新しいお父さん

原作者 きなもち
登場キャラ数 男:1 女:1 無:0
ジャンル ギャグ
セリフ数 115
目安時間  
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを制作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
奈々
(なな)
58 お父さんの娘
お父さん
57 お父さんの娘の奈々のお父さんでお父さんの彼氏の彼氏

サークル情報

001 奈々 「私が物心つく前に離婚してしまい十数年間私にお母さんが
いなかったことも、この歳になって急に会社を辞めてしまった
ことも、男手一つで育ててくれたお父さんだからこそ私は
全然構わない。でもお父さん、今なんて言った?」
002 お父さん 「奈々、新しいお父さんだぞ」
003 奈々 「アタラシイオトウサンダゾ?」
004 お父さん 「今日から三人家族になるわけだが」
005 奈々 「ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待って!」
006 お父さん 「どうしたんだ奈々?」
007 奈々 「・・・新しいお父さん?」
008 お父さん 「ああ、すまんすまん。
先に自己紹介をしてもらった方がよかったな」
009 奈々 「そうじゃなくて!いやそれも聞いておきたいけど・・・
え?というより色々聞きたいけど、まず、なんで?」
010 お父さん 「なんで?なんでというのは何に対してだ?」
011 奈々 「なんでお父さんが増えるの?」
012 お父さん 「・・・そうか、それもそうだよな
。急にお父さんが増えたら奈々は混乱してしまうよな」
013 奈々 「うん、じゃあとりあえずそこから説明してください」
014 お父さん 「・・・お父さん会社やめちゃっただろう?」
015 奈々 「うん」
016 お父さん 「今まで稼いだ貯金はあるが、
それだけじゃあ今後暮らしていけないし」
017 奈々 「・・・うん」
018 お父さん 「お父さんこの歳で再就職なんて無理だろうし」
019 奈々 「・・・うん」
020 お父さん 「ということは生活を支えてくれる人が必要になるわけだ」
021 奈々 「そう・・・なるね」
022 お父さん 「だから仕方なく、お父さんの彼氏に来てもらったんだ」
023 奈々 「なるほど、そういう・・・ん?なんて?」
024 お父さん 「彼は一流企業に勤める商社マン、いわゆるエリートでね。
私たち二人を養うくらいの経済力はあるから安心して」
025 奈々 「待って待って!さっきなんて言った!?」
026 お父さん 「さっき?生活を支えてくれる人が必要になるわけだから
仕方なく、お父さんの彼氏に来てもらったんだ、と」
027 奈々 「え!?聞き間違い!?二度も聞いたけどもしかして私耳、
もしくは頭がどうかしちゃったのかな!?もう一回言ってみて!」
028 お父さん 「ど、どうしたんだ奈々」
029 奈々 「いいから早く!もう一回!」
030 お父さん 「せ、生活を支えてくれる人が
必要になるわけだから仕方なく、
お父さんの彼氏に来てもらった・・・」
031 奈々 「彼氏!?」
032 お父さん 「そう、そうなんだ。
でだな、彼は一流企業に勤める商社マンで
私たち二人を養うくらいの経済力は」
033 奈々 「『そうなんだ』じゃなくて!話を進めないでよ!」
034 お父さん 「どうしたんだ奈々、
お父さんはいま今後の人生についての大事な話をだな」
035 奈々 「今後の人生なんて不確定未知数な未来の話はどうだっていい!
お父さん!彼氏ってどういうこと!?」
036 お父さん 「お父さんの恋人だ」
037 奈々 「そういう言葉の意味の話じゃなくて!
なんでお父さんに彼氏がいるのかってこと!」
038 お父さん 「そうか・・・奈々には話していなかったな」
039 奈々 「話していな・・・え!?
話し忘れる!?こんな大事なことを!?」
040 お父さん 「話し忘れていたというか・・・まぁ機をうかがっていたんだよ」
041 奈々 「機?」
042 お父さん 「奈々に彼を紹介する良い機会がないかとな」
043 奈々 「・・・で、いま?」
044 お父さん 「ん?いまって?」
045 奈々 「そのうかがっていた良い機会がいまなの?」
046 お父さん 「うん、まぁ機は遥か前に逸していたよね!」
047 奈々 「逸していたよねって!」
048 お父さん 「だから、とりあえず生活費用が
どうしようもない事態になる前に紹介しようかなって」
049 奈々 「とりあえず!?え!?っていうかそういう問題!?」
050 お父さん 「奈々だって生活が苦しくなってから紹介されても嫌だろう?」
051 奈々 「嫌だけど!いや、いまも嫌だよ!」
052 お父さん 「そうだよな・・・もう機は逸していたからな」
053 奈々 「そういうことじゃなくて!というかいつでも嫌だよ!」
054 お父さん 「い、いつでも嫌って・・・
ならお父さんどうすればよかったんだ」
055 奈々 「なんでお父さんが彼氏をつくってるのよ!」
056 お父さん 「しょ、紹介するなと!?」
057 奈々 「だからそうじゃなくて!
なんで彼氏つくってんのって言ってんの!!」
058 お父さん 「そうか、そこの説明をしていなかったな」
059 奈々 「説明をしていなかったなって、そこはすごく重要なとこでしょ!
肝心過ぎる部分をなんで忘れてんのよ!!」
060 お父さん 「わ、悪かった・・・とりあえず落ち着いてくれ」
061 奈々 「はー・・・はー・・・なんか興奮してごめんなさい・・・」
062 お父さん 「いや、いいんだ。
説明していなかったお父さんが悪いんだからな」
063 奈々 「お父さんにも色々あるんだよね。
うん、じゃあ彼氏をつくった理由、聞かせてください」
064 お父さん 「うむ・・・あれは奈々が小学校4年生のときだったかな」
065 奈々 「そんなに遡るんだ」
066 お父さん 「うむ。あの日の朝、お父さんは学校に行く奈々を見送ってから
会社に行こうといつものように、いつもの時間に家を出た。
そしていつもの電車に、いつも通り乗って・・・
そこで彼と出会ったんだ」
067 奈々 「この人と?」
068 お父さん 「そうだ」
069 奈々 「ふーん・・・」
070 お父さん 「・・・・・・」
071 奈々 「・・・え、終わり!?」
072 お父さん 「終わりだが」
073 奈々 「え、だから、その、つまりどういうこと!?」
074 お父さん 「一目惚れってやつだな。
そして私が彼に声をかけて今に至るってわけだ」
075 奈々 「え、え、え・・・え!?」
076 お父さん 「どうしたんだ、そんなうろたえて」
077 奈々 「いやほら、お父さんが言葉足らずなだけで、
もっとなんか経緯があったんじゃ・・・」
078 お父さん 「経緯って?」
079 奈々 「えっと・・・
例えば彼と出会ってなんやかんやで仲良くなって・・・ね?」
080 お父さん 「うん」
081 奈々 「それでその・・・
会社やめてお金に困るからその・・・・・・身、身売りみたいな」
082 お父さん 「お父さんがそんなことするわけないだろう!」
083 奈々 「う、うん!だよね!お父さんそんな人じゃないもんね!
うん・・・・・・え!?つまり純愛!?」
084 お父さん 「純愛だ」
085 奈々 「純愛なんだ!それはそれで嫌なんだけど!」
086 お父さん 「い、嫌ってどういうことだ嫌って!」
087 奈々 「だからその・・・肝心な部分に今の今まで触れなかったけど、
お父さんってつまり・・・ホ、ホモなの?」
088 お父さん 「ん、そうだぞ?」
089 奈々 「そうなんだ!うわあああなにそれ!
最悪なんだけど!超ショックなんだけど!」
090 お父さん 「え、というより奈々は知らなかったのか?」
091 奈々 「お父さんがホモって!?
今初めて知った衝撃の事実ですけど!?」
092 お父さん 「あ、そうか。あれは奈々がまだ物心つく前だったから・・・」
093 奈々 「あれって!?他にもなにかあるの!?」
094 お父さん 「あれはまだお父さんが母さんと離婚する前の話なんだがな、
お父さんが男性ばかり見ていることが
原因で母さん怒っちゃってな。
それで三行半を突きつけられて・・・」
095 奈々 「う、うん・・・うん!?つまりなに!?
お父さんが離婚したのはホモだったことが原因!?」
096 お父さん 「まぁ、そうなるな」
097 奈々 「そうなるなって・・・いや待ってよ!色々待ってよ!
じゃあなんで結婚したの!?なんで私は生まれてきたの!?」
098 お父さん 「仕方ないだろう。
お父さんも結婚してからその感情に気がついたんだから」
099 奈々 「仕方な・・・じゃあなに!?
私の今までの苦労は何だったの!?」
100 お父さん 「今までの苦労って?」
101 奈々 「お母さんがいなかったことで生じた苦労よ!」
102 お父さん 「それはお父さんも申し訳ないとは思っていたが
奈々も許してくれていたじゃないか」
103 奈々 「そんな経緯があったなら話しは別よ!
っていうかなんでもっと早くその話しをしてくれなかったのよ!」
104 お父さん 「奈々は知っているもんだと・・・」
105 奈々 「知らなかったわよ!全然微塵も知らなかったわよ!
なにこれ!?いきなり、いままでの人生全部を損した気分だわ!」
106 お父さん 「な、なんでそんな酷いことを言うんだ!」
107 奈々 「酷いのはお父さんよ!もうなによ!お父さんなんか知らない!」
108 お父さん 「あ、どこに行くんだ奈々!話は終わってないぞ!」
109 奈々 「部屋に戻るの!ほっといてよ!
もう聞きたくない!うんざりだわ!」
110 お父さん 「待ってくれ奈々!これだけは聞いてくれ!」
111 奈々 「やだ!聞きたくない!」
112 お父さん 「どうしても奈々には知っておいてほしいことなんだ!頼む!」
113 奈々 「・・・なに?」
114 お父さん 「実はお父さんが会社を辞めたのは
彼ともっと長い時間一緒にいるためでな」
115 奈々 「死ね!!」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ