呪いの携帯電話

原作者 きなもち
登場キャラ数 男:0 女:2 無:0
ジャンル コメディ
セリフ数 106
目安時間 10分
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを制作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
さえ
53 携帯電話を拾って呪われた女の子
ゆっか
53 呪われた女の子の友達の呪われてない女の子

サークル情報

001 さえ 「ねぇ・・・ゆっか」
002 ゆっか 「どうしたの、さえ?」
003 さえ 「相談があるんだけど・・・いいかな?」
004 ゆっか 「ん?いいよ?どうしたの改まって」
005 さえ 「マジな話だから真剣に聞いてほしいんだけど・・・」
006 ゆっか 「う、うん・・・ほんとにどうしたの?」
007 さえ 「その・・・ね。この前、学校の帰りに携帯電話を拾ったの」
008 ゆっか 「うん」
009 さえ 「でね、手に取ったらちょうど電話がかかってきて・・・」
010 ゆっか 「うん」
011 さえ 「携帯の持ち主かと思って出てみたら・・・・・・」
012 ゆっか 「・・・どうしたの?何かあったの?」
013 さえ 『呪ってやる』って・・・」
014 ゆっか 「え?」
015 さえ 「電話に出たら、すっごい低い男の声で『呪ってやる』って
・・・言われたの」
016 ゆっか 「なにそれ・・・」
017 さえ 「気味が悪くてすぐに携帯捨てて家に帰ったんだけど・・・」
018 ゆっか 「きもー・・・でもあれでしょ?イタズラかなんかでしょ?」
019 さえ 「あたしもそう思ったんだけど・・・」
020 ゆっか 「違うの?」
021 さえ 「うん・・・」
022 ゆっか 「え・・・まじに呪われたとか?」
023 さえ 「あたしも信じたくないけど・・・」
024 ゆっか 「具体的になにか起きたりしたの?」
025 さえ 「・・・あたし朝ご飯にいつも食パンを食べるんだけどね」
026 ゆっか 「うん」
027 さえ 「うちのは6枚切りの食パンなんだけどね」
028 ゆっか 「うん」
029 さえ 「妙に分厚かったんだ・・・」
030 ゆっか 「え?」
031 さえ 「なんかいつもと比べて若干食べにくいぐらいに分厚かったんだ・・・」
032 ゆっか 「えー・・・それはまた・・・・・・妙・・・だけど」
033 さえ 「うん・・・」
034 ゆっか 「妙は妙でも微妙だよね・・・。
というよりなんていうか・・・実害がないよね」
035 さえ 「そう、別にちょっとビックリするだけで害はないんだよね」
036 ゆっか 「でもあれじゃない?
ほら、業者のミスとか。そういうことも考えられなくはないよね?」
037 さえ 「うん・・・呪いなんて信じられなかったし、
あたしも最初はそうだと思ってんだけど」
038 ゆっか 「他にもなにかあったの?」
039 さえ 「うん・・・。ぷちぷち君ってあるじゃん?」
040 ゆっか 「あるね。あの荷物とかを保護するやつだよね?」
041 さえ 「そうそう」
042 ゆっか 「それがどのぐらい分厚かったの?」
043 さえ 「いやパンの症例はもう気にしなくていいから」
044 ゆっか 「あ、そういうことじゃないんだ」
045 さえ 「うん・・・
あのね、あたし時々家でぷちぷち君をぷちぷちして楽しむんだけど・・・」
046 ゆっか 「うちもよくやるよ」
047 さえ 「先日あれを潰したら、やたらいい音が鳴ったの」
048 ゆっか 「や、やたらいい音?」
049 さえ 「すぱーん!すぱーん!みたいな」
050 ゆっか 「う、うざっ!」
051 さえ 「一つ潰すたびにやたらいい音が
部屋中に響くからもう楽しむどころじゃないよね・・・」
052 ゆっか 「逆に気分悪いわぁ・・・」
053 さえ 「なんか近所から苦情もきたしさ」
054 ゆっか 「そんなに!?」
055 さえ 「そうなの、一枚でこの有様だよ・・・」
056 ゆっか 「なんだかんだで一枚やりきったんだ・・・」
057 さえ 「もうこれ完全に呪いでしょ!?」
058 ゆっか 「確かにやや非現実なことが起きてるし呪いかな・・・」
059 さえ 「私の楽しみは一つ減るし近所から苦情はくるし・・・」
060 ゆっか 「いや後者については一枚やりきったあんたが問題では?」
061 さえ 「あと他にもね」
062 ゆっか 「まだあるのね」
063 さえ 「部屋の前に見知らぬクラリネットが落ちてて」
064 ゆっか 「うん」
065 さえ 「壊れて出ない音があったの」
066 ゆっか 「・・・うん」
067 さえ 「ドとレとミとファとソとラとシの音が出なかったの」
068 ゆっか 「・・・・・・うん」
069 さえ 「まじ焦らない?」
070 ゆっか 「そのクラリネットって見知らぬものなんだよね?」
071 さえ 「うん、そうだよ?」
072 ゆっか 「じゃあ焦らない」
073 さえ 「ぇえ!?」
074 ゆっか 「『ぇえ!?』って言われても」
075 さえ 「だって全く音が出ないんだよ!?」
076 ゆっか 「うちもあんたもクラリネット奏者じゃないし」
077 さえ 「あぁ、確かに。それは盲点だった」
078 ゆっか 「えぇー・・・」
079 さえ 「他にも色々あったんだよ!
持ってる本全部にブックカバーがされてたり
インターホンの音がエーデルワイスになってたり
自動販売機のおつりが5円玉で返ってきたり・・・」
080 ゆっか 「確かに不思議だけど事実上の害はあったの?」
081 さえ 「あたしの楽しみが一つ減ったし近所から苦情がきた・・・」
082 ゆっか 「ぷちぷち君の件を引っ張るぐらいこれといった害はないのね・・・」
083 さえ 「あ、クツが前後逆だった時は大変だったよ!」
084 ゆっか 「え?前後逆?え?なにがどうなっててどう大変だったの?」
085 さえ 「クツを履いて家を出てしばらく歩いたんだけど、
なんか異常に歩きにくいから足下を見たらクツが前後逆で」
086 ゆっか 「なぜ履く時に気がつかない・・・」
087 さえ 「いっぱいクツ擦れできちゃったよ」
088 ゆっか 「なぜ履く時に気がつかない・・・」
089 さえ 「うん、まぁクツ擦れ以外に
なにか困ったことがあるかって聞かれたら困るけど」
090 ゆっか 「じゃあ別に気にしなくてもいいんじゃない?」
091 さえ 「あんなにクツ擦れしたのに!?」
092 ゆっか 「それはあんたの不注意でしょ」
093 さえ 「いやでもほら・・・なんか・・・・・・地味にうっとおしいじゃん!」
094 ゆっか 「それはまぁそうだけど」
095 さえ 「でしょ!?」
096 ゆっか 「でもどうしようもなくない?」
097 さえ 「そうだね」
098 ゆっか 「お、おう・・・」
099 さえ 「でもゆっかが話聞いてくれてよかったよ。なんか楽になったっていうか」
100 ゆっか 「そんなに深刻に悩んでたっけ」
101 さえ 「とにかくありがと。ゆっか」
102 ゆっか 「うん、お礼言われた身としては若干釈然としないけどどういたしまして」
103 さえ 「でも実際問題が解決したってわけじゃないし、
それはどうしようかな・・・」
104 ゆっか 「そういえば今まであった呪いってさっき言ったので全部?」
105 さえ 「ううん、あとアメを噛んだら妙に柔らかかったり
枕からラベンダーの香りがしたり謎の不審火で家が全焼したり」
106 ゆっか 「おい」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ