香織と詩織

原作者 雪宮ざんか
登場キャラ数 男:0 女:4 無:0
ジャンル 微ホラー
セリフ数 274
目安時間
利用規約 配布元とURL書いてってことです
サークル紹介 音楽・音声作品やゲームを制作中
登場人物 性別/声 セリフ数 その他
香織
(かおり)
108 香織は詩織
詩織
(しおり)
104 詩織は香織
白石
(しらいし)
31 口下手無口の明るく元気な高校生
白井
(しらい)
31 明るく元気な口下手無口の高校生

サークル情報

001 ト書き 屋上
002 白石 「これでいい?」
003 白井 「もーちょっと右かな」
004 白石 「ここ?」
005 白井 「うん。そこに立っててねー。よし、これでおっけ!」
006 白石 「・・・何か変わった?」
007 白井 「うーん・・・特に?」
008 白石 「やっぱり時間の無駄だった」
009 白井 「おっかしいなー。この屋上なら何かあると思ったんだけどなー」
010 白石 「帰る」
011 白井 「えー待ってよー!」
012 ト書き 教室
013 香織 「もう1ヵ月かー・・・白井ちゃんたちどこ行っちゃったんだろうね」
014 詩織 「そうだね」
015 香織 「愛の逃避行かな?」
016 詩織 「あの2人が?それはないでしょ」
017 香織 「そうかな~。私はあると思うんだけどな」
018 詩織 「だって水と油じゃない?」
019 香織 「だから良いんじゃーん」
020 詩織 「そういうものかな?」
021 香織 「あっそういえば、こんな噂知ってる?」
022 ト書き  
023 香織 「やぁ、いらっしゃい」
024 詩織 「えっとー・・・ここは?」
025 香織 「占いの館だよ」
026 詩織 「なるほど。じゃー占って貰おうかな」
027 香織 「1回3476円」
028 詩織 「細かっ。ってその数字私が設定してるパスワードだよね?」
029 香織 「占い師だから何でもお見通しなの」
030 詩織 「占い師ってそういうものだっけ?」
031 香織 「え、違うの?」
032 詩織 「違うんじゃない?あと高い。初なんだし負けてくれない?」
033 香織 「じゃー100円」
034 詩織 「急激に安くなったね。・・・後払いでいい?」
035 香織 「いいよー。じゃー何を占えばいい?」
036 詩織 「うーん・・・香織との相性?」
037 香織 「それは完璧相思相愛です!」
038 詩織 「それ占い結果なの?」
039 香織 「う、うん」
040 詩織 「そっか」
041 香織 「他にないの?」
042 詩織 「えっ一回100円じゃないの?」
043 香織 「えっと・・・2回で100円!」
044 詩織 「なるほどー。じゃー明日の天気を占ってよ」
045 ト書き  
046 詩織 「雨だね」
047 香織 「雨だね・・・」
048 詩織 「おっかしいなー今日は晴れるはずだったのに」
049 香織 「そうだねー・・・」
050 詩織 「あれ?香織も占って貰ってたの?」
051 香織 「へ!?あっえっとー・・・そ、そう!私も占ってもらったの」
052 詩織 「そっかそっかー」
053 香織 「もぉー詩織ちゃんの意地悪―」
054 詩織 「意地悪なんてしてないよ」
055 香織 「顔がにやけてる」
056 詩織 「しまった!」
057 香織 「もぉー」
058 詩織 「と言うかなんでいきなり占い?」
059 香織 「最近上の空だったし、悩みとかあるのかなーって。
でも聞いても答えてくれないって思ったから占い!って感じ」
060 詩織 「最近上の空だった?」
061 香織 「うん」
062 詩織 「そっか・・・。うーん別に悩みなんてないんだけどな・・・。
多分ただぼーっとしてただけだと思うよ」
063 香織 「なら良いんだけど」
064 ト書き  
065 香織 「あっおかえりー」
066 詩織 「えっとー・・・ただいま?」
067 香織 「今日もお仕事お疲れ様。ご飯にする?それともお風呂?」
068 詩織 「なるほど、今日はそういう設定ね。うーん香織がいいかな」
069 香織 「もぉー何言ってるのよー」
070 詩織 「良いだろ?最近ご無沙汰だったんだし」
071 香織 「ご無沙汰って今日の朝もしたじゃない」
072 詩織 「あっそういう感じなのね。いやーもう8時間以上経っているからね。
僕らからしたらご無沙汰だろ?」
073 香織 「もぉ〜」
074 詩織 「まぁ冗談はさておき、まずはご飯からかな」
075 香織 「ごはんね。今日のご飯はあなたの大好物のキュウリの浅漬けと
ズッキーニの塩漬けとピーマンのぬか漬けだよ」
076 詩織 「なんで全部漬物なの!?そして、緑緑してるなぁ・・・」
077 香織 「へへへっ」
078 詩織 「なんでこの人は喜んでるんだ・・・。もうダメだ!
いつもいつもこんなご飯じゃやっていけない!離婚しよう」
079 香織 「えっ冗談よね?」
080 詩織 「本気だ」
081 香織 「だ、だって・・・私たちまだ・・・」
082 詩織 「ごめんな」
083 香織 「まだ結婚もしてないのに離婚なんて出来ないよ!
それにお腹の子供はどうするのよ」
084 詩織 「まだ結婚してないし子持ちかよ!え、えっとーそれは・・・。
お腹の子供には悪いが・・・」
085 香織 「そんな・・・やっぱり私が女だから・・・女だからダメなのね!」
086 詩織 「はい?」
087 香織 「あの時、女同士でも良いって言ってたじゃん!
だから・・・だから!」
088 詩織 「ちょっと待って」
089 香織 「なに?」
090 詩織 「私達は女同士で、香織には子供がいるの?」
091 香織 「そうだよ?」
092 詩織 「じゃーその子供って誰の子?」
093 香織 「詩織ちゃんの子だよ?」
094 詩織 「女同士では子供は出来ないよ?」
095 香織 「あっ・・・たしかに・・・。じゃ、じゃー聖母マリア的な?」
096 詩織 「冒頭で聖母とはかけ離れた発言してたけどね」
097 香織 「それは詩織ちゃんじゃん」
098 詩織 「あれー『今日の朝もした』って設定にしたのは誰だったかなー」
099 香織 「うぅ・・・」
100 詩織 「で、今日のは何?」
101 香織 「同棲カップルの事情」
102 詩織 「何で同棲カップル?」
103 香織 「ご飯食べてゆっくりしてー悩みを聞こうと思って」
104 詩織 「また?前も言ったけど、悩みなんてないよ?」
105 香織 「でもため息増えたし・・・」
106 詩織 「そうかな?全然気がつかなかった」
107 香織 「気のせいなら良いんだけど」
108 ト書き  
109 香織 「おかえりー今日もお疲れ様」
110 詩織 「う、うん。ただいま」
111 香織 「ご飯にする?それともお風呂?」
112 詩織 「これはー・・・この前のリベンジ?うーん・・・ご飯かな」
113 香織 「・・・今日のご飯はなに?」
114 詩織 「・・・今日は、ビーフストロガノフと鶏肉の赤ワイン煮と
チーズフォンデュにしたよ」
115 香織 「重々(おもおも)だね」
116 詩織 「作るの頑張った」
117 香織 「ありがとうー!それで、今日のは何?」
118 詩織 「夫婦の食卓かな」
119 香織 「じゃーあれから結婚出来たのね!
子供とか色々問題あったけど・・・」
120 詩織 「とりあえず香織を男にするって事で落ち着いたよ」
121 香織 「えー」
122 詩織 「それに香織を男にする方が安心だし」
123 香織 「なんで?」
124 詩織 「だって香織が男になれば男と浮気しないよね?」
125 香織 「う、うん?私が男だったら男を恋愛対象にはしないけど・・・。
でも、今も男は恋愛対象じゃないから女のままでも安心じゃない?」
126 詩織 「あれ、香織って恋愛対象女だっけ?」
127 香織 「いや、イグアナだよ」
128 詩織 「え?」
129 香織 「私の恋愛対象はいつでもイグアナだよ?」
130 詩織 「ごめん、ちょっと頭がついていけてない」
131 香織 「ダメだな~詩織ちゃんは」
132 詩織 「香織の意地悪」
133 香織 「意地悪なんてしてないよー」
134 詩織 「顔がにやけてる」
135 香織 「しまった!」
136 詩織 「まったくー」
137 香織 「へへへ。あーと男になるなら詩織ちゃんの方が良いと思うなー」
138 詩織 「なんで?」
139 香織 「だって、詩織ちゃんは男好きじゃん。すぐ浮気するでしょ?」
140 詩織 「男好きじゃないよ。どちらかというと嫌いだし」
141 香織 「えー嘘だー。取っ替え引っ替えで毎日営んでるって聞いたけど」
142 詩織 「営んでるって・・・。私まだ処女なんだけど」
143 香織 「衝撃の事実!」
144 詩織 「というか、香織が取っ替え引っ替えって聞いたんだけど・・・」
145 香織 「え!?違うよ!私だってまだ処女だし!
初めては詩織ちゃんが良いなって思ってるよ!」
146 詩織 「はいはい」
147 香織 「あーひどい」
148 詩織 「じゃーあの噂はデマって事だね」
149 香織 「その噂って誰から聞いたの?」
150 詩織 「えっとー・・・あれ?誰だっけ・・・」
151 香織 「もうーなんで忘れちゃうのー」
152 詩織 「香織は誰から聞いたの?」
153 香織 「えっとねー・・・あれ・・・誰だっけ・・・」
154 詩織 「もぉ〜なんで忘れちゃうのぉ〜」
155 香織 「詩織ちゃん、私のモノマネ下手すぎ」
156 ト書き  
157 香織 「あー良い天気~」
158 詩織 「そういえばさ、この前のはなんだったの?」
159 香織 「この前の?」
160 詩織 「ほら、夫婦のやつ」
161 香織 「あーあれね」
162 詩織 「なんか変な終わり方しちゃったけどさ」
163 香織 「確かに!でも良いこと聞けたから結果オーライ!
それでなんだったの?」
164 詩織 「あれは香織が元気なかったから
ゆっくりできる時間を作ろうとして」
165 香織 「元気なかったかな?」
166 詩織 「うん。なんか疲れた顔してた」
167 香織 「そんな事ないと思うんだけどなー・・・」
168 詩織 「そう?」
169 香織 「うん!」
170 詩織 「なら良いんだけどさ。でもさ、その理由なら寸劇要らなくない?」
171 香織 「えーいるでしょー」
172 詩織 「そう?」
173 香織 「寸劇は必須なのー」
174 詩織 「よくわからないな」
175 香織 「えーダメだな~詩織ちゃんは」
176 ト書き  
177 香織 「安いよ安いよ~」
178 詩織 「じゃーその秋刀魚ください」
179 香織 「お客さん、うちは八百屋だよ?」
180 詩織 「くっそー。じゃーこの春菊ください」
181 香織 「それ白菜ね」
182 詩織 「何かの嫌がらせ?」
183 香織 「そんなことないよー」
184 詩織 「せっかく、最初から乗ってあげたのに」
185 香織 「もう配置決まってるんだもん」
186 詩織 「そこは融通利かせてくれてもいいと思う」
187 香織 「次からはそうするよ。じゃーとりあえず、秋刀魚から?」
188 詩織 「いや、もうそのくだり良いでしょ」
189 香織 「じゃーこのキャベツください」
190 詩織 「おっお嬢ちゃん良いチョイスだね」
191 香織 「へへへっ、いくらですか?」
192 詩織 「一個3476円」
193 香織 「細かっ。ってその数字私が設定してるパスワードと同じじゃん!」
194 詩織 「八百屋だから何でもお見通しなんだよ」
195 香織 「八百屋ってそういうものだっけ?」
196 詩織 「そういうものでしょ?」
197 香織 「違うと思うよ?あと高い。初めて来たし負けてくれない?」
198 詩織 「じゃー100円」
199 香織 「急激に安くなったね」
200 詩織 「やっぱ、初めての客には優しくしないね」
201 香織 「ありがとうー!」
202 詩織 「じゃーまた来てくれよな」
203 香織 「うーん・・・今日はなんで八百屋なの?」
204 詩織 「顔色悪いから良いもの食べてもらいたいと思ってさ」
205 香織 「顔色悪い?」
206 詩織 「あと、最近上の空でため息ばっかりだし。何か悩みでもあるの?」
207 香織 「うーん・・・ないと思うんだけどな。
って上の空でため息ばっかりなのは詩織ちゃんじゃん!」
208 詩織 「違うよ。香織だよ」
209 香織 「えー詩織ちゃんだもん!
だから占い師やって悩みを聞こうとしたんだし」
210 詩織 「香織だよ。だからゆっくり出来る時間を作ろうとしたんだし」
211 香織 「それは・・・あれ?」
212 詩織 「どうしたの?」
213 香織 「詩織が家に帰ってきたんだよね?」
214 詩織 「そうだよ」
215 香織 「じゃーご飯は誰が作ったの?」
216 詩織 「香織でしょ?」
217 香織 「だよね・・・」
218 詩織 「どうしたの?やっぱり疲れてるんじゃない?」
219 香織 「そう・・・かも」
220 詩織 「もぉーほら、そこ立ってて」
221 ト書き 廊下
222 白井 「ねぇねぇ、知ってる?」
223 白石 「知らない」
224 白井 「まだ何にも言ってないじゃーん」
225 白石 「知ってる?って聞かれたから」
226 白井 「もぉー!えっとね、学校の屋上って閉鎖されてるでしょ?」
227 白石 「知らない」
228 白井 「うぅー閉鎖されてるの!その理由知ってる?」
229 白石 「知らない」
230 白井 「そっかそっかー。なら教えてあげよう!」
231 白石 「別にいい」
232 白井 「えー!なんでそんなこと言うかな~」
233 白石 「興味ない」
234 白井 「じゃー一方的に話すね」
235 白石 「どうぞ」
236 白井 「あのね、昔学校の目の前に大きな建物があって
いつも校庭が暗かったんだって。
それで、なんとか明るくしようと思って屋上に鏡・・・
えっと・・・」
237 白石 「反射鏡?」
238 白井 「あっそれそれ!その反射鏡?を屋上に置いて
太陽の光を校庭に当たるようにしたの。
でも、そのあとその大きい建物は取り壊しになって
要らなくなったんだ」
239 白石 「あのさ、その話長い?」
240 白井 「ちょっと?」
241 白石 「じゃもう帰る」
242 白井 「あー待ってー!えっと、今の自分を変えたいとか思わない?」
243 白石 「え?」
244 白井 「その鏡に二人で映ると今の自分を変えられるんだって!」
245 白石 「ただの噂でしょ。
どうせ学校の七不思議を作ろうとした誰かが作っただけ」
246 白井 「でも、実際にやって変わったって人いるよ!」
247 白石 「誰?」
248 白井 「えっと・・・」
249 白石 「じゃ、一回だけ。一回だけ付き合ってあげる」
250 白井 「ほんと!」
251 白石 「だって今断ってもずっと言ってくるから」
252 白井 「へへへっ」
253 ト書き  
254 詩織 「あっおかえりー」
255 香織 「えっとー・・・ただいま?」
256 詩織 「今日もお仕事お疲れ様。ご飯にする?それともお風呂?」
257 香織 「今日は八百屋じゃないのね・・・。うーん詩織がいいかな」
258 詩織 「もぉー何言ってるのよー」
259 香織 「良いだろ?最近ご無沙汰だったんだし」
260 詩織 「ご無沙汰って今日の朝もしたじゃない」
261 香織 「あっそういう感じなのね。いやーもう8時間以上経っているからね。
僕らからしたらご無沙汰だろ?」
262 詩織 「もぉ〜」
263 香織 「まぁ冗談はさておき、まずはご飯からかな」
264 ト書き 教室
265 白井 「分からないって言ってるでしょ」
266 白石 「もぉー心配してくれてるんだから、そんな態度とらないの!」
267 白井 「ごめん」
268 白石 「でも、本当に何にも分からないんだよね。
気が付いたら屋上に居てさ。屋上なんて行ったことないのにね」
269 白井 「屋上に行った行ってないって問題じゃないと思う」
270 白石 「ほんっと世の中不思議な事ばっかりだよね」
271 白井 「不思議な事って片付けちゃダメでしょ」
272 白石 「でも何でか誰も分からないでしょー?」
273 白井 「そうだけど」
274 白石 「ん?へへへっ仲良いでしょ?」
275 白井 「そうかな?」
276 白石 「記憶がない期間で仲良くなったんだと思う!」
277 ト書き 教室
278 白石 「もう1ヵ月かー・・・香織ちゃんたちどこ行っちゃったんだろうね」
279 白井 「そうだね」
280 白石 「愛の逃避行かな?」
281 白井 「あの2人が?それはない」
282 白石 「そうかな~。私はあると思うんだけどな」
283 白井 「だって周りには仲良い風に見せてたけど、
裏では変な噂流してたよね」
284 白石 「嫌も嫌も好きのうちっていうじゃん?」
285 白井 「そうだけど」
286 白石 「あっそういえば、こんな噂知ってる?」
▲ Page Top
ツイート 友だち追加
台本サイトに戻る
公式サイトへ