
038 「いや、全然ふざけてはないんですけど・・・」
039 警察 「・・・とりあえずカバンの中見せてもらうよ?いいね?」
040 「あ、はい・・・え、と言うかこれ台本は大丈夫なの?
途中で止まってない?」
041 警察 「・・・・・・ん、特に怪しい物は持ってないね」
042 「は、はぁ」
043 警察 「そっかー・・・じゃあ腕見せてもらえる?」
044 「腕?」
045 警察 「うん、腕。見たいから袖捲ってくれる?」
046 「な、長袖なんだ私」
047 警察 「・・・腕見せてくれないの?もしかして見せられないの?」
048 「え、いやいや全然いいですよ!腕ぐらい全然見てください!」
049 警察 「・・・いやその、見たいから袖を捲ってほしいんだけど」
050 「いやでも・・・」
051 警察 「なに?どうしたの?」
052 「私はナレーションだから実体がない存在っていうか・・・」
053 警察 「・・・君、やっぱり薬物とかやってる?」
054 「ぇえ!?いやいやいや!やってませんよそんなの!
なに言ってるんですか!!」
055 警察 「でもさっきから言ってることおかしいし袖も捲ってくれないし、
きみ相当怪しいから疑われてもしょうがないよ」
056 「いやだからその、それは・・・
いま声劇の台本をやっていて、私はその台本の冒頭のナレーションで」
057 警察 「・・・君、自分がなに言ってるか分かってる?」
058 「え、分かってますよ、はい」
059 警察 「意識はハッキリしてる?」
060 「もちろんじゃないですか!
ハッキリしてなかったら台本なんて読めませんよ!」
061 警察 「・・・さっきから台本台本って言ってるけどね、
きみ台本なんてどこにもないでしょ?」
062 「・・・ほら、ここにあるじゃないですか」
063 警察 「ここ?」
064 「はい、ここですよここ」
065 警察 「指差してる方には家しかないけど?」
066 「は?なに言ってるんですか?」
067 警察 「『なに言ってるんですか?』は君の方だよ。君なに言ってるの?」
068 「いやだから・・・いや、もういいです。
とりあえず今『少女の不可思議な物語』っていう声劇の台本を
やっていて、私はその台本の冒頭のナレーションで、
これからその台本の登場人物の少女の話が始まるんで
続きをやってもよろしいですか?」
069 警察 「・・・君、一旦署まで連れて行くからパトカー乗ってくれる?」
070 「・・・え?」
071 警察 「だから署まで連れて行くからパトカー乗って。署で事情聴取するから」
072 「いやだからこれから少女の物語が」
073 警察 「いいからはい!乗って!
じゃないと住居不法侵入で逮捕って形にするよ!」
074 「ちょ・・・やめてくださいよ!
と言うかなんなんですかこれは!って言うか今どういう状況なの!?」
075 警察 「はいはい!パトカーの中は狭いから暴れないで!」
076 「もう乗ってたの!?」
077 「・・・・・・・・・
その後、私という存在がどうなってしまったのかは誰にも」
078 警察 「いま署に連絡を入れてるからちょっと静かにしてて」
079 「あ、はい・・・」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ